パティシエール★あいぼんブログ in スウェーデン
クローバー 始めまして! このブログの紹介。
クローバー このブログの登場人物

スウェーデン ストックホルム在住のパティシエールあいぼんです 女の子
ストックホルムでお菓子の注文販売と御菓子教室をしています。
日本にも定期的に帰国してスウェーデン菓子教室など開催しています。

花 お菓子教室の情報はこちら
花 お菓子のご注文、HPはこちら

昔お菓子屋をやっていた東京の実家はママンカフェに姿を変えて母が切り盛りしています。

sei ママンカフェのHPはこちら
sei ママンカフェで取り扱っている手作り布小物アトリエママンはこちら。

ブログではしばらくご無沙汰しておりましたが、ご報告です。

 

 

 

ぼん美です!

 

12月21日にヴェントゥラ家に新しい家族が誕生しました!

3070gの元気な次女で、スウェーデンの病院で出産しました。

長女はぼん子なので、次女のブログネームはぼん美にします。爆  笑 笑

 

 

 

ぼん子2歳2ヶ月、優しいお姉ちゃんになってくれました。抱っこしたくてしょうがない!

 

妊娠に気づいたのが4月。

手のかかる2歳児を相手にしながらの、仕事もしながらの妊娠期間はあっという間に過ぎていき

自分が妊婦であることをしばしば忘れるほどでした。&

 

 

 

今回も悪阻は相当酷かったものの、前回のような大きなトラブル(低置胎盤で出血→入院)も無かったので

仕事も普通にして、出産数日前までカフェに卸売りするケーキを焼いたりしてました。

今回は二人目で、色々既に知っているので出産に対する気持ちには余裕があり、

異国でのはじめての経験ができることを楽しみにしていました。

 

 

 

無事に生まれてきてくれてありがとう!!そして生きて帰ってこれて本当に感謝です。

 

が、予定日を向かえいきなり事態が急変して結果的にちょっと大変なお産になりました滝汗

でも今は無事に回復して来ているので今こうして年末を穏やかな気持ちで過ごせております。

スウェーデンでの出産についての記録はまた詳しく記録します。

 

 

 

 

そんなこんなで年末に今年一番の大仕事があったので、それを終えるまでは全く年末だということを

考えられなかったけど2017年ももうすぐ終わりですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

今年を振り返ると1月に長女ぼん子の幼稚園がはじまり、やっと私も自分の時間が持てるようになり

お菓子教室などのお仕事を再開し、毎回たくさんの生徒さんが参加してくださり、満席になるレッスンも

増えてきて嬉しいばかりです。皆様ありがとうございますラブラブ

 

 

 

 

 

 

 

今まであまり触れてこなかった和菓子作りに興味がわき、そんなタイミングで

ストックホルムにあるお茶室用の記念茶会のお菓子を作らせていただく機会もいただきました。

大変光栄です。

 

 

 

 

 

 

日本のお菓子を提供するポップアップカフェにも挑戦。 

ストックホルムで人気のお寿司レストランSoyokazeとのコラボレーション、Soyokafeです。

 

回を増すごとに人気が出てきて10月のオープン時にはスウェーデンではなかなか見かけない

行列が出来るまでになりました。

 

 

日本では珍しくないけど、スウェーデンで行列は稀なことです。

 

 

 

 

和菓子の奥深い魅力に夢中です!もっと上手になりたい!!

 

 

専門の洋菓子だけでなく、和菓子も試験的にお出ししてみたところ、予想を上回る反響があり

あんこや御餅など、今までハードルが高いと思っていたものでも、プレゼンテーションの仕方によっては

スウェーデンの人にも喜んでもらえるんだ!と言う自信に繋がりました。

やっぱり日本のお菓子は美味しい!!

 

 

 

 

 

 

12月に入り、Vasastanに新しく出来たカフェ、Cafe koya のスイーツも一部担当させてもらってます。

※出産前後につき現在一時的に納品ストップさせていただいてます。

 

 

 

 

 

来年はまた1年間、家に赤ちゃんが居る状態なので、なかなか100%で働くということは難しいけど

家族の協力も得つつ、できる限りの活動を続けていきます。

パティシエールとして、お菓子教室講師として、2児の母として、妻として

ますます楽しみながら頑張りたいですウインク

 

 

 

今のところ、ぼん美はぼん子と同じでよく飲んでよく寝るのでかなり助かっています。

なので、本格的に動きだす半年までが色々できるチャンスかな?と思うので

お菓子教室やイベントなど、もう少し体調が整ってきたら再開します。

 

 

 

 

 

 

2017年もたくさんの方のお世話になり、どうもありがとうございました。

2018年もBon Aibon、一人増えたヴェントゥラ家共々、どうぞ宜しくお願いいたしますおねがい

 

 

読者の皆様も素晴らしい新年をお迎えくださいね。

 

 

BonAibon

ヴェントゥラ愛