【ボクラ団義を応援して下さる全てのみなさまへ大切なお知らせ】 | ボクラ団義公式ブログ
2019-02-15 22:00:21

【ボクラ団義を応援して下さる全てのみなさまへ大切なお知らせ】

テーマ:ブログ

日頃よりたくさんのご声援誠にありがとうございます。

ボクラ団義です。



本日は皆様へとても大事なお知らせをさせて頂きます。



ボクラ団義メンバー

[松嶋沙耶花]

が、今月25日の『ボクラ〇〇TV~宇宙への道~』公開収録をもちまして、ボクラ団義を退団する運びとなりました。



つきましては、本人より皆様へ、この場をお借りしてご報告とご挨拶をさせていただきます。




---松嶋沙耶花よりみなさまへ---



いつもボクラ団義を応援してくださる皆様、そして関係者の皆様、


この度、私、松嶋沙耶花は、2/25(月)『ボクラ○○TV~宇宙への道~』公開収録の場をもちまして、企画演劇集団ボクラ団義を退団させていただくことになりました。


突然の発表で驚かせてしまい、まことに申し訳ございません。



退団の理由としましては、今後の自分の長い人生を見据えたときに、ここらで少し”走り方”を変えてゆく時期だな、と感じたからです。ここ2年ほど、ずっとそんなことを考えつつ、しかしながら大好きな仲間たちと一緒に居たい気持ちが強かったことも大きく、悩みながら今日まで来ました。


もちろん、ボクラ団義メンバーとして、この5年間をがむしゃらに走ってきたつもりです。そしてこれからも、演劇は続けますし、役者自体引退はせず、真摯に取り組んでゆく所存です。

ただ、私個人の将来に向けて、少しだけ方向を変えていきたいなという思いから、

ワガママを言ってこの度辞めさせていただく運びとなりました。


ですので、今後もし、もしまた松嶋に会いたいな、と思ってくださる方がいらっしゃいましたら、劇場でも、どこかでも、また必ずお会いできると思っておりますので、これからも温かく見守ってくださいますと幸いです。



最後に、ボクラ団義主宰の久保田さん、メンバーのみんな、客演時代を含めるとちょうど10年ほどの付き合いになる人も何人もいて、


なんとゆうか、家族のように本当に色んなことがあって、とても腹立つこともたくさんあったし、泣ける出来事もありすぎたし、

でもそれ以上に、お腹が痛くて死にそうなほど笑い転げた日々がたくさんありました。

とても濃い5年間で、きっと、いや絶対今後につながることもたくさんあると感じています。


みなさま本当に本当に、ありがとうございました。


今後とも、ボクラ団義への変わらぬご声援のほど、何卒宜しくお願いいたします。


松嶋 沙耶花


-----





また、以前より家庭の事情の為休団しておりました

[中村宜広]

につきまして、かねてからの事情を鑑み、退団、そして役者を引退することとなりました。


中村からもこちらにてご挨拶させていただきます。





---中村宜広よりみなさまへ---



ボクラ団義を応援してくださっている皆様、ご無沙汰しております。

中村宜広です。


長い間音沙汰が無くなってしまっておりました。

ご心配してくださっていた方もいらっしゃって、嬉しくも申し訳なく感じております。



私ごとかつ家庭のお話ではございますが、急遽実家に戻ることになり、劇団と役者の活動を休止しておりました。



結論から申し上げまずと、このどちらに関しても復帰が難しい状況であり、退団と引退…という形の判断をさせて頂くことになりました。


落ち着いたら復帰を…という願いもかすかにはあったのですが、環境や自分の気持ちがそれを許す状態ではなく、最初は一時的ということで北海道に戻っておりましたが、このまま地元で働き、暮らしていこうと考えております。



たくさんの迷惑を色々な人にかけて、生きてきまして、その最たる相手がやはり親でした。少しでも恩返しをしつつ、この先を歩いて行けるように頑張りたいと思っております。


また、それに際して、劇団にみんなにたくさんの迷惑をかけてしまったことも申し訳なく思っており、また、劇団や僕自身を応援してくださった方々に、面と向かってご挨拶が出来なかったことも心残りです。


勝手な形となってしまい、申し訳ありませんでした。



最後に、これからもボクラ団義は皆様に楽しんでもらえる、形のない素敵なものを創り続けていくことと思います。



どうかこれからもボクラ団義への変わらぬご愛顧のほど、よろしくお願い致します。




中村宜広



-----



最後となりましたが、主宰・久保田より皆様へ、二人の退団に際するご報告とご挨拶をさせていただきます。



---主宰・久保田よりみなさまへ---



 日頃から応援してくださっている皆様、いつもご声援、本当にありがとうございます。主宰の久保田唱です。

 本日、これまで劇団員として活動して参りました中村宜広・松嶋沙耶花の二名の退団をご報告させて頂きます。中村は2011年より客演として参加してくれて、劇団員としても約8年間、松嶋は客演として参加してくれたのは2009年が最初で、劇団員としては約5年間、ボクラ団義メンバーとして活動を共にしてくれました。


 退団の理由としては、それぞれからの挨拶にある通りです。ボクラ団義も劇団活動11周年を迎え、現在12年目。最近入った新劇団員を除けば、全員が30代中盤〜40代に入ってきて、それぞれ環境・状況・心境、様々なものが変わってくる時期だと思います。諸々の変化があるからこその人生の中、更に変化があって当然の年齢の二人。主宰としましては、本人たちの意思を聞き、承諾し、そして今後を元主宰として見守っていく思いでございまして、この度のご報告に至りました。

 中村は役者業を引退して実家・北海道へと、松嶋は退団しつつも役者業は続けていきます。嬉しいのは、その中二人とも挨拶の中で、今後もボクラ団義のことを大切に思ってくれるように書いてくれたこと。劇団員としての形ではなくなりますが、今まで退団した他の劇団員が今でも、会えば昔のように笑いあい、何も変わらず話し合えたりするように、中村・松嶋の二人も、道は違えますが、純粋に仲間としてこれからもずっと居られるのだと思います。


 中村に関しては、休団のご報告をしてから、皆様に再びお顔をお見せできることなく今回の退団となってしまったこと、残念に思うのと共に、皆様にお顔を見せてご報告出来なかったこと、大変申し訳ない気持ちです。ですが、本人もこうして元気に挨拶を寄せてくれました。これから北海道の地で、新たな人生を歩んでいくことと思います。どうか、優しく見送って下さったらと思います。


 また、松嶋は、本人からの言葉もある通り、共に番組を運営する岡部直弥氏からも快い承諾を頂き、次回の『ボクラ◯◯TV』の公開収録にて、皆様にボクラ団義メンバーとしての最後の姿をお見せできることとなりました。勿論、本人は役者業を続けていきます為、これが最後の機会というわけでもありません。彼女の道はずっと続いていきます。

 その中、もしよろしければ、劇団員としての最後の姿を見に来て頂けましたら嬉しく思います。


 活動、そして生活の場は変わりますが今後とも中村・松嶋の二人のそれぞれを、ご声援、また応援頂けましたら幸いに思います。何卒よろしくお願い致します。


企画演劇集団ボクラ団義主宰 久保田唱



-----




本人及び主宰からの挨拶の通り、中村宜広・松嶋沙耶花はこの度をもってボクラ団義を退団致します。


中村は、ただ今地元・北海道にて暮らしております為、みなさまの前で改めてご挨拶させていただく事が叶いません。

中村の復帰を心待ちにしてくださっていましたみなさまには大変申し訳ございませんが、何卒ご理解賜りますようお願い致します。


そして、松嶋は、本人からもございました通り、ボクラ団義メンバーとしてみなさまのお目にかかれるのは

2/25(月)の『ボクラ〇〇TV~宇宙への道~』公開収録が最後となります。

宜しければ、是非“ボクラ団義・松嶋沙耶花”に会いに来てください。



そして、退団後の中村宜広・松嶋沙耶花それぞれのこれからを、今後とも変わらず応援して頂けますと幸いです。




企画演劇集団ボクラ団義


ボクラ団義さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントする]

Ameba人気のブログ