カシラ日記
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>

田山

■そーいやフィルターがずいぶん効くようになったから、最近スパムメールってほとんど来なくなったけど、ファックスはスパム健在っつーか、もはやスパム専門で、しょーもないのがしょっちゅう来る。こないだきたやつ。

 

 

 

「先進のテクノロジーを特別価格で。」ってフレーズが原始の液晶に浮かんでんの、ズコーッってなるね。

「殿~!!!マイコンでござる~!!!!!」って、チョンマゲのクワマンが何かの取っ手をグルグル回しながらやってくるイメージ。しかし、ノートパソコン二万円って安いなー。って、何だかんだ目を引いちゃうのが、ファックスの強みなんでしょーね。

 

 

■今年の酉の市は、相変わらず屋台なんかは出てないけど、去年よりは警戒が緩くなってたかな。ファンシーな招き猫熊手にしました。

 

 

 

 

■俺たちの山田屋が、建て替えのため今月一杯でしばらく休業との情報。サライ歌いに行かなきゃ!!!!って通常営業に戻った山田屋へ、モーニングしに行った。

 

 

 

 

 

はじめて来たのは十年前くらいだったか、全品ほぼ200円だったのが今は値上がりして270円?くらいかな。それでもヤッシーよなー。最高級メニューは銀だら煮付け680円。印刷工場が24時間三交代でやってた頃の名残で朝八時からの営業で、来はじめたころは朝から盛り上がってる先輩たちも結構いたけど、最近はそんなこともあんましなくなってきて、ガラーンとした朝のホールで瓶ビールっての、タマんないんだよなー。

 

 

 

美しいハムカツ。

 

 

 

この雰囲気がなくなっちゃうのかなー。大阪の明治屋は、古い建物をまんま近代ビルに移築するって奇跡で残ってるけど、そんな大変なこと、よっぽどじゃないとムリだしなー。それに、山田屋のムードはなんつってもホールを仕切るマスターのツンデレ接客による部分もかなり大きいから、マスターがいてくんないとだし。とはいえ、オリンピックのしょーもない誰も使わない体育館バンバン建てるんだったら、こーゆーとこに補助金出して残して欲しいよ。

 

 

 

■三茶三角地帯をずい分久しぶりに歩った。

 

 

 

 

 

この感じの路地が現役でにぎわって残ってるって、全国でもあんまし無さそう。奇跡。世界遺産に指定して欲しい。でもここだって、タワマン2,3棟建てたら丸ごとなくなっちゃうもんなー。オリンピックのしょーもない誰も使わない体育館バンバン建てるんだったら、こーゆーとこに補助金出して残して欲しいよ。ループ。

 

秋の日は釣瓶落としであっちゅう間に暗くなる。三茶から三宿方面に歩ってたから気になってた立ち食いそばへ。

 

 

 

そば屋で自家製餃子なんて見たら、ガマンできないよねー。

 

 

餃子にビールとハイボールで満足して、結局そばまでたどり着かず。駅まで歩ってたら、またビンビンくるご尊顔。入るよねー。

 

 

ここん家もツマミが充実。玉子焼きと半カレー。

 

 

 

ほいで、テレビでお相撲見ながらアツカン飲んでたらすっかりイイ心持ちになって、ここでもそばまでたどり着かず。結局、そば屋二軒回ってそば食わずの愚行。まーこんなんがいつまでできるのか。今のうちなもんで。

 

 

■MVの可愛げにヤられてエラード・ネグロYouTubeでずーっと見てたら、次から次へと名曲の連なりで、これは!!と音源チェックしたらかなり多作な人なもんでコーフンして、手に入るやつは大体揃えてずーっと聴いてました。イイ!!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

魔太郎

■酒解禁!!って、よくよくかみしめると間抜けな言葉だなー。けども、よーやっとお赦しが出て、恨み晴らさでおくべきかーって、飲酒の旅へ。高尾山のいつもの茶屋。山頂をもひとつ越えた峠まで、汗ダックダク、ノドカッラカラでたどり着いて、

 

「なめこ汁と瓶ビールください!!!!」

「。。。スイマセーン、ビールは11時からなんですよー」

「ガビーン!!」

 

 

ガビーン!!って書き文字が頭の上に浮かんでんのがマジで見えた。その時点でパニック状態なもんで、

「じゃあ、なめこ汁だけください」ってなめこ汁だけもらってスゴスゴ席へ。酒解禁でもまだ時間制限はあんの忘れてた。マジメだなーって思ったけど、キッチリ守らないと協力金くんないんだろね。こーやってSNSなりなんなりでチクるやついるし。

 

 

冷静になれば、もうひと歩きして11時に戻ってくればよかったんだけど、完全前屈みになってっからそんなんムリ。

この時点で10:30だったから、なめこ汁をペロペロなめながら11時を待つ。ほいで11時3分前、もーいいだろって再トライしたら、

 

「。。。スイマセーン、ビールは11時からです。。。」

 

またもガビーン!!さらに3分待ってよーやっと、よーやっと、やっと会えたね。感動の再会。ノドにシューッと沁みたよねー。

 

 

 

 

 

■甲府の昇仙峡も。松茸石の相変わらずのカリ首のキレを確認。

 

 

昇仙峡登ったてっぺんは、ザ・昭和の観光地で楽しい。こーゆーのとか。

 

 

 

伊豆なんかの、昭和の観光地はすっかり廃墟のとこばっかだけど、ここは現役でかなり賑わっててなんかちょっと嬉しい。バスツアーで搬送された老人たちが、信玄餅抱えてソフトクリーム舐めてた。

 

昇仙峡も楽しいけど、本命はこっち。

 

 

 

 

 

甲府の食堂の、もつ皿とブドー酒。このお品書きの字面と、脂がザラザラしたモツに湯呑みが受け皿のブドー酒。100点満点で一万点ですね。ああ、かなり気が済んだ。

 

 

 

■KATZROAR 、クルアンビンっぽいなーって思ったら女ベース、男ギター、男ドラムの3ピース編成までおんなじだった。クルアンビンをさらに脂っこくして歌謡エキス入った感じでかなりツボなのでアルバム即買い。

 

 

 

 

この人も、曲は超オシャレなのにMVの微妙なぬるま湯感がイカすわー。

 

 

 

 

 

 

 

マルチーズ

■海にビタ一文行かないまま、夏が完全に終わってしまった。シャクだからせめて湾岸をチャリで走る。特に地図も見ないまま走ってたらお台場に行き当たったから、はじめてレインボーブリッジチャリで渡った。

 

 

 

 

 

歩道上は走行禁止なので、脱走防止のゲタを後輪に履かされたけど、ナカナカの絶景でありました。歩ってレインボー渡ったら予想外に時間かかったから、家までラストスパートダッシュしよーってリキ入れた矢先、赤坂でパンク。応急修理セットで何とかしようとするもどーにもこーにも。人が行き交う大都会赤坂見附の歩道で夕暮れ、半ベソの中年がヘタりこんでシーコシコシコシコーッ!!!!って猛スピードでポンプシコシコやってんの、憐みの極み。結局修理はあきらめて、ガッタンガッタンのタイヤで残り十数キロ、ダートみたいにガッタンガッタンしながら帰った。

 

 

■玉さんが弊社のTシャツで踊ってくれてた。何年も前の物を大事にしてくだすってんの、感涙の極み。ありがとうございまーす!!!

 

 

 

 

 

 

■この歌なんかクセになる。マルタのバーベキューのテーマ。マルタ語だから何いってっかわかんないけど、マルチーズ(犬)を焼いてるわけじゃないと思う。

 

 

 

マルタは未来少年コナン味のある島でした。あとネコ。

 

 

 

 

 

 

 

■この人も何て歌ってっか全くわかんないけど、ものスゴく説得力ある。ゼスチャーから察するに、中学生に「おう、オメーラ、オレがハメッチョの作法教えてやっからよー」ってエバってるんだと思う。名前も中二が超喜びそうだし。バリマン!!

 

 

 

 

「オリバーな犬、(Gosh!!)このヤロウ」超面白いっつーか、えっ、この人も出てくんの?って人が延々出てくるから、サイト見て数えたらそんな感じのひとが80人くらい出てた。三話で終わるのゼイタクだよなー。

 

 

 

バング

■PCの全然しんない場所にどっかいったと思ってた画像が大量にバックアップされてて超トクした気分。

 

 

これはインドヴァラナシの名物バングラッシー。一杯飲むと一日爽快な健康ドリンクです。飲みいきてー。

 

 

■そんな感じで、海馬のどっかにバックアップされてた記憶を、毎週恒例BSの極道の妻たち見てたら思い出した。むかしタクシー運ちゃん時代、物腰に雰囲気のある美女を乗せたんですよ。で、世間話とかして目的地着いたら、

「あなた、なかなか見所ありますね。よければウチの会社に来ませんか?」

って。就職はともかく、その美女が当時大変お世話になってたAV女優にすごく面影似てたもんで、一も二もなく後日指定された場所へ前屈みで向かった。

西新宿の、結構立派なオフィスビルのワンフロアーに、〇〇研究所って看板。件の美女に通されると、こちらが所長の父ですって、スッポン博士みたいな、テラッテラの怪しいじじいを紹介された。

「まぁキミィ、まずは私の研究を見ていただきたい」

って、ビデオ見せられて。ロケットエンジン開発の。????意味がわからない。

『2000℃。。。3000℃。。。ついに5000℃に達した。。。成功だ』ゴォーって炎の音とともにテロップが流れる。

「これはね、私が開発したロケットエンジンなの。5000℃はね、世界で私だけが達成したんだよ!!それでね、私の額にキズがあるでしょ?これはロケットの汁がはねた跡。死ぬところだったよ」

「それでね、キミ、渡り鳥いるでしょ?」

「あれはね、何であんなに飛び続けられるか分かる?スゴイ成分があるからなんだよ!!」

「それをね、私は、網持って追っかけてついに突き止めた!!」

えーっと。。。色々ワケわかんないけど、ロケットで追っかけたんじゃないんだーって思った。

「そしてこれが、そのスーパー渡り鳥エキスです」

青い液体が入った小瓶を出されて。

「これはね、世界を変える大発明だよ」

。。。。どーしたもんだかって呆けてると、美女がコメント。

「あなた、就職できなかったっていうじゃない。今度はこれで、人を使う側に回れるの」

所長もなんだか上機嫌で、

「まー、形だけでも履歴書今度持って来てくれればいいから」

って。

ああ、ハイってお茶濁してソソクサと辞して、その後は当然バックれましたけど。

でえ、毎週極道の妻たち見てっと、イミダペプチドのCMがループで流れるんだけど、「渡り鳥の健康成分イミダペプチド!!」のコピー、もしかしてあの怪しいじじいの小瓶がイミダペプチドだったのかなーって。あそこで誘いに乗ってたら、今頃イミダペプチド長者だったのかも。まーナいね。

 

■感染大爆発の首都東京ですが、負けん気でやってる飲み屋さんもチラホラ。近所のそんなお店の前通ったら、

「お酒飲めるんですか?」「(やや小声で)大丈夫ですよー」って店頭でのやり取り。なんかもう、禁酒法時代のスピークイージーとか、むかしの新宿西口ロータリーのトルエン売り、口に丸めた手当てて「あるよあるよー」みたいな有様。

 

 

■Mdou Moctar、なんじゃこれカッコイイ!!!って調べたらサハラのトゥアレグの伝統音楽がルーツのようで、みんなこんな感じなの!?って色々聴いたらこの人が特異だったみたい。シビれるわー。

 

 

 

他の、サハラルーツの人もみんなカッコいいんですけども。このAfel Bocoumのライブ映像も超イイ。本人もだけど、小枝のパーカッションとか、後ろの美女とか、背景情報含めて最高。

 

 

 

 

■名前で食わず嫌いしてて損してたシリーズ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

富士塚

■禁酒令前の飲酒90分ルール。お店によって温度差が濃淡で、「一応、90分ってことになってますけど、特に時間とかは計ってないんで」って、閉店までほったらかしで飲ましてくれるとこもあれば、「ハイ、では今から90分になりますので」って、タッチパネルに残り時間が表示されて、あと一分!!って料理の鉄人気分が味わえる店も。

 

 

 

 

とまあ、そんなんも再び出た禁酒令で一瞬の徒花。この調子だと八月一杯で禁酒令が解けるとはとても思えないんで、今年入ってからお店で普通にお酒飲めたの一月半くらい?昔のツービートの漫才で、鬼に色んな地獄を見せて回られた新人亡者が、最後の地獄はクソの海に浸かった亡者がのんびりタバコをプカーって吸ってて、まあ、臭いけど、ここなら楽そうでいいか。って、じゃあこの地獄でお願いします。ってクソの海に入った瞬間、「ハイ、休憩終わりー。沈んでー」ってクソの海に沈められたっての思い出した。一瞬だけ息吸って、またクソの海の底。ヘル!!!!

 

 

■カンカン照りの夏がはじまったけど海も山も行けないから、街道をチャリで漕いでたら、信号待ちで高校の部活の先輩にバッタリ部。多分会ったの十何年ぶり。東京に出る朝ドラの主人公が、「じゃあ先生、東京でバッタリ会えるかもしれませんね!!」つったら、「東京には1400万人の人がいます。バッタリ会うことはまずないです」って返されるシーンがありましたが、現実は朝ドラを超える。東京でバッタリはあるよモネ!!とはいえ現実は、キッタナイ中年同士が「おーぅ、オメー最近ナニやってんだぁ?」「フラフラしてまーす」とか、他愛もない会話を一言二言交わすだけなんだけんど。

 

 

 

そのまま品川埠頭まで漕いでったら何かイイ景色。写真撮ってたらコンテナの前にカップルが来て自撮りをはじめて、はーっ、こんな遠くまで、コンテナマニアってのもいるんだなーって見てたら、段々あられもないポーズで撮りはじめて、コンテナマニアじゃなくて露出フェチの人かーって、邪魔しちゃ悪いから去った。いや、むしろいて観戦してあげてた方がよかったのか?

 

 

また後日。東京の道路がアチコチオリンピック音頭で専用レーンなんかできて封鎖されてるってから、目に焼き付けてフンガイしよーっと、って、国立競技場方面へチャリ漕いだけど、特にそんな形跡は発見できず。なんだよー、もっとムカつかせろよーチェッって、拍子抜けたから千駄ヶ谷の富士塚登って帰ってきた。ミニ富士楽しいよねー。

 

 

 

 

 

■今年は「俺の家の話」からはじまってドラマがずーっと豊作だけど、今期は「お耳に合いましたら 」がすごくイイ。外食チェーンとのタイアップもので、あー、お金ないんだなーって思うんだけど、それが全然マイナスになってなくて、ウィンウィンになってんの、大変よろしい。おまけにそこにラジオが絡んでくっから、一日中ラジオ聴いてる者としては一石三鳥に楽しい。ほいでエンドロール、毎回取り上げたお店で主演の伊藤万理華さんが踊るんだけど、これがホントに幸せな気持ちになるからこれだけでもズーッと見てたい。

 

 

 

 

 

■今月のラジオの合間は、おおむねilliomote聴いてました。

 

 

 

 

 

 

 

 

必殺!!

■アルマゲドンで空からブルースウィリスが降ってきてもこれだけは観る!!って決めてた「アメリカン・ユートピア」を観に、チンキュウジタイ後はじめて街へ。

 

 

 

 

 

 

コーフンと感動しかないっす。まーとにかく、デヴィッドバーンが。あの歳であんだけ歌えて踊れて面白くてカッコイイ人っている?それ観れるだけで百万点なのに、バンドメンバーのパフォーマンスも、正直どーゆーことってくらい超絶で二億点。トーキングヘッズも含めてデヴィッドバーンの曲はムチャクチャ好きなのたくさんあるけど、メッセージ性のある曲がつながって行く流れの中で、ドリフサイドオブデヴィッドバーンの、全く意味がないファットボーイスリムとの曲「Toe Jam」やったのもスゲーシビれたわー。

 

 

 

 

ほいで、ラストの畳み掛けでオシッコジャージャービンクスに感動&呆然。あと、デヴィッドバーンの動きって高田純次味あるなーって気が付きました。最近のラジオショッピングでは「犬に生まれてヨカッター!!」って叫ぶ犬ロボットが大好物だけど、そのテンションで、「映画館で観れてヨカッター!!」って一生叫べる映画体験だった。最高!!!!

 

 

■ここは備忘録を兼ねている部分が大きいから、五年後くらいに見て、ウワー、狂ってたなーってドン引きするために記しておくけんど、チンキュウジタイ解除後の東京都の飲酒制限詳細。

「注文を午前11時から午後7時までとし、利用を1グループ2人まで、滞在時間を90分までにする制限を設けます。」

って、こんなアリの戸渡りパズルみたいな条件で飲めっか?おい一休よ、屏風から虎を出せってか。クッダラネー運動会二週間やるために何でこんな虐待されねばならんのか。オリンピック滅びろ!!

 

 

■ちゅうことで、そんな怒りも感じられるおテーシャツ、お東陽先生に描いていただきました。「東陽片岡 荒野の果てにTシャツ」 「必殺仕掛人のテーマ曲の『荒野の果てに』が合ってるなーと思いました」との、東陽先生のメッセージ、血と汗ほとばしる男たちの闘いに響き渡る哀愁のメロディーを聴け!!!

 

 

 

6/27(日)まで絶賛ご予約承り中なんで、よろしくお願いシマント~

 

 

 

 

 

■銀杏BOYZ の新曲、のんさん主役はタマランっすねー。銀杏BOYZは峯田さん一人になってからどんどん初期プライマルスクリームみたくなってる気がしますが、それもまたイイ。

 

 

 

 

 

 

 

おテーシャツ

■まーここんとこズーっとイカってばっかしですが、生類お酒禁止令にはさすがに憤りの底が抜けた。頭ではわかっちゃいたけどマジで、どーこのお店もみんなお酒置いてないの都内。イスラム圏に来たようだ。「イスラム飲酒紀行」高野秀行のように、それでもまー、コソーっと出してっとこはあるみたいだからガンバレ!!つーことで、百合子フザけんな!!!の憤りをTシャツにしました。怒りのタカラカップ!!!!

 

 

 

 

 

あとあと、レプリカント、ロイの散り際名啖呵にゲイシャワッペンとか、

 

 

 

 

迫りくる殺人キャットの群れ!!とか、

 

 

 

 

 

5/25(火)までご予約承っておりマンディンゴなんでよろシッコー。

 

 

 

 

 

 

■アキラっぽい東京オリンピック前の根尾トキオが見たくて、晴海までチャリ漕いできた。

 

 

 

アキラ味ある。

 

 

飛行機が遠くに見えた。

 

 

 

汐留周りでの帰途、中銀カプセルタワーは健在でした。

 

 

■BSでナウシカ歌舞伎やってて、最初は「ナウシカ。。。」って半笑いで観はじめたんだけどチョー面白くて、結局前後編六時間、録画して全部観た。メーヴェ宙乗り!!

 

 

 

 

映画のエピソードは序盤だけだったから、原作未読の身ではほとんど知らないストーリーを歌舞伎で観てんのに、ナウシカ観てる!!って気分になんだよなー。歌舞伎スゴい。原作も全部読んでみたくなりました。

 

 

 

 

 

■今月のうた。カネコアヤノとCHAIの新譜は当然のように最高でしたが、ロボットに薦められた全く名前も聞いたことないZattaが超ツボでズーっと聴いてたんだけど、Youtubeの再生数がビックリするくらい少なくて、まだ見ぬ強豪が沼の中に無数にいるんだなーって慄いた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

カマボコ

■小田原のかまぼこ屋さんの行きつけのネコが、実は20歳近いということを知り、うかうかしてっと間に合わないかもって、おっとり刀で駆け付けた。そしてロマンスカーの車窓から。高山がチョー怒られてた。

 

 

 

件のネコは会いに行けるアイドル猫、会いに行けるけど打率は三割といわれているので、まあ、一発目ではいないだろうと構えて行ったらやっぱし空振り。ひとまず、いつもの食堂で一杯飲んで作戦会議後、再トライ。

 

 

社長室と呼んでる定席にも痕跡なく、実家近辺などもくまなく探すも跡形もなく。最後の手段でカマボコ屋さんで買い物して、それとなくネコの安否を訊ねると、「ああ。。去年の暮れに。。。」とのこと。間に合わず、無念。

ぼーっとしてる間に、いろんなものがなくなってしまう。コロナのばかやろう。

 

 

 

最後に会ったのが去年の夏、R.I.P 籠清のチャム公。

 

 

 

失意の帰途、線路脇でノラネコの一連のムーブ。

 

 

■とまあ、あれもこれも無事か!?って不安になって、満員電車を避けて山登りするくらいチョー早起きして、俺たちの山田屋へ朝イチで向かう。前屈み気味で駆け付けると、不発。

 

 

 

不発だったけんども、無事は確認したので一安心。この時点で朝八時。14時まで待つのはキツいよなーって、赤羽まで歩って、一杯飲んでとっとと帰った。しかしなんだよ、マン棒って、エロいE電みたいな、一年後には誰も覚えてないような役人造語。そして三度の緊急事態宣言。お前ら愚民はバカで貧乏で虫ケラみたいだから、灯りつけてっと寄ってくっだろ?街真っ暗にしといてやっから、あと、酒飲むとツバペッペペッペすんじゃん?お店でお酒も出さないから。大人しく家でクソして寝てろって百合子の命令で、千四百マン都民は檻の中であります。

 

 

 

■電波の国からこんにちは。で、年に一、二回、とりとめもないことで電話してくるビラオカさんから今年初通信あり。

 

「なぁー、いまさぁー、DVDってみんなどうしてんの?」

 

おっと、ド直球中学生な下ネタで、エロDVDの入手方法を?と思ったら。

 

「たけしのHANA-BI、観たいんだけどさぁー、」

 

って。意外にまともな質問で逆にズコーッ。まさに件のHANA-BIのDVD持ってるから、貸すか、なんなら差し上げても構わないんだけど、このご時世、直接会うのはねぇ、ビラオカさん飛沫激しそうだし、ちょっと腰が引けたもんで&どーせまたいつもの垂れ流しで、ホントは大して観たくもないだろーしなーで&逆会いに行けるアイドルとして、もう十年近く実物に会ってないのに、そんなんで簡単に会ったらツマんないしなーで、

 

「あー、ブックオフで売ってますよ。この辺だと烏山にあります」

 

ってお茶濁したら案の定、

 

「あそー。ところでさあ、ワクチン打つ?なんか怖くねぇー?」

 

って話は流れて行く。しかし、安定のビラオカっぷりですごくホーっとした。

 

 

 

 

■フェラミーツファンカデリック@中学の図工室なコンゴのバンド、Fulu Miziki、とにかく最高。

 

 

 

 

手作り楽器でフザけてる体で、演奏はムチャクチャ上手いよね。グルーヴ感。

 

 

 

フザけてない曲も当然カッコイイんだけど、後ろに衣装がかけてあんのがカワイイネ★

 

 

 

 

ジョージア

■オレ道場と称して鉄柱にミットくくりつけてカラテトレーニングしている公園にて。道場のベンチ石にインディー枯山水があった。暗渠の上の陰な気漂う場所なのでアレな人(含自分)が集まるんだけど、この枯山水は、そーゆー人たちの春って感じ。

 

 

 

■お前ら外出ていいいよって、お上からお許しが出たので、今年に入ってから初外出。高尾山のいつもの茶屋で、正解!!としかいえないツユをいただく。

 

 

山下りてフロ入ってからソバ。隣の席のマダムが、「ユヅルのこと考えると正気でいらんないーッッ!!」って、ビール飲みながら悶えてて、魔性。。。と思いました。ここん家はアツカンがジョージアのやつに入っててイカす。これ家に欲しいなー。

 

 

 

■近所の会計事務所の前に貼ってあるお習字。何でこの並びにするかなー。ヤメてー。

 

 

 

 

■こちらのサイトで気になったアルバム、「ルークトゥンHi-Fi」、タイのトラッド歌謡曲を今の人がカバーしたアルバムということみたいなんだけど、日本だと銀恋を今の人が歌ってる感じ?歌ってんのが純烈なのかキーくんなのか、その辺のニュアンスはわかんないけど。すごくイイ。

 

 

 

 

録音風景版のMVもあんだけど、ンモー、イイ湯加減って形容詞はこのことか!!ってくらいイイ湯加減で最高過ぎ。スタジオの感じもだけど、ナゾなカット割りインサートの、昭和でもないしタイのMVでもこんなのないし、なんなのよモーって、温泉感。花見しながらツユ飲みながら聴きたい。

 

 

 

 

 

 

 

■アマプラで気になってたブラックエンペラーのドキュメンタリー、「ゴッド・スピード・ユー!BLACK EMPEROR」が、

想像してたんと全然違う!!けどサイコーでした。

 

 

 

”暴走族もつとまんないようなヤツは社会に出れないってことよ! 闇に消えた爆音・・・・・・・ 夢、愛、不安、哀しみ ひたすら走る土曜の夜の天使たち・・・・・・・”

 

暴走族は全然世代じゃないけどブラックエンペラーの名前は知ってるし、この煽りコピーみたいな、殺伐とした、おっかねーイメージで観たら、すんごいほのぼのしてて、出てるエンペラーの人たちがみんな可愛くてイイのよー。最近は、不良とか半グレをヤンチャなって形容したりするけど、そーじゃなくて昔っからの正しい使い方でのヤンチャって感じ。キッズ。甲子園球児が子供に見えたらおじさんみたいな、エンペラーが子供に見えるじじいになったともいえる。ストーリーは特になくて、一貫した登場人物もいないし、断片のエピソードの羅列って構成なんだけど、どのシーンもそれぞれイイ。中盤、エンペラーのメンバーがカツアゲ的な感じで、真面目学生に目付けて、「オイ、アイツらにすっか」ってツカツカツカーって箱抱えて駆け寄って、「ねえねえ、人形買わない?愛媛人形、500円くらいでいいよぉ」って、箱パカーって開けたら、ホントに愛媛人形売ってんの!?ってシーンの絶妙加減、爆笑しました。あと、後半出てくるイイ味の坊主がゴムって呼ばれてんだけど、全体的に音がモゴモゴして聞き取りづらいから、ゴム?ってことはねーよなーって思ってたら、物干しに干した特攻服の背中にマジックで「ゴム」って書いてあんのも笑ったなー。とはいえ、集会でゾローって歩く場面の一瞬逆光でコントラスト強くなるシーンとか、何つっても疾走シーンの高揚感とか、ムチャクチャカッコイイ!!とこも多々ありで。しかし、今みたいに小さいカメラないのに、あのバイク同乗シーンどうやって撮ったんだろ。それと、全編昭和ガレージロックな音楽がとにかくイイ。サントラあったら絶対買う!!って思いました。こーゆー、全然情報ない映画に会えるのは、今のご時世ってありがてえなあ。

 

 

 

 

 

 

 

アナグマとパン

■小池ゆりっぺがCMで「都民の皆さん、緊急事態ですから人出をテッテ的に減らして下さい」つってんの見るたび、ねじ式の「いやこの場合テッテ的というのが正しい文法だ」っていうセリフを思い出してしまい、不条理~ってクラクラする。

 

 

 

 

つーわけで年明けてからこっち、相変わらず徒歩圏でウロウロしてるばかり。店入ってもねえ、コソコソ酒飲むのもツマんないから、休みの日は近所徘徊でお惣菜だのパンだの豆腐だの買ってきて戦利品ツマミに飲んでます。ただ、ケガの功名で、近所にこんなウメー店がってのを見つけるのは嬉しい。特にパンと豆腐。どっちも好きだけど、普段はそんなにありがたがって食ってないからなおさら。素パンとか奴っ子ツマミにすっとしみじみする。とはいえやっぱしメンチとか焼き鳥のウマイのが一番ウレシイけど。ウチでは兄やんの店って呼んでる近所の持ち帰り専門の焼き鳥屋、夕方くらいに行くと「ゴメーン、今日の分もうおしまーい」みたいなこと多いから、普段はあんまし寄り付かないんだけど、久々に食ったら、こんなウメかったっけか!?って感動した。

 

 

 

■かれこれ10年くらい山肉買ってる信州の肉の鈴木屋さん。毎週入荷メルマガくれんだけど、前に即完売で逃したアナグマ入荷情報で即買い&リベンジ。

 

 

 

正直、ビビるくらいの脂。マッチロ。商品紹介のとこにも、かなり上級者向けってわざわざ書いてあっから念のため濃い目の味付けにしたけど全くの杞憂でした。アッマーイとしかいえないサラサラの脂で、身体にいいか悪いかはともかく、ムッチャクチャウンマイ。また一皮ムケました。アナグマ氏ありがとう。

 

 

 

 

 

■例によって飲んだ夜更けにぼんやりYouTubeのサムネイル見てたら、サハラレイルウェイってのが。サハラ砂漠に汽車通ってんの!?って見てみたら通ってた。ほぼDUNEみたいな景色。スゲエとしかいえない。

 

 

 

 

あとこの「幻覚性ハニーハンター」って、ワードだけで食いつくよねー。これも面白かった。花の蜜にある薬効成分が蜂蜜に濃縮されるとのこと。アブサンに近い成分だそーなんで、幻覚っちゅうよか、陶酔、モーローって感じなんでしょーか。いいなー。とはいえ、調子に乗って山盛り舐めた人がブッ倒れてゲロ吐いてたから慄いた。

 

 

 

 

 

■今さらですが乗っとけーって、鬼滅の刃全巻一気読みした。ジャンプ読まなくなって四半世紀くらい経ってんのかな。とにかくジャンプの漫画は終わんないイメージで、最終回まで読んだ記憶あんのほとんどない。鬼滅の刃は23巻で完結っちゅうことで、これなら読めるわー、ほいで今なら電子書籍でガサも張らないしーで、あー、ジャンプっぽい漫画、面白い!!って堪能できました。あと、エヴァンゲリオンの映画三部もアマプラにあったから一気見して、漫画アニメ成分多めだった。ほいで、MVもアニメのやついいなーって。アニメのOPとかってことでなくアニメーションのやつ。そんな感じの二月。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>