朝鮮人の強姦事件がまた不起訴!

テーマ:

人気ブログランキングに参加しています。

まずはここをポチッとお願いします。

 

 


 

 

 

-----------------------

強制性交容疑で逮捕の30代男性を不起訴

女性をホテルに無理矢理連れ込み性的暴行を加えたとして逮捕された30代の朝鮮籍の男性について、東京地検は不起訴処分としました。

この事件は東京・新宿区のホテルの部屋で去年12月、30代の朝鮮籍の男性が20代の女性に性的暴行をしたとして、強制性交の疑いで逮捕されたものです。

東京地検はこの男性について、先月31日付けで不起訴処分としました。

(令和元年64 TBSニュース)

-----------------------

 

朝鮮人の強姦がまた不起訴処分となった。しかも不起訴の理由は公表されない。

 

これではやりたい放題である。

 

平成29年に「性犯罪刑法」が110年ぶりに大幅改正されて「強姦罪」を「強制性交等罪」と呼ぶようになった。しかし「強姦罪」のままの方がわかりやすくてよかったと思う。

 

同じ平成29年、準強制性交の容疑などで5回逮捕された慶応大生がすべて不起訴になった。この時も横浜地裁は不起訴理由を公表しなかった。

 

しかもこの事件も朝鮮人である。

 

この事件は平成28年に神奈川県葉山の広告研究会の合宿所で、当時1年生の女子大生が6人の男子学生に「海の家の後片付け」のために呼び出され、テキーラを無理やり飲まされて泥酔させられ気を失った。女性が気付いた時には服を脱がされて手足をおさえられ、2人に強姦され、顔に小便をかけられていた。しかもその強姦動画を週刊誌に売って儲けようとした。

 

この犯行を行った朝鮮人名をフジテレビが放送した。

『フジテレビMr.サンデーの安村と申します。今回の慶應大学広告研究会解散のニュースで確認したいことがあり、このメールを送らせていただいております。さんは広告研究会の日吉キャンパスの代表という立場と未成年ではないという今回の件に関してある程度の責任が問われると思います』。

 

そしてネット上では「宋治潤」という名前が拡散されて朝鮮人の強姦であることが明らかになった。

 

 

この強姦事件の不起訴で「朝鮮人留学生が増えると日本人女性へのレイプ事件が起こり、しかも不起訴になる」と思われている。

 

国は一体誰を守っているのか?

 

日本人被害者より強姦魔の朝鮮人を守っているのか、と思わざるを得ない。

 

やはり朝鮮人は追放するしかないのだ。

 

・・・・・・

人気ブログランキングに参加しています。

朝鮮人に近づいてはいけない、と思った方はここをポチッとお願いします。

                                   

 

 

 

【保守の会 講演会のご案内】


事前予約を受け付けております。

定員(300名)になりましたが50名の席を追加いたしました。

お早めにご予約下さい。