こんにちは。。。 | ボメックスいさかのひとり言……

こんにちは。。。

本日も朝1番からたくさんのお問い合わせ



ご注文を頂きありがとうございます。


現在ガレージの方では、エアロ製品と並行して・・・


A80スープラのボディキットの製作を行っております。


製作中のA80スープラはVITOUR TIRE社の開発テスト車両として、


エンジン、シャーシ、サスペンション等、フルコンプリートとして製作致します。


基本的にはタイヤの開発がメインとなりますが、


やはりここまでの車両を製作するとなると、


色々とチャレンジしたいこともあります。


現在は、エンジンとボディキットの製作を同時進行で行ってますが、


まだまだ決まっていない部分もたくさんあり・・・


正直、作業を行いながら考え事をしております。


もちろんボディキットの最終的なデザインも・・・。


サーキットのタイムを狙いたい。という部分もありますし・・・


私の中で痞えているものを取り除きたい。ということも1つあります。


しかし、その課題を2つ同時に達成させることは難しいものがあります。


先々の仕様変更等を考えると・・・


まずは痞えているものを取り除くことが先になるのかな?


と・・・



現状は、エアロ製品のベースとなる


マスターモデル(原型)の製作を行っております。


今回は、思い切ってリヤのフィンを後方に延長することにしました。


ええ・・・。


まずは、約1.5kmのストレートでのトップスピードを狙います。


当然トップスピードを狙うなら・・・


フロントバンパーやフロントフェンダーの形状が重要です。


馬力的には800馬力からMAX1000馬力。


この『から』というのは、最悪は出すという意味です。


あとはタイヤ外径を想定して、ギヤを考えます。


これによって必要なエンジン回転数がイメージできますね。


当然、エンジンパワーのピークをその回転数に合わせて考えます。


実は、既にエンジン内部には手を入れているものの・・・


カムシャフトの度数を悩んでました。


当然、バルブスプリングをどの様にするのかもカムシャフトの特性で決まります。


現状、カムシャフトの他にガスケットも決まっておりませんが、


ガスケットの方は、エンジン面研量で決めるものですので・・・


こちらの方は、


エンジン加工を行うダイヤモンドエンジニアリングさんで、


最終計測を行ってからになりますね。


既にこちらのブログでもご紹介している通り、


ハイブーストでも実績のあるターボチャージャーを搭載しますし、


ある程度の出力特性は・・・


コンピューターのセッティングや


ブーストコントローラーのセットでも調整できますから、


NAエンジンよりも深く考えなくても何と・・・。


とは言え、全ては基本が大切ですから、


カムの度数1つとっても、バルブスプリング1つとっても、


安易な答えを出すことはしたくありません。


ホント、バカが付くぐらいこのスープラに夢中になっておりますし、


ある部分で私自身の人生を賭けている部分もあります。


このクルマのために新規にボディキットを作っておりますし、


シャーシやエンジンを見ても何となく気合の入れ方が判るでしょ?


ウチはエアロ屋だから、エンジンやシャーシを前面に出すつもりはありませんし、


タイムや記録を出すことは・・・


チューニングパーツメーカーさんやショップさんが頑張れば良いと思ってます。


これらを自社で行っているのは、勉強のため。


もちろん外注費を出す予算をクルマに注ぎ込みたいという部分もあります。


エアロを含めて、シャーシやエンジン、サスペンションを新規に製作したら・・・


下手したら郊外に土地付き2階建ての家が2つ建ってしまいます(笑)


今回のスープラも多くの企業様にご支援を頂き、感謝×感謝です。


まずは納得の行くクルマを完成させること。


そしてこのプロジェクトをしっかり行うこと。


まだまだ悩み事は尽きません。


今は、私自身ができることをトコトンやるだけです。