人気ブログランキングに参加しています。

まずはここをポチッとお願いします。

 

 


 

--------------------------

河村市長「やめてくれ」 不自由展再開に抗議の座り込み

国際芸術祭「あいちトリエンナーレ2019」の企画展「表現の不自由展・その後」の再開を受けて、河村たかし名古屋市長は8日、不自由展の会場の名古屋市東区の愛知芸術文化センター前で再開に抗議する座り込みをした。

 

河村氏は自らが率いる地域政党「減税日本」の市議や愛知維新の会の幹部ら数十人が集まる抗議集会に午後1時56分に姿を見せた。

 

河村氏は、愛知県や市などでつくる実行委員会が芸術祭を主催することから展示内容を県民や国民が認めることになるとして「表現の自由に名を借りて、世論を暴力的にハイジャックするのはやめてくれ」などと訴えた。

 

その後、「陛下への侮辱を許すのか!」と書かれたプラカードを手に約5分間座り込みをし、集会に参加した人たちの「県は公金の不正使用を認めるな」「知事は名古屋市民の声を聞け」「天皇の御真影を燃やすな」との呼びかけと共に拳を突き上げた。

 

午後2時半には、愛知県庁前に移動し、シュプレヒコールをあげた。河村氏は「愛知県に抗議したい」と述べ、「昨日も(愛知県の大村秀章)知事に電話したが、勝手に再開を決めてとんでもないことですわ。暴力もはなはだしい。そんな人が何が表現の自由だ。いい加減にしてもらいたい」と訴えた。県庁前の路上に座り込み、「県は市との協議に応じろ」と拳をあげた。

 

河村氏は8日午前に不自由展を視察した後、記者団の取材に「再開をやめてもらわないかん」と改めて展示中止を訴えていた。

(令和元年108日 朝日新聞)

--------------------------

 

「不自由展」は入場制限や動画撮影禁止など、かなりの規制の中で再開された。

 

そこまでして再開する必要があるのか?

 

しかも、国民の多くが反対しているのだ。

 

普通の判断力を持っていれば再開などまずあり得ない。

 

しかし大村知事は再開を表明した。

 

ということは普通の判断力も持たないアホなのだ。

 

それに対して河村市長が抗議の座り込みをした。

 

「陛下への侮辱を許すのか!」

「県は公金の不正使用を認めるな」

「知事は名古屋市民の声を聞け」

「天皇の御真影を燃やすな」

 

河村市長のこの声は多くの”国民の声”である。

 

しかも今回の再開は、県と市は全く話し合いをせず、実行委員会も開かれずに決められたという。

 

 

大村知事の独断なのか?

 

その辺りを含めて明らかにする必要がある。

 

いずれにせよ日本人の感性とはかけ離れた独裁的な大村知事は知事にしておくべきではない。

 

むしろ愛知県知事は河村市長にやってもらうべきではないか。

 

愛知県民の皆さん、どう思う。

 

・・・・・・

人気ブログランキングに参加しています。

河村市長を知事にすべきだ、と思った方はここをポチッとお願いします。

                                   

 

 

【保守の会 講演会のご案内】