チークカラーは色によって雰囲気が変わる!! 使い方のコツとは? | ヘアメイククリエイター ひらかわよういち 

ヘアメイククリエイター ひらかわよういち 

メイク、スキンケアのお悩み解決ブログ


テーマ:

おはようございます、よういちです。

 

 

皆さん、平常通りの生活に慣れてきましたか?

 

連休明けに、会社を退職している方もいると聞きます、、、

 

 

仕事はいつでも止められます、、

感情に流されてしまうのは止めましょう。笑

 

踏みとどまって冷静になって下さいね。

 

 

 

さて今回はチークカラーについて、役に立つ情報を

お伝えしていきたいと思います。

 

 

 

チークカラーは大きく分けて

 

ピンク

オレンジ

レッド

ベージュ

 

に分かれます。

 

この辺りは皆さんもご存知ですよね?

 

 

ではそれぞれの色が持つ、相手に与える印象と

使い方のコツをお伝えしていきたいと思います。

 

 

これを知っていると自分がなりたいイメージに合わせて、

色を使い分けることが出来るようになりますからね。

 

 

 

ぜひ参考にして下さいね。

 

 

 

ではいきますよ~!!

 

 

 

 

(ピンク)

ピンクは最もポピュラーなチークカラーで可愛い印象、

やさしい印象をつくることが出来ます。

色の種類は多種多様で、肌の色に合わせてチョイス

するのが大事です。

ちなみにブルべの代表としてはローズピンク、ラズベリー

ピンク、ベビーピンクなどが有名です。

イエベの代表としてはサーモンピンク、コーラルピンク、

ピーチなどが有名です。

入れ方としては、頬の少し高めの位置にふんわりと

ぼかし込むのがおススメです。
入れ過ぎに注意して下さいね。

 

 

 

(オレンジ)

アクティブで元気な印象に見せる事が出来ます。

可愛らし過ぎる色が苦手な方にもおススメですが、

ブルべの方が使ってしまうと、肌がくすんで見える場合

もあるので注意が必要です。

入れ方としては、頬骨の上のほうでやや内側にボカし

ながら入れるのがおススメです。

 

 

 

(レッド)

基本的にイエベでもブルべでもおススメの色で、肌に

透明感や血色感を与えてくれます。

クリーム状で薄づきのものが多く、指でポンポンと馴染ませ

ながら付けていくので、思ったよりも自然に仕上がります。

入れ方としては目尻から頬骨にかけてポンポンと重ねる

ように広げて下さい。

 

 

 

(ベージュ)

可愛い印象が苦手で、どちらかといえばクールでかっこいい

イメージにしたい場合におススメの色です。

入れ方としてはもみあげから頬骨のラインに沿って、楕円状

に斜めに入れます。

小顔効果をねらう場合はもう少し暗めのベージュをチョイス

すると、シェーディング効果も期待できます。

 

 

 

 

いかがでしたか?

 

チークによって様々な雰囲気をつくることが出来るんです。

ぜひ参考にしてみて下さいね。

 

 

ちなみに韓国系のメイクをする場合は、チークをまったく

使わない場合もあります。

その代わり、リップメイクはハッキリとした色を使います。

 

何でもバランスが大事なんですね~。笑

 

 

 

今回も最後まで読んでいただきまして

ありがとうございます。

 

参考になりましたか?

 

 

それから、

いつもたくさんの”いいね”本当にありがとうございます!!

とても嬉しいです。

 

今週もあとわずかですね、頑張っていきましょう。

 

それではまた~

 

 

 

今回のブログが為になった!!面白かった!!

という方は、こちらのレッスンも覗いてみて下さい。

”メイクアップで自分アップ!!選べる7つのメイクレッスン”

よろしくお願いします。