「政治と権力」 | bokeneko22のブログ

bokeneko22のブログ

ブログの説明を入力します。

 

 

        「政治と権力」

   ∞9次元アクトゥリアン評議会

 

--ダニエル٠スクラントンさん経由--

 

 

 

“ご挨拶申し上げます。

私たちはアクトゥリアン評議会です。

私たちは皆様と繋がれる事を

嬉しく思います。

 

 

 

私たちは

政治システムや政権運営の選挙方法等に

詳しいのです。

 

この伝達を受けた人のほとんどは 、

そこに存在する政治システムに

組み込まれている腐敗を知っていいます。

 

そして、

誰が舞台裏で何をしているのかについて

多くの理論もあることも知っています。

 

あなたがたは

長い間、政治指導者や政府に

信任を置き続けてきました。

 

そして、あなたがたが

完全に幻滅する瞬間まで、

何度も失望させられて来ました。

 

誰が本当に人々のために政治家として

存在しているのかは、

判らなくなってきており、

 

選挙と選挙で選ばれた

立候補者の演説に従い、

誰かがやって来て解決してくれるという

希望をあなたがたは持ち続けています。

 

 

 

そして、

私たちは単なる贈収賄の腐敗以上の

ものについて話しており、

 

非常に進んだ技術を利用できる

とても裕福な個人や、

影の政府やカバール組織や、

様々な種類の陰鬱な儀式行為について

扱っています。

 

繰り返しますが、この送信を読んでいる

あなたがたはこのようなことに関して

十分な教育を受けています。

 

ですから、政府と、

おそらくあなたの政府を運営している政治家

と思われる方々に関して、

何が起こっているかに

あまりにも多くの注意を払い、

信任を与えている人たちに向けて話をします。

 

 

 

政府の建物で行われている事や、

政府の建物外の極秘会議で行われている事

から、皆さん全員が自分自身の中心に戻り、

注意をそらしてもらいたいと思っています。

 

主権者として地球上にいる人々は

右派、左派、リベラル派、保守派、

そしてこうした情熱を持って

これらの政治的舞台で演じる

他のあらゆる極性を統合する者として、

あなた自身を体験してほしいだけでなく、

 

反対側に対するその憎しみと、

政治的スペクトルの反対側に

立っている人々の信念をも統合する視点に

立ってほしいと思ってます。

 

 

 

その代わりに、心の中を見つめ、

自分のあらゆる面を統合する能力を

感じることを、

 

つまり、

自分とは違う他の‘チーム’に投票する

誰かを政治的に愛する能力を

感じることをお勧めします。

 

また、恐らくあなたがたは

決して政治事務所を持たず、

これらの影の人物が

持っているような種類の銀行取引明細書を

持っていなくても、

 

あなたがたが

どれほど強力かを知ってほしいのです。

 

そして、陰でネガティブ側の人間に

逆らう人々を威圧するために、

外を振り返る必要はありません。 

 

あなたがたは愛と思いやりを持って集まり、

すべての人類によって共創された

腐敗したシステムを利用した人々のために

心の中で真の許しを感じる必要があります。

 

 

 

あなたがたが住んでいるこのシステムは、

真空で作成されたものではありません。

 

それはすべての人によって創造され、

人類と惑星地球を破壊せずに

どこまで行けるかをテストするために

作成されました。

 

そして、あなたはスペクトルの反対側に

非常にうまく行き、何とか生き残りました。

 

そして今こそ、団結するべき時です。 

 

今こそ、あなたがたが信じているものとは

違うものを信じている人たちに対する、

あなたがたの言葉や憎しみという形で

出てくる武器を捨てる時でもあります。 

 

愛こそ人類が満たされるものであり、

それはあなたがた一人一人が、

あなたがたの仲間の人間が、

とても必要としている愛になることから

始まります。

 

あなたがたは法律を必要とする以上に

愛を必要とするからなのです。

 

 

 

そして、目を覚ましているあなたがたは、

生まれる前でさえ、

人類を約束の地に導く上で

非常に積極的な役割を果たすことを

決めました。

 

心はその道を指し示しており、

心の中で感じるものや、

自分や自分から溢れる愛の量に

重点を置く程に、

あなたがたの到達点へ早くに着くのです。

 

そこで皆さんには、

外で起きている事に関して、

飛び交う言葉や政治的な対応に

注意を払ってもらいたいのです。

 

自分が何者なのか、なぜそこにいるのか、

そして何をするべきなのか、

思い出してください。

 

そして、それがイデオロギー以上のものを

導くようになるでしょう。

 

 

  

私たちはアクトゥリアン評議会です。

私たちは皆様と繋がれた事を

楽しんでいます。”

 

 

 

 

Daniel Scranton blog 2019年9月19日投稿(日本時間)

 

 

YouTube動画

写真:Karin Miller