本気でやってるから、本気なんだよ。。。 | ボメックスいさかのひとり言……

本気でやってるから、本気なんだよ。。。

おはようございます。


今日は2月29日と言うことで、2月の最終日です。


先日、ある方から


「なんでそこまでクルマを作るんですか?」


というご質問をされました。


そんな時は必ず・・・


「本気でやってるから、本気なんだよ。。。」


という答えを言います。


“本気でやってるから、本気。。。”


それは1事業主として・・・


また1クルマの作り手として・・・


レースに参戦するときは、1チーム監督として・・・


常に全力で行っているからこそ、精一杯やるんだよ。


精一杯やって、結果を生むことが出来なければ、


なぜ出来なかったのかを考える。


そこで自分自身に足りないものを見つけて改善する。


その繰り返しだと思う。


本気でやらなければ、それは見つけられないこと。


また他企業のお手伝いも同じこと。


どこの会社も、あぶく銭で事業をやっているわけでは無いし、


貴重な事業資金を託してコレボレーションを行っているんだよ。


厳密に言うと、


コラボレーションと言うよりも企業間での連携と言った方が良いでしょうね!


何かを行うには、当然事業資金が必要です。


事業資金が用意できなければ、


事業資金を調達し、その資金を使う。


事業資金の調達は・・・?


最終的には連帯保証人となる経営者なんだよね。


事業に失敗すれば、当然連帯保証人が債務を保証しなければならない。


これまで社長と呼ばれていた方が、最終的には自信の財を切り崩し、


時には、全ての財産を失うことだってあるんだ。


社会人としては、社員以下の存在にもなってしまう。


だからこそ、本気でやっているメンバーが集まり、


本気で事業を行うもんだと思う。


だからこそその中の1社、


または事業を行うスタッフの中に『お遊び』が入ってしまえば、


その事業は失敗してしまうと思う。


それは、経営者という立場にならなければ理解できないことかも知れませんね。


一般的に、社長さんというと響きは良いかも知れませんが、


実際に成功を納めるためには、


社員の知らない所で色々と苦労をしているものです。


もちろん、私自身もそんな毎日だったりします。


だからこそ、自分自身に悔いが残らない様に、精一杯やる。


本気でやっているのかも知れませんね。


先日のパシフィコ横浜で開催されたNostalgic 2Daysでの会場で、


VITOUR TIREさんとの連携を発表致しました。



より良い製品を日本で販売したい。


納得の行く製品作りのお手伝いをして欲しい。


その一言に対し、


本気でやるなら、本気でお手伝いします。


本気でテスト車両を作りますから、本気で付いて来て下さい。


と答えました。


レースも、モノ作りも同じだと思いますが、


やはり本気にならなければ、良い結果は生まれないと思ってます。


もちろん最初から成功することなんて稀だと思います。


だからこそ失敗を繰り返し、


納得の行くモノを作り出して行くものだと思います。


先週末もガレージで作業を行いました。



サフェ研ぎという作業で、塗装を行う前の下準備です。


もちろん全て手作業です。


手作業で行うことで、自身の手で全てを確認することができます。


エアツールや電動ツールを使えば、作業時間は短縮できますが、


余程大きな抵抗が掛かれば、ツールは応えてくれますが、


ちょっとした段差は、何事も無くクリアされてしまいます。


人間の手は、微かな抵抗を感じ取ることができます。


それはエンジンの組み上げもそうですし、


ボルトやナットをハンドツールで組み上げて行くときの感覚と同じものです。


より完成度が高いものを求めているから、やはり手作業。


流れ作業では無いからこそ、やはり自分の手の感覚で納得したいのです。


それは単なる私の我が儘なのかも知れませんが、


それが私自身のモノ作り。


本気でやっているからこそ、自分が信じる方法で作りたいと思ってます。


今日は2月の最終日。


月末は1人で考える日。


会社としては通常業務を行っておりますが、


私自身は、1人になって自由に使える1日でもあります。


結果的に、サフェ研ぎの続きをやっておりますが、


ある意味、それをやりたいんだから仕方無いですね。


1人のクルマの作り手として・・・。