1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2017-10-13 14:42:20

柳屋

テーマ:ブログ

■無職にも程があるバカミチくんがしょーこりもなくまた無職になった上、「やっぱ湘南っしょー」って、仕事のアテもないのに湘南方面に引っ越したから、引っ越し祝いに小田原で飲んだ。駅からズン遠くても行く価値がある、ホルモン柳屋。やっぱウンマイわー。サイズが小さめなのも丁度いい。やさしいお母さんも。しかし、バカミチくんはこーやってすぐ無職になんのに、何だかんだすぐ仕事見っけてくっから、大物なのかもしんない。

 

 

 

 

 

店の表を撮ったら、オーラを通り越してエクトプラズムが出てました。

 

 

 

■ロマンスカーの車窓から厚木辺りでいつもチラっと見える、高速沿いの荒野にポツンとあるサウナが気になってたから行ってきた。

 

 

 

ザ・昭和健康ランドでイイ感じ。サウナ後の一杯、大食堂に行ったら、ガランガランの大広間で、じじいが爆音でカラオケループ中。MC嬢(レジのおばさん)が、「ハイ、お次は『さざんかの宿』、中山さま~」ってコールしてくれるシステム。延々、同じじじいたちが呼び出されていた。涅槃感ハンパなし。カラオケボックス前時代、カラオケボックス以上スナック未満みたいな居酒屋カラオケって結構あって、下北のクレイジーラブマシーンとか、こーやってMCにコールされて、「ハイ!オレオレ!!」ってステージに出てったの懐かしいなーって思い出しました。あと、ここのサウナ、小さい方の食堂はギューギューに混んでるのに、大食堂なんでガラガラ?な理由が分かった。じじいの爆音カラオケ、マジクラクラするくらいエネルギー消耗すっから。

 

 

 

ロマンスカー車窓で気になってたシリーズ、読売ランドあたりで街道沿いにポツンとあるゲイバーも、何でここに?って気になってたから、春秋限定のシーズンもの、チャリング(チャリで遠くまで行ってそこから走る)で読売ランドまで走ってった。

 

 

 

もしかして廃墟かもと思ってましたが、盛業中の模様。それにしても何でここに?

 

 

■秋の高尾山は遠足キッズで大渋滞なんではと思い、高尾山口からじゃなくて逆の小仏側から登ったらガランガランで大変快適でした。もっと早くこのルートで来てればよかった。シーズンだから平日でも城山茶屋やってた。接待キャット嬢たちも。あと、小仏あたりに廃墟茶屋があって、しみじみした。

 

 

 

 

 

もみじ台細田屋前の切々とした看板に、さらに一言加えられてた。焼かないで!!

 

 

 

 

■エチオジャズのムラトゥ・アスタトゥケが超カッコイイから、一般的なエチオ歌謡はどうなんだろ?ってユーチューブでずっと聴いてたら、動画の切り替わりで出るCMが小日向さんのポリデントのCMばっかで、老人向け動画なの?って。ちげーよ!!

 

 

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事
 もっと見る >>
2017-09-10 17:21:23

甲子園

テーマ:ブログ

■痛風に吹かれてる内に夏が終わってしまった。普通1ラウンド10日で終わるとこ、終わって油断して走ったらブリ返し、足揉みしだいたらブリ返しで、3ラウンド経過、ビッコ飽きたわー。でもビッコの合間を縫ってあちこち行きはした。

 

 

 

 

地元の友達が紆余曲折で全然関係ない土地で野球部の監督になって、「オレ甲子園出っからよー」つってたときは、あー、またホラ吹いてるわーって思ってたら、ホントに出た。こりゃ、応援するしかねーなー、こんな時でないと甲子園行く機会なんてねーしなーって、えいやあって弾丸ツアーしてきた。しかし甲子園の暑さ、尋常じゃない。どれくらい暑いかっつうと、履いてたサンダルのボンドが溶けて底が剥げた。あと、飲んだ端からアルコールが蒸発するから、ビールなんぼ飲んでも酔っぱらわない。そして、縁もゆかりもない、出てる子誰も知らないチームを応援して、試合終了後は涙ドロボーで号泣。行ってよかった。富士山、お相撲、甲子園、三大案外行ってない場所、全部制覇できた。

 

 

 

 

 

 

 

 

せっかくの弾丸ツアーだからギューギューに盛りたくて、甲子園後大阪弾丸はしご酒。念願の明治屋も行けた。この通り、再開発で建ったピッカピカの巨大ビルの一階に、元の横丁が作り物感が無い素晴らしい按配で移築されてて、東京もこんな風にやればいいのになーって羨ましかった。

 

 

今年の東京は八月に入ってから22、23日だか連続して雨っちゅう40何年かぶりの恐ろしい夏で、海の家全然行かないまま夏が終わっちゃう!!ヒィーッって、八月終了間際、駅から近くてビッコに優しい三浦海岸へ行った。

 

 

 

 

 

 

ベッタベタのゴザにペターって座って、ビキニの後ろで焼きそばにビール、いうことないっす。三浦海岸は5、6年ぶりくらいで来たけど、タトゥーの若者が全くいなくなってた。世知辛えなあ。

 

せっかく京急乗ったから当然横須賀中央下車で、銀次のシコ刺し、ホッピー、スペース煮込みの黄金トリオを久しぶりに堪能して今日は完成、って開店ダッシュしたら、夏休みの様で開く気配ナシ、無念。

 

 

 

 

 

遠くまで歩く気力は無いから、これも久しぶりの駅前中央酒場へ。ほしたら、あれっ、ここってこんなウマかったっけ?ってくらいウンまくて、ひとまず一件落着で夏は終了。

 

 

 

 

 

 

■八月アタマに出たかせきさんの新譜も引き続きずーっと聴いてました。巨匠の安定感で名曲揃いですが、八曲目「ちょうどいい~ Feel so good」で、Negiccoをコーラスに従えて“なんかちょうどいっいぃ~♪”ってイイ湯加減で歌い上げる様は、勝新とかフェラクティの領域に向かってる感じで、なんかもう最高。

 

 

 

 

 

 

ONIGIRI UNIVERSITY ONIGIRI UNIVERSITY
3,024円
Amazon

 

 

 

 

■時代劇専門チャンネルでやってるライオン丸にチョー夢中。子供のとき、再放送がUHF局のTVKでやってたから、確かばあさんの部屋のちっこいテレビで見てたような、薄ぼんやりした記憶しか無いのに、テーマ曲とかはやけにはっきり覚えてて、ザッピングしてたら「あっ、ライオン丸だ!!」って見はじめたらムチャクチャ面白い。ザ・ビザールって感じ。

 

 

 

 

 

 

怪人が片手でアリでアリサゼンって、狂っててセンス良過ぎ。ちなみにアリサゼンは残った片手を切り落とされたあげく、腕の切り口に刀を刺して切腹アンド自爆っつう壮絶な最期。

 

 

 

 

この人なんてもう、いうことありませんね。

 

 

 

若い娘を襲う、そしてキンタマがヤケにデカい。

 

夏休みの小学生みたいに、アホ面下げて晩酌のときライオン丸見てたら、呆れ果てた家の人が「こんなミニスカの忍者なんているわけないじゃん」ってディスってきたけど、そんなこといったらそもそもライオンの忍者なんていない。

 

 

 

 

 

ライオン丸見参!!(猫手で)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2017-08-05 18:01:38

ビラオカ

テーマ:ブログ

■TOFUは白くて柔らかくておいしくて人気者なのに、TSUFUは痛くてギザギザしてて貧乏臭くて笑い物。痛風は尿酸塩のギザギザ結晶が主に足先の関節に溜まって発作が出るんだけど、ここんとこ久しぶりに、足がジクジクしてイヤな予感がしてたんですよ。でえ、足に刺激与えたら、ギザギザ結晶が破壊されるんじゃねえ?って、俺の蹴りは長年の修行でほぼマッハだから、先端部分なんて超音波が発生しててもおかしくないだろう。これは、セルフ超音波破砕法になるんじゃ!!って閃いて、マイ道場へ向かった。

 

 

 

 

公園の鉄柱に勝手にミット巻いて、奇声を上げて蹴り込むワイドショー取り上げられ系迷惑おじさん。しかし残念なことに、まだマッハには達していなかったようで全くの逆効果、痛風出ちゃったよー。イタイヨー。

風が当たっても痛いから痛風ってのは多分俗説で、そんなセンセーショナルな痛さじゃなくて、もっと陰湿にジクジク痛い。ツマ先が虫歯になった感じ。ほいで、全く同情されない。お医者さんでもなんとなーく半笑いで、「ビール飲んじゃダメだよー」みたいな。まあとはいえ、一週間我慢すれば治まるから、たまにはバチ当てとかないとなーってあきらめて、歩くのダルいからチャリでフラフラしてたら簡単な段差でスッ転んで顔面強打、なにごともないフリで立ち上がってそのまま漕ぎはじめたけど、明らかに血がボダボダ出てる。口元に手当てたら血がベットリ。慌てて家に帰ったけど、ゴボゴボ口から血が漏れてくんのね、ゾンビみたく。しかし通り過ぎる人は全くの無関心で、都会の人はさすがだなーって。前に全く同じ道で、多分セリフの練習中であろう金髪の柄本明がブツブツ独り言いいながらチャリ乗ってても誰も全く無関心だったから、知らない中年が血ぃ吐いてるくらい、「空ですね by ともみ組」なもんだよねー。帰って鏡見たらクチビル内外ザックリいっちゃってるし、歯欠けてるし、あーあー、こりゃだめだって医者行ったら、「貫通してるねー。縫わなきゃだめだこりゃ」って、子供の時以来、ケガして縫った。「化膿するから粗めに縫っといたから」って病院のトイレで見たら、ヘルレイザーみたいなざっくりした有様。なんぼなんでもバチ当たり過ぎ。ホーホーノテーで帰ると、ポストにかせきさんの新譜が届いてた。禍福はあざなえる縄のごとしっちゅうことで、聴いてます。イントロからムッチャクチャ、カッコ良くてそのままのテンションでずーっとハズレなし。もはや巨匠感すら。五年ぶりのオリジナルアルバム!!って、ミスターシティポップからもう五年も経ったの!!って、うーわー、五年早過ぎ。。。ってそこにはややグッタリした。

 

 

 

ONIGIRI UNIVERSITY ONIGIRI UNIVERSITY
3,024円
Amazon

 

 

 

 

 

 

■踏んだり蹴ったりな夏のはじまりだから、少し前の楽しかったことも刷り込みたい。

 

 

 

 

 

今井浜の番屋、前回冬に来た時申し訳ないくらい空いてて快適だったけど、「夏は混んでるよー」っておばちゃんがいってたものの、夏でもやっぱガラガラ天国貸し切りだった。温泉前に寄った今井浜海岸は、子供の頃たまに来たときはもっとワサワサしてた記憶があるけど、ほどほどに空いててほどほどな海の家でチューハイで、ザ・ぼくがかんがえた理想のうみ。最高。

 

 

 

電車まで時間があったから、街を散策してたら、こんなイカすマーケットがあったから、アイスでも買ーおうって入った。

 

 

ところがどうして、完全に組合員向けのハードコアな品揃えで、アイスのカケラもない。でもせっかくだから何か買いたい!!で、珍しいモンがあったから買った。サッカリン。使い道はないけど。舐めるの何か怖いし。そのうち、ショーチューに入れて飲んでみっかな。

 

 

 

銚子電鉄に乗りたくて、特急乗って銚子も行った。二両編成に浜崎あゆみが入ったアイドル車掌さんとモジモジ野球部員高校生との交流、甘酸っぺえー。終点の外川、錆びた車両は放置してあるんじゃなくて、博物館になってる。ラビットの郵便バイク、渋いなー。

 

 

 

海沿いの食堂、こんなワイルドな見てくれなのに、お酒お替りするとガッギンガギンの氷ジョッキで出してくれる細やかさ。焼酎ボトルが一升からってのが、漁師町っぽくてイカす。

 

 

 

 

サルエビかき揚げ、ツブ貝刺、美味しゅうございました。テレビでは有名な店らしく、いろんな色紙がベッタベタ貼ってあった。隣の若者たちに、おじちゃんが「TOKIOもここで料理対決したっぺよー」って説明してた。なるほど。お客のおじちゃんおばちゃんの銚子弁がBGMでとても心地良い。朝からやってるみたいだから、午前中は仕事帰りの漁師のおじちゃんで盛り上がってんだろうなー。

 

 

 

■ボンベイにも度々デザイン提供してくれてるシャイな天才画伯、KANATO画伯が8/13から大阪で個展やるそうなので、関西方面、いや関東東北マレーシア方面の方も行ってみてケロー。

 

SUTUDIO&SHOP SLAP 

http://www.studio-slap.com

 

大阪カナト博'17

KANATO Exhibition

 

8/13-9/3 start 15:00~ (2017)

SKYFISH、鎮座DOPENESS、櫻井響などにアートワークを提供してきたカナトの大阪初個展。様々な作品の原画展示に加え、Tシャツやポスター販売も行います。

 

8/13(日)18:00~ ¥1,500(1D込み) opening party @Compufunk

 

CICHO CRUZ/COW'P/DJ SKYFISH/DISTEST/JUNGLE ROCK/Z.Z.Z/カナト

 

 

 

 

 

■覚えている人はいるだろか、年に1、2回電話がかかって来るUMA人間ビラオカさんからさっき電話がかかってきた。何の用かと思えば、

 

「ねえねえ、店長んとこでゲバラのTシャツ売ってないー?」

 

だって。そんなん十年以上前の話だよ。相変わらずブレない。さすが。

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)
2017-07-14 14:58:24

ホンオ

テーマ:ブログ

■小泉コピリンコ先生がいうところの、世界臭い物ベストスリー、シュールストレミング、ホンオフェ、キビャックの内、爆発缶詰のシュールストレミングは手に入らないことはないみたいだけど、苦労する割にはウマくなさそうで、水鳥をアザラシに詰めて発酵させたキビャックはムチャクチャウマそうだけど、北極圏でイヌイットと仲良くならないと食えないからまずムリだしで、発酵エイのホンオフェはギリお店で食べれて、かつ気になる味だったもんで、高田馬場でホンオフェを出すお店があるって聞いてずーっと機会を狙ってたんだけど、ついにバカミチくんなんかと行ってきた。え、ここで?って感じの、大手マッコリメーカーがやってる小綺麗なお店。

 

 

 

 

三合っちゅって、ホンオ、豚バラ、キムチを合わせて食べるのが正式な食べ方だそうで、メニューにも三合で出てる。でもまあ、最初はホンオだけで食べますわな。口に入れて一噛み、二噛みしたくらいでは、あれ、結構普通の白身の刺身?なんだけど、そっからヅガーンッてくる。便所の臭いってよく表現されてるけど、強烈なアンモニア臭。舌がビリビリする。いっつも色んなもん食い行ってるチームで行ったんだけど、俺以外はみんな一口でNGでした。でも便所じゃないんだよなー、なんだろなーこの臭い?ブルーチーズのキツいやつみたいな雰囲気もあんだけど、あれやこれやで、結局、あーっ、キンカンの臭いじゃん!!ってことでみんな納得した。キンカンって、塗る方のやつね。だから、ウマいかマズいかっていわれたら、キンカン味の食い物なんて食ったことないから、そーいった判断の埒外なんだけど、みんなが残したやつ俺が全部食って、ウマくはないけど面白い食い物ってことで、とても気が済んだ。

 

 

 

■パクられてましたよ!!ってチクりが入ったから見てみたら、ウチの丸パクリで笑った。スペインのお店みたい。ウチのが二色刷りだからエラいけどね!!でもじゃあテメエんとこはどーなのよっていわれると、うーん、ムニャムニャムニャ。。。って感じだから結論として、アンタんとこがリー先生に謝っといて!!ってとこ?

 

 

 

 

 

■休みの日はたいがい朝から電車に乗ってお酒飲んでっから、夕方帰る頃はいい塩梅の心持ちになってんだけど、帰り電車で二本目のチューハイ開けてぼんやり窓の外眺めてるときの、うつろになってウツロ汁が出てる感じが最高で、そのためだけに電車乗ってるといってもいいでしょう。ケミカルブラザーズの電車の歌の気分。あの人たちもきっと電車好きだよ。

 

 

 

 

 

■武田百合子単行本未収録エッセイ集「あの頃」、これが本当に最後の最後だろうから、もったいなくてチビチビ読んでる。百合子さんが切り取ると、どんな場面も最高なんだけど、田村正和評が最高だった。

 

「兄さんと弟さんが、考え方とか病気とかを直すように、注意してあげたらどうなんだろう。」

 

って、ヒドいよー。

 

 

 

 

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2017-06-12 15:11:15

おスナック★BLUES

テーマ:ブログ

■Tシャツお届けがてら、お東陽先生のおスナック「秋田ぶるうす」へ初訪問させていただきました。

 

 

予想外(失礼)にゴージャスな昭和おスナックでした。お東陽先生もノリノリで早速展示販売開始したタイミングで、ファンの方が来店で即お買い上げ。ありがたやー。

 

 

アンド、生おサインサービス。「ウンコ描いてもいい?」っていちーち断る優しさ。

 

 

ボンベイジュースのボトル入れてったんで、ご来店の際は勝手にジャンジャン飲んでくだせえ。

 

 

 

 

サービス精神のカタマリのお東陽先生のトーク(主におフーゾク方面)はマジ爆笑。みなさまゼシご来店を。基本、月、水、金ご出勤とのことですが、締切前なんかは臨時お休みもあるそーなんで、お東陽先生とご歓談されたい方は、確認してから行った方がいいかもです。Tシャツは多めに納品してったんで、しばらく在庫あるかと思いますが、ここん家でもイチオー売ってるんで、ヨロシッコー。

 

 

 

■北陸新幹線ができたから弾丸できるなーってんで、初富山。まあ特にナニするってんでなく、いつも通り、商店街ウロウロして、スーパー漁って、ダラダラお酒飲んでくるだけなんですが。

 

 

 

昆布締めコーナーが充実してんのが、さすがって感じでした。お惣菜もダシっぽい、ウマそーなもんが多数。

 

 

半立ち飲み屋で乾きもんあぶったり、

 

 

ソソるお品書きに全立ちしたり。このお品書き眺めてるだけで二合は飲めそう。

 

駅前で回転すし食ってたら、隣のお上品な老マダムが、「あまり慣れてないから。。。」って蛇口お茶で困ってんのお助けした流れで何となく世間話してたら、家が超近所と判明、富山の駅前でそんなことあんですねーで、マダムは「食べ切れないから召し上がって下さる?」って、ゴージャスなネタをおすそ分けくだすった。ありがてえ。これからどうすんのか聞かれたから、ダラダラ酒飲むだけです、つったら、「ダメよそれじゃ。どこか思い出に残るようなとこも行かないと」って諭されたので行ってきた。

 

 

勝手に富山の人は勤勉実直なイメージを抱いてましたが、ドリーム富山競輪には、どこでも変わらぬ煮しめたグレイッシュダンディーたちが溢れてて、いるとこにはいるんだなーってホっとしました。

 

 

競輪場の駅にはこんなキャラが。ハッパ&チンポ。富山の人、案外マジメじゃないのかも。

 

 

 

 

 

■飽きもせずに電車ばっか乗ってます。小田原でアジフライ食うかーって、ロマンスカーで向かおうとしたら、チンタラつまみ買ってたおかげさまで結構発車ギリギリ、慌てて駅の売店で各種ツユを買った瞬間、売店のおばちゃんが「人身事故!!」って駆け出して。結局柿生の人身事故でロマンス全休。ツユとツマミぶら下げて途方に暮れたけど、ちょうどいい時間に出るあずさがあったから、急遽甲府へ。11時ちょうどの~あずさ13号でぇ~♪

 

 

 

映画「サウダーヂ」の聖地巡りもできるなーって。ただ、初めて降りた甲府は、サウダーヂのダウナー感とは全く違って、栄えてんじゃん!!ってびっくりした。んが、駅前から少し離れると、ああーこの辺かーって、ソソられる街並。

 

 

 

 

タマタマ商店街の定休日と重なってたせいもあって、なかなかのシャッター感だったけど、シャッター閉めさせてる犯人がいました。

 

 

 

アンタのせいで商店街シャッター開けられないんだから、早く返してあげて!!

 

 

そしていつものようにスーパーなんかを物色しつつ、イカす食堂が多いなーってソソられて。

 

 

 

そして県庁にはノラネコが集う、なかなかの岩合シティーの模様。街のデパートで岩合さんの写真展やってたし。ああ、岩合さんってキャット界の村西とおる監督ね。

 

 

こーやって、近場をシラミつぶしに弾丸してます。

 

 

 

■こないだ、元ヤングたちと飲んでてベロベロになって、勝手におじさんが好きなミュージシャンベスト3を発表しはじめて、「えー、スライ、ジミヘン、さよならポニーテール」「いやいやトーキングヘッズ忘れてた!!スライ、トーキングヘッズ、さよならポニーテールにします」って、だから何?って延々まくしたてて迷惑を振りまいてたんだけれども、三本指に入るような好きなミュージシャンってのは、十代かせいぜい二十代までに聴いた人たちばっかなのに、四十代も半ばに入って、こんなにアルバム出るたび夢中になって聴きじゃくる人たちに当たったのはありがてえ限りっす。新譜もサイコーだから、聴いたことない人は騙されたと思って買ってよー。千円あげるから!!!

 

 

 

 

夢みる惑星 夢みる惑星
2,700円
Amazon

 

 

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2017-05-24 14:07:16

ときわ

テーマ:ブログ

■チンチン電車一日券で下町おちんちんツアー。まずは昼メシで町屋まで。同じ23区内でも、チンチンでタラタラ行くと一時間半くらいかかる。東京もつくづくお広うごんす。なんで町屋かっつうと、俺たちの山田屋と並んで、昼から飲めるときわ食堂に今度こそリベンジしたかったから。一回目は場所うろ覚えでウロウロ徘徊したあげく見つけられずリタイア、二回目はたどり着いたけど臨時休業で断念、三度目の正直の今回は!!

 

 

 

 

 

建て替え中でした。。。一生たどり着けない気がしてきた。気を取り直して街中華で腹くちくして、あらかわ遊園。

 

 

 

 

 

都電一日券持ってるとタダで入れっから、これだけで一日券400円のモト取った感じ。日本一遅いっちゅうジェットコースター、案外早くてビビる。そして造りが工事現場っぽいザックリ感でスリル二倍。動物園も昭和のザックリ感でとてもイイ。子ヤギ大繁殖祭りで、ペーター気分でヤギをカイグリしまくって、コーフンし過ぎてヤギのクソ踏みまくってた。

 

 

 

 

 

乗り降りすればするほどトクをする、逆スライド方式だから、特に理由もなく何となく降りてフラフラする。まぼろしみたいにユラユラBGMが流れる商店街、ここは何処かとクラクラしてくる。ホント、東京はお広うごんす。

 

 

 

 

 

 

 

終点の早稲田で降りてツアー終了。早稲田はバイトの事務所とバカミチくん家があったから、学生の頃は良く来たけど、多分20年ぶりくらいに歩いた。早稲田大学内でやってる山田太一展見たくて。

 

 

 

 

 

 

特に衝撃的な資料が!!ってことではないけど、ちょうどいい按配で良かったっす。ああこれも見た、これ好き、これ見たいってうち、キャストが結構かぶってっから、どれやどれやらカオスになってくる感もまた。そして会場を出て早稲田の学内をウロウロしてたら、ここ歩いてる学生、全員俺よりお利口なんだ!!って思ってなんかゾクゾクした。

 

 

 

 

 

 

高田馬場までの帰り道、この通りもずいぶん変わったなーって歩ってたら、ソソる看板のお店、そーいや、ここん家は昔からあったけど入ったことないなー、ってはじめて入ったら嬉しいことにお相撲やってた。いま時分、タマタマ入ったお店で相撲がやってっと、それだけでラッキー、満点なのに、目の前で煮えてる煮込みが超ウマソーだったから当然もらったら、こんな美女が。

 

 

 

 

 

どうもー、アンジェリーナ・ジョリーです。って感じ?見てくれだけでジュンって大コーフン。食わなくてもウマいって分かるけど、食ったらもちろんウマい。超ウンマイ!!!東京三大煮込みだか五大煮込みだかあって大体食ったけど、そんなんに掛からなくたって超ウンマイ、オラが街の煮込みがあちこちにあるんだよなー、ってしみじみ感動しました。今回は、東京はお広うごんす、ってお話。

 

 

 

■「皆はこう呼んだ、鋼鉄ジーグ」、鋼鉄ジーグは超合金で遊んだ記憶はあるけど、本編はほとんど記憶に無いから、ギリ物心つくかどうかくらいの頃のアニメなんだけど、何でここで鋼鉄ジーグ?って映画館でフライヤー見てなんか引っかかってて。観に行きました。平日の昼だっつうに、無職感漂う中年(含オレ)で結構混んでて、これは間違いない予感。そしてはじまれば、毒々モンスターx寅さんっちゅう、間違い無いお話でした。毒々的なアクシデントで超人になった主人公、さて!!なんだけど、主人公がプリン食いながらエロDVDばっか見てる、モテない冴えない中年のダメチンピラなのね。モテない冴えない中年のダメチンピラを、明るいファンタジーで描いたら寅さんで、暗く重くリアルに描いたらこの映画になる感じ。主人公エンツォの、スーパーパワーで金強奪したのに、エロDVDとプロジェクターとプリンを大量に買ってくるだけっちゅう、超人になったのに!!のダメ感、タマんないっす。でえ、寅さんっぽく、ヒロインとせっかくイイ感じになるのに。。。のくだりを経てからのクライマックス。寅さんで一番好きな「男はつらいよ 寅次郎ハイビスカスの花」のラスト、リリーとの再会シーンは何回観てもボロ泣きすんだけど、ジーグのラスト、ベクトルは違うけどヒロインとの再会、マジ泣きでした。いい映画だなー。

 

 

 

 

 

 

 

■そしてリリーといえば浅岡ルリルリもメインキャストの「やすらぎの郷」、今年はカルテット、山田孝之のカンヌ、サイタマノラッパー、ひよっこって、自分的にはドラマ大当たりなんだけど、中でも一番面白えー。倉本聰先生の「ぼくがかんがえた老人」の、ええー先生、ボケた?いや、誰か若手ブレーンが?いややっぱスゲーなーって、絶妙な

スットコドッコイ感が最高で、連ドラは溜めがちなんだけど、一秒も溜めたくない感じ。色々おもしれーなー!!って趣向が入ってんだけど、メインキャストの役名とあだ名が本人の横に必ず出るのね、毎回。普通、そーゆーの初回だけでしょせいぜい。毎日出てる人も毎回出んの。お前ら覚えらんないでしょ?って。シルバータイム、老人向けのドラマと銘打ちながら、老人バカにしてんの!?怒られるよ!!って思って見てましたが、一月半くらい経ったらパタっと止んだ。四十九日ってことなのかなー。いや怒られるなー。ちなみに下のキャプチャーはイメージです。あと、ザ・芸能人、ザ・役者の中で、ミッキー・カーチス/真野六郎(マロ)の、いきなり素人が入ってきちゃった感の、演出か地かギリギリなとこ、大好き。でもこの役名(あだ名)の字幕システム、朝ドラの大河モノだと、結局常子は今何歳なんだよ!!ってモヤモヤするから、役名(年齢)でたまにやって欲しいなーと思いました。

 

 

 

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)
2017-04-24 14:52:18

20執念

テーマ:ブログ

■ぼんやり気が付けば、先月でボンベイ20周年でした。まあ今となっては砂上の楼閣っちゅうか無職の手漕ぎ舟っちゅうか、え、やってんの?って感じですが、今年はTシャツリキ入れたんで、久々にボンベイ告知でーす。

 

 

 

 

 

 

 

全くもって偶然にも、20周年っぽくボンベイロゴをガッツリ入れていただきました、かせき画伯のアダルト&ポップイラスト。ヒップ&ジュースっちゅう、シズル感が妙にソソりますねえ。

 

かせきさいだぁ BOMBAY JUICE Tシャツ 2,980円

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今回はおスナック&おムード歌謡って感じでお願いします!!と東陽先生にお願いしたら、こんなスンバラしいのをいただきました。全おスナックのユニフォームにしていただきたい勢いっす。

 

東陽片岡 おスナック★BLUES Tシャツ  2,980円

 

 

 

 

 

 

 

 

KNATO画伯からは相変わらず狂った執念の描き込みいただきました。I'M WITH POTHEAD、先生!コイツです!!って感じでしょーか。コッチ系のネタは久しぶりですねー。

 

I'M WITH POTHEAD  Tシャツ   2,980円

I'M WITH POTHEAD ヘンプTシャツ  3,480円

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

尾崎放哉の面白哀しくも不穏な感じ、Tシャツにしたいなーと思って。全句集から犬と猫をウソ版画にしました。

 

どろぼう猫 Tシャツ 2,980円

どろぼう猫 ヘンプTシャツ  3,480円

 

迷い犬Tシャツ 2,980円

迷い犬 ヘンプTシャツ  3,480円

 

 

 

 

 

トーキングヘッズの名曲(Nothing But) Flowersは曲も歌詞も最高に素晴らしいんですが、文明が全て消え去ってただ花だけがある世界で途方に暮れちゃってんの、恐ろしくも切実じゃあないですか。

 

(Nothing But) Flowers ヘンプ Tシャツ  3,480円

 

 

 

 

っちゅうことで、ひとまず初回分5/7(日)締切でご予約承っておりますんで、ヨロシコシコシコシコシコーッ!!!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2017-04-08 13:59:33

駅前

テーマ:ブログ

■仕事机の下に書類がグチャグチャに突っ込んであんの、整理したらお相撲スクラップが出てきた。アイドル感出てる。

 

 

 

 

 

 

 

相撲協会のサイトもギリあったか無かったかとかじゃないかな。新聞切り抜いて星取表も付けてた。

 

 

 

 

 

とにかく、魁皇が大好きだったんだけど、高見盛ブームも来たんだよね。インタビューがホントヤバくて。こりゃ一大事だ!!ってかなり追ってました。

 

 

 

 

 

 

こんなエピソードも忘れてたけど、高見盛がボロボロ泣くから面白がって監督が「母さんが夜なべーをして♪」って歌って聞かせたって、スゲエ話だよなー。誰に見せるでもなく、こんなん一生懸命作ってたの、この頃は相当、相撲にお熱でした。で、なつかしーなーってパラパラ見てたら、一番最後のページにナゾの封筒が貼ってあった。

 

 

 

 

 

 

 

ペニファイト???全く記憶に無い。カードっぽいものが中に入ってる。開けてみたら、ホントにペニファイトの写真が入ってた。詳細に説明するのは憚られますが、昔ペニスに輪っかが通ってた時の、ビックリ人間トライアルみたいな、鎖につないでバス引っ張るみたいな、ギャーッ、モゲるー!!みたいな、そんなペニファイトのポラロイド。なんでお相撲スクラップの最終ページにこれ貼ったかなー。ぼくがかんがえた力士ってこと?

 

 

 

■サンダーキャットさんのこの曲、このファンカデリックヅラなのにこんなシャレてて、ほいでサビが延々、ネコってイカスねニャーヤーニャーネコってイカスねニャーヤーニャーネコってイカスねニャーヤーニャーって繰り返してるだけなの、イカす。

 

 

 

 

 

 

 

 

■空族の新作って以外、ほとんど情報入れないで観た「バンコクナイツ」、冒頭、ラジオからバンコクポンチャックが流れる中、主人公が乗ったトゥクトゥクがバンコクを疾走するシーンでもう、元取った!!って感じだけど、物語の舞台が、バンコク、ノーンカイ、ヴィエンチャン、バンビエンって、俺が大なり小なりウロついたりツユ飲んだりシッコしたりした街ばっかで、ギュンギュンしまくりで、個人的にかなりスペシャルな一本になりました。いやでも、その辺に全く興味が無い人でも、タイの田舎の埃っぽい、いなたい風景はグッと来るんじゃないかなー。あと、音楽がホントイイ。オリジナルトラックからタイ東北イサーンの伝統音楽まで幅広いけどみんなイイ。特に、電気チンドントランスバンドのパレードシーンはシビれたなあ。空族は映画をソフト化せず、映画館でのみかけるって主義っちゅうことだけど、バンコクナイツは正直、かなり長いし、途中ダレもするから、家で観てたらシッコしたり酒取り行ったりしてる内、つづきは明日!ってなっかもしんない。んだから、映画館でビッチリ没入して観れんの、贅沢だなーって思いました。ダメな人しか出てこないけど悪い人は出てこない、何もまとまらない、ただ続いていくこの感じ、すごく好きっす。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

■秩父はイイ感じで好きな街だからちょいちょい行ってるけど、いつも弾丸だから、一回くらいゆっくり飲んでみたくて泊まりで飲み行った。駅前に、ガジャガジャーって飲み屋が集中してるとこがあって、前から気になってたとこを攻めてみました。昼からいつも盛り上がってて、きっと近所のだめじじいの溜まり場なんだろうなーって思ってた焼き鳥屋は、マジメな鉄ちゃんマスターの鉄鳥屋で意外だった。「いやあ、今日忙しくて、模型の手入れ全然出来てないんですよーっ」ってそっちのが大事なんですよねー!!っちゅう。

 

 

 

 

宿帰る前に、も一軒行くかって入ったら、マスターとおぼしきおじさんがが客席で飲んでてベロンベロン。もうカンバンかなーと思ったけど、いいよいいよ、飲んでってよーっちゅうことだからお言葉に甘えて一杯だけ、で座ったら、勝新太郎と三國連太郎を煮っころばしたみたいなマスターがグイグイ来んのよー。お通しのシイタケがウマかったから、これウマイっすねー、地元のですか?って聞いたら、冷蔵庫からシイタケのパックを出して、

 

「おう、これ、○○さんのシイタケだから、普通じゃ手に入んないんだぞぉ。ほれ、これ390円もすんだから。わかった!!しょうがない、これ特別に500円で売ってやっから!!」

 

「ええー、これ、そこの道の駅で売ってるやつじゃないんすか?」

 

「ナニいってんだよ!!よおし、もしこのシイタケ持って来れたら、おじさんが500円で買ってやるよ!!」

 

押し売り押し切られた按配に。次は蕎麦の自慢がはじまって、

 

「蕎麦食わねえか?蕎麦。ウチの蕎麦食ったら、他ん家の蕎麦食えねえ、ってここらじゃ有名なんだから!!!」

 

で、今度は冷蔵庫から蕎麦のパック出して、

 

「ほれ、これ、500円もすんだから!!500円の蕎麦800円で出してんだよお。儲けないよ!!」

 

「ウチは酒飲まないやつには蕎麦出してやんないんだから。昼の客で10人で来たって、一人も飲まなかったら蕎麦出さないよ!!!」

 

なんかもう、色々面白過ぎてなんもいえねえ。

 

 

 

 

んで結局、「じゃあ分かりましたよ!!明日昼蕎麦食いに来ますよ!!シイタケもそん時いただきますから取っといて下さい!!」ってお勘定してもらったら、シイタケ代がもうお勘定に付いてた。ちゃっかりしてんなあ。帰り際、マスターが、

 

「なんでこんなとこ上がってきたの?」

 

だって。看板に「上がってきてね」って可愛く書いてあんのに。

 

 

 

 

 

 

そして約束守って昼に再訪すると、魂が抜け切ったうつろなマスターが、

 

 

「ああ、えーっと、昨日の人だっけ?」

 

 

って。。。。テンションが異常に低いの。「うわー、コイツらホント来ちゃったよー」みたいな。まあここでこっちまで」引くわかにも行かないんで、一杯飲んでから蕎麦を頼んだ。えーっと、蕎麦はまあ、普通。でもせっかくだから褒めないとって、「おじさん、お蕎麦ウマイっすねー」って振っても、

 

「。。。ん?ああ、まあね。。。」

 

 

昨日の自慢テンションゼロ。なんなんだよー!!ンモーッ!!

とはいえ、なごり雪がしみじみ冷える中、普通の蕎麦食いながらおじさんと高校野球見てボソボソしゃべってんの、しみじみくだらなくて良かった。結局、おじさんからシイタケとイチゴ買って帰った。

 

 

 

 

 

 

裏道の渋過ぎるにもほどがある銭湯、現役の模様。一泊したおかげで今まで歩ってなかった裏道もウロつけて、おじちゃんの押し売りにも合って、とても楽しゅうございました。

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2017-03-14 15:46:50

煮いか

テーマ:ブログ

■6、7年ぶりくらいに水戸に行った。コーモン様梅まつり。梅まつりは桜まつりよか平均年齢が20歳くらい高くて、俺なんかまだオムツ取れてない感じ。

 

 

 

 

屋台がたくさん出てて、屋台飲み屋も好きなんだけど、常設茶店の、常設?仮設?常設です!の掘っ建て感にやっぱギュンギュンする。公園茶店はホント、タマんねー。

 

 

 

 

 

そーいや、秩父の屋台に煮いかって珍しいのがあって、あとは茨城にしかないらしいってのを聞いたんだけど、ありました。

 

 

 

 

 

秩父のはまっ茶色に煮染めた渋いイカだったけど、茨城のはハレーション起こしそうな色合いでバンコク感がイカしてた。駄感がとてもおいしかった。

 

 

 

 

 

水戸の不動産コングロマリットは80'Sファンシー派らしく、巨大ビルの上をはじめ、町中に入居者募集のファンシー不動産看板があふれていて、前来たときよりも伸びしろ日本一感が増したような。。。切なさもありましたが、元赤線、確か、の飲み屋街は健在でホッとした。弾丸ツアーで夜の街は徘徊できなかったのが残念、また会う日まで。

 

 

 

 

■できれば365日違う店で飲んでいたいっちゅう、お口のユルいノミヤビッチ・フルチンスキーだから、常連どころか、マスターに顔憶えられてるような店もほとんど無いんだけど、数少ない、行けば「ああー、ご無沙汰」っていってもらえるお店、心の名店に久しぶりに行けた。

 

 

 

 

昔住んでたアパートからギリBB弾が届くくらいの距離にあって、その頃はチョイチョイお邪魔して、この、カシラっていうの?オイシーナーって、初めてカシラを教えてくれたお店。ぬか漬け頼むと、たいてい「古漬けしかないけどいい?」って、味の素がバッチリかかった酸っぱいぬか漬けと、

 

 

 

 

異常にナカが多いホッピーと、

 

 

 

 

ピッチリチャッコイビューティフルもつ焼き。

 

 

 

 

 

下町の、大ぶりなもつ焼きも美味しいしお得感あんだけど、正直、3、4本食べたら腹がくちくなってあれやこれや食べれないから、俺はこんくらいチャッコくて、一口でグイーッて食えちゃうくらいのが好きだなー。相変わらずしみじみ最高でした。

 

 

 

 

今の場所に移って十何年になんのかな。移転当初は清々しかっただろうひょっとこ夫婦が、デスひょっとこになってんの、イイねえ。

 

 

 

 

■ふと思い立って、尾崎放哉を読み返してんですが、昔は気が付かなかったとこがたくさんあって、素晴らしい。

 

 

有名な

 

「咳をしても一人」

 

に続いて、

 

「墓地からもどって来ても一人」

 

で、一人過ぎ!!とか、

 

 

「犬をかかへたわが肌には毛が無い」

 

「どろぼう猫の眼と睨みあつてる自分であつた」

 

の、一人だけど動物とはヘンに絡むなー、とか、

 

 

「入れものが無い両手で受ける」

 

の後で、

 

「よい処へ乞食が来た」

 

って、ああー、二人で両手入れものにして仲良く運んだのかな?

 

 

とか、すごくおかしくて、でも、

 

「たばこが消えて居る淋しさをなげすてる」

 

「笑へば泣くやうに見える顔よりほかなかつた」

 

なんかの、ストレートにグッとくる感じ、

 

 

そして最後、死の直前に残した句、

 

「肉がやせてくる太い骨である」

 

「やせたからだを窓に置き船の汽笛」

 

「春の山のうしろから烟がでだした」

 

 

胸がギュゥーッとつぶされるようで、何もいえない。

また忘れたころに読み返したい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2017-02-08 12:28:53

たま

テーマ:ブログ
■ずいぶん久しぶりに川越猫屋敷に行ったら、かなり廃墟になってた。大量のアサヒドライの空き缶があったので、暮らし向きは悪くない模様。ネコは一匹だけいた。
 
 
 
 
観光客でワッショイワッショイの小江戸川越通りからちょっと行ったあたり、イイ感じの横丁があったから入ってみたら、廃墟だった。
 
 
 
 
 
そして廃墟を越えて裏道歩ってくと、住宅街に「たま庄内こちら」の貼紙が。
 
 
 
 
 
気になるから追ってみっと、矢印通りにたどってもたどっても、貼紙が続くばかりでナカナカたどり着けず。
 
 
 
 
いい加減、住宅街にかなり入ったあたり、たどり着いたらタマがコト切れてた。。。。
 
 
 
 
 
そそくさと逃げました。
 
 
 
特急川越小江戸号を降りる直前に、ドキュメント72時間で見て、こんなん近所にあったら行きてーってギューンとなった東北の定食屋チェーン半田屋が川越の外れにあるらしいと判明していたので、タマから逃げてそのまま向かった。寒風と埃吹きすさぶ16号沿いを、ホントにあんのかなーってトボトボ歩いてしばし、不安が頂点の頃、あった!!半田屋!!
 
 
 
 
お酒もお惣菜も取り放題。タマんねっす。
 
 
 
 
ワンカップ飲みながら眺めるロードサイド北関東ダイナー感、シビれました。生まれた時からワンカップ、半田屋さんありがとう。
 
 
 
 
 
 
 
 
帰りしな、駅前の飲み屋に出入り禁止のじじいの写真が指名手配っぽく貼ってあって、出禁なのに浮かれてる、満ちゃんアンタ何やらかしたの!!?って気になりました。
 
 
 
 
 
 
■当然面白いだろうとは思いつつ、ブ厚いから持って歩って読めないしな。。。って何となく買いそびれてた村西監督半生記「全裸監督」、今月閉店の阿佐ヶ谷書原で最後の一冊になってたから、これは買えってことだな。って即買い。オンもしれかった!!!!!過剰なエピソードの数々に胸焼けしてどれもクラクラすんだけど、フォーリーブス北公次のジャニーズ告発本の黒幕が村西監督だったって話、地味にへぇーって思いました。
 
同時期に観た「ホームレス理事長」、村西監督から邪気を抜いてグッと小粒にした感じだけど、狂気の振れ幅は監督並で、これもまたスンゲーおんもしれかった。過剰な人の話はタマンねっす。
 
 
 
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。