人気ブログランキングに参加しています。

まずはここをポチッとお願いします。

 

 

 

 

 

元外務官僚、外務副大臣で現在は環境副大臣の城内実議員のブログが“話題”になっている。

 

マスコミや野党の追及よりも国益最優先の城内実議員は、現役「副大臣」という立場で「反日マスコミ人」「(韓国人は)日本に来ないでください」「日本人を覚醒させてくれてありがとう」と言えるのが城内実議員の真骨頂である。

----------------------

「半導体材料など戦略物資の対韓輸出管理見直し」 ~城内実ブログ~

昨日、日韓両政府による事務レベルでの「韓国への輸出管理見直し」に関する事実関係の説明会合がありました。報道における経産省関係者の話にあるように、今回のわが国の遅きに失した輸出管理見直しについて、韓国側は今回の説明会まで、全く理解していなかった(理解したくなかった?)ようであります。

 

本来であれば15分、20分で終わる説明にも関わらず、5時間以上に渡り懇切丁寧に粘り強く説明した経済産業省の課長さんと担当官のご苦労をねぎらうとともに、あらためて敬意と感謝の意を表します。

 

韓国の課長さんは、我が方がおそらく小出しにして提示した事実の前に、反論どころかぐうの音も出せなかったのではないでしょうか。

 

あるいは韓国側からいつもの「日本側は、これならのめるでしょ」とか、「お互いこういうことだったことにしておきましょうよ」的な、日本に不利な譲歩案が示され「そんな案は死んでものめません」という押し問答の末、5時間近くかかった可能性もあります。

 

私はちょうど今回の説明会の数日前に、経済産業省と外務省の某事務方最高幹部に直接電話し、「これまでのように、韓国への配慮のあまり、足して二で割るような譲歩は、断じて行ってはならない」と国民を代表する一国会議員の立場で強く求めたところでした。

 

今回の韓国への措置は、「輸出規制」ではなく、2004年から韓国に特別に優遇して簡略化していた手続きを、2003年までの普通の手続きに「ごく一部だけ」戻すものです。

 

ホワイト国として特別優遇する相手国とは、厳格な輸出管理をしているか協議をするのが通常ですが、近年韓国だけが輸出管理の協議に応じていませんでした(応じられない理由は何ですかね)。それでもわが国は、限りなくブラックに近いグレーな某国をホワイト国扱いしてきたのです。

 

韓国政府は、「世界貿易機関(WTO)に提訴する」、「対抗措置をとる」、「日本の『報復』が世界の貿易秩序に否定的な影響をもたらす」などとヒステリックに反応しておりますが、全くもって的外れな韓国特有の「妄想」、歪曲・捏造としか言いようがありません。例の過去を巡る問題と同じです。

 

事実から目を背けて論点をずらし、被害者ぶる姿はいつもの韓国の常套手段です。

 

韓国の文政権やマスコミもひどいですが「泥沼化する前にもっと日本も頭を冷やして韓国と話し合え」とか「G20での自由貿易精神に反する」とか、全く的外れで大多数の日本国民(一部の反日日本人を除く)の感覚とズレまくっているごく一部の(と信じたい)わが国の“反日マスコミ人”の論調はひどすぎます

 

(日本製品の不買運動をしている韓国の方々こそ、日本人が反日韓国寄りのマスコミ紙・誌の不買運動する前に買い上げ運動でもしてあげたら喜ぶよと皮肉を言う方もいます。たぶんもっと売れなくなるでしょうけど…。)

 

いずれにせよ、日本製品の不買運動や日本への渡航取り止めなど全く動じてはなりません。

 

私のまわりには、「逆ギレした韓国のみなさん、もっと不買運動とかやってください。日本製品買わないでください。使わないでください。日本に来ないでください。人がよくて鈍感な私たち日本国民をこうやって覚醒させてくれてありがとうございます」と大歓迎している方々がおります。(本当です)

 

これはあくまでも一個人としての見方ですが、今回の韓国の全く理解不能な態度を見るにつけ、残念ながら次のステップとして、今後本当の意味での輸出規制、渡航ビザの制限、といった現在政府が検討していると思われる対抗措置を実施せざるをえなくなるのではないでしょうか。「覆水盆に返らず」と、良識ある韓国国民に申し上げたい。

(令和元年713日 「城内実ブログ」)

https://www.m-kiuchi.com/blog/

----------------------

 

この説明会は日本側2030分でバ韓国側は4時間以上も話していたという(共同通信)。

 

その内容は城内実議員が言うように、バ韓国はいつものように「日本側はこれなら呑めるでしょ」「お互いこういうことだったことにしておきましょうよ」と言って日本に不利な譲歩案に持ち込むつもりだったのであろう。

 

しかし“ぐうの音も出なかった”バ韓国はメディア取材でまたいつものように「」を言った。

 

あまりのデタラメさに休みの日にもかかわらず経産省が緊急会見を開いてすぐに反論した。

----------------------

韓国主張に経産省が反論会見「協議する問題ではない」と抗議

韓国への輸出管理の優遇措置撤廃をめぐる問題で、日韓双方の応酬が、さらに続いている。

 

12日、経産省で行われた実務者会合に出席した韓国当局者は13日、一部メディアの取材に応じ、日本が、WTOの協定違反にはあたらないと主張したことについて、「理解も納得も同意もできないと発言した」と述べた。そのうえで、日本側に措置の撤回を求めたと明言した。

 

韓国側と面会した経産省の岩松課長は、午後5時から緊急会見を開き「韓国側からは、『撤回の要請』ではなく、『問題解決』の要請があり、日本側からは、『協議するような問題ではないため、今回は、事実関係の説明を行う』と回答した」などと述べ、韓国側に抗議していることを明らかにした。

(令和元年713FNN

----------------------

 

説明会合ではバ韓国は「問題解決の要請」と言っていたのを「撤回の要請」と“”を言った。

 

いつものことだが、これが朝鮮人である。

 

かつて「河野談話」も韓国側は日本側に「強制を認めれば慰安婦問題を未来永劫持ち出さない。賠償請求も起こさない」と言っていたが、それが日本を騙すためのだったのはご承知の通りである。

 

こんな嘘をつけばすぐにバレる。

 

バレても懲りずにまた嘘を言う。だから彼らをコリアン言う。←笑うところ!

 

よく反日マスコミは「話し合いするべき」と言っているが、朝鮮人と話合いをしてもこのように都合のいいように嘘をつかれるだけである。

 

朝鮮人なんかと話合いをしても無駄。

 

大体、朝鮮人は人間だと思ってはいけない。

 

動物にも学習能力はあるが朝鮮人には学習能力がない。だからいつまでも嘘ばかりつくのだ。

 

つまり朝鮮人は動物以下。

 

そんな朝鮮人に話合いをしても無駄。体で痛い思いをさせなければ理解できないバカなのである。

 

バカは相手にしないのが一番である。

 

・・・・・

人気ブログランキングに参加しています。

バカ(朝鮮人)は相手にしない、と思った方はここをポチッとお願いします。