形が選べるセミオーダー、どれを選ぶ? | 明かりをつけましょ ぼんぼり庵

明かりをつけましょ ぼんぼり庵

ベビー・キッズリュックを中心に、制作販売をしている、ぼんぼり庵(屋号)mocco(作家名)のブログです。
新作情報や、日々の制作の様子、ちょっとしたコツなどお伝えしていきたいと思っています。


テーマ:

ベビー・キッズリュック作家の、ぼんぼり庵(屋号)mocco(作家名)です。

ご覧いただきありがとうございます爆笑

このブログでは、新作のお知らせや、日々の制作の様子、ちょっとした裁縫の小ワザなどお伝えしています。

 

過去の作品をご覧になりたい方は、こちらこちらへどうぞ。

 

 

 

猫しっぽ猫あたま 黒猫しっぽ黒猫あたま 猫しっぽ猫あたま

 

 

今日の大垣は、昨日の大雨はすっかり上がり、風は冷たいものの気持ちのいい日でしたが、 皆様のところはどうでしたか?

雨の後の風の強い晴れた日は、花粉症の方にはツライ日のようですねアセアセ

花粉や風邪でマスク姿の方をよく見かける季節ですが、皆様どうぞご自愛くださいねキラキラ

 

さて、今日も、3/12(月)朝10時~ minneにて販売開始する、形が選べるリバティで作るセミオーダーのリュックとカバンについてお話したいと思います。

今日は選べる形について。

 

image

 

{26B7BABC-8CB2-4444-9F42-64E3FA5A9B90}

 

3つの形から選べるのはいいけど、特徴は?

どんな人がどれを選ぶの?えー?

 

そんなお悩みがあるかもしれません。

簡単にお答えすると、リュックについては、お子さんのお洋服を選ぶ時の感覚で選ばれると、間違いないと思います。

 

 いつでもジャストサイズを着せたい。ぴったりかわいいハート

  下矢印

フラップベビーリュック 

 

どうせ買うなら長く使える大き目サイズがいいよね♪ 

  下矢印

ファスナーリュック

 

じゃあショルダーバッグは?というと、

ポシェットが好きな子や、リュックを嫌がる子、通園予定の指定カバンがリュック不可 

 

という方に向いていると思います。

あとは、開け方や持ち方が違うので、そこで選ぶのもいいかもしれません。

 

 

【開閉や持ち方の違い】

 

フラップベビーリュック 

開閉 : 口紐でキュッと締めて、ちょうちょ結び

持ち方 : 背中に背負えるの両手が空く

開閉は、小さな子には難しく、お母さんの手間が増えるというデメリットがある反面、ちょうちょ結びの練習になったり、めんどくさい時は緩く結んでおけば荷物の出し入れが簡単で、フラップ(フタ)があるから荷物がこぼれない、というメリットもあります。

持ち方は背中に背負えるので両手が空くというのが最大のメリットだと思います。

加えて、お弁当や水筒など、重量のあるものを入れても両肩に重さが分散されるので、肩への負担が少ないというメリットもあります。

ただ、お子さんによっては背中が暑い、肩が窮屈に感じる、とにかくいやといった理由で背負ってくれないお子さんもいますので、事前に確認しておくといいと思います。

そして、両手が空く反面、リュックを降ろさないとお子さん自身で荷物の出し入れができないというのもデメリットになると思います。

 

ファスナーリュック

開閉 : YKK製のビスロンファスナー

持ち方 : フラップベビーリュックと同じなので、割愛

開閉は、YKK製のビスロンファスナーで楽々開閉ができます。

つまみやすい大き目のつまみが付いているので小さなお子さんでも簡単に開閉でき、指先を使う練習にもなります。

ファスナーについては、特にデメリットはありません。

 

こちらがYKK製ビスロンファスナー。

{12BBC9AF-B63D-41B7-8FDE-AE2357B694F8}

つまみが丸と四角とがありますが、どちらも性能は変わりません。

下のつまみが四角いものは生産終了してしまったので、在庫限りとなり、なくなり次第つまみが丸のものになります(色やつまみの形は選べません)。

 

 

 

ショルダーバッグ

開閉 : YKK製のビスロンファスナー

持ち方 : 斜め掛け

開閉は、ファスナーリュックと同じなので、こちらも割愛。

持ち方は、斜め掛けなので、お子さん自身で荷物の出し入れがしやすいのが最大のメリットです。

デメリットは、小さなお子さんは肩も小さいので、肩紐がすぐにずり落ちてしまうこと

そして、お弁当やお茶など、重量のあるものを入れると、片方の肩だけに負担が掛かってしまい、小さいうちはショルダーバッグを掛けていること自体が難しいかもしれません。

3歳くらいになれば、自分で肩紐の位置を調整できるようになるので、そこまでの負担や不便さは感じなくなるかと思います。

ですので、3歳以降のお子さんに向いていると言えます。

 

いかがでしょうか。

形を選ぶ時の参考にしていただければと思います。

ここはどうなってるの?など、ご質問がありましたら、コメントでご質問くださいね。

各SNSのDMなどでも大丈夫です。

今日も最後までお読みくださりありがとうございました音譜

 

 

 

 

 

 書いてる人

 

ぼんぼり庵(屋号)の mocco(作ってる人)

 

小さなおもちゃメーカーでぬいぐるみ部に

所属したのをキッカケに

ハンドメイドに目覚め、現在に至る。

現在は、リュックを中心に日々制作しています。

 

 

 

 

お問い合わせや他の作品は、こちらからどうぞ

 

        

 

 

 

ブログランキングに参加してます。

 

bonbori-anさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス