boende-blogのブログ
  • 28May
    • グルップボエンデ井荻 2020年4月介護日誌

      4月2日(木)「最後の桜を見に行きましょう」とSKさんをお誘いして散歩に出かけました。遊歩道を歩き区民センターでオタマジャクシを見て桃井第五小学校まで行くと「チューリップが咲いてます。」と嬉しそうにお話になったので「写真を撮りましょう」とチューリップの傍に座って頂くと「母校なんです。親も子供も孫もここの卒業生何です。」と笑顔でピースサインをされています。4月3日(金)今日はTTさんと散歩に出かけました。遊歩道から少し歩くと、この辺りは閑静な住宅が広がり緑も多く、その中の何件かに「杉並区の指定保護樹木」に指定された大木の桜の木があります。今は桜が満開の季節で今日は驚くほど見事に咲いていました。TTさんに「桜の名所に行かなくても、ここの桜で充分ですね」と話しかけると「そうだね!この幹周りはすごいね、まるでタコの足のように幾重にも広がって綺麗なものだね」と、満開の桜に感動されていました。「だけど強い風が吹くとあっという間に散ってしまうんだよ、桜の花とはそういうものなんだよ」と桜の花のすばらしさと桜の花のはかなさを切々と語っている表情はとても印象的でした。4月9日(木)コロナウイルスの影響で面会が難しくなってしまったご家族さまに向けて、写真とメッセージを送って頂こうとティータイムの時間にお声掛けしました。慣れた様子でスラスラ書かれる方、口頭で代筆してほしいと一生懸命言葉を考える方、紙とペンを持ってじーっと考えこまれる方など様々でした。「いつ送るの?」「必ず届けてください」と何度も念押しされるDFさん。FSさんは久しく筆を持っていませんでしたが、ペンを握ると姿勢を正し凛とした表情で文字を書こうとされていました。TTさんは「手紙なんて書いた事ないからなあ…。急に送ったらびっくりすると思う。」「何か伝えたいときは電話で言うよ。妻にも息子にもね。私は亭主関白だったから」と。「たまにだから良いんじゃないですか。書いてみたら」とSHさんが後押ししてくださるも最後まで「いやいや…」と照れ笑いされ筆を取る事はありませんでしたが、奥様や息子さまについて沢山お話してくださいました。4月12日(日)今日はSKさんが、昼食作りを手伝って下さっていて、野菜を切りながら「あの、昔ね、8時だよ!全員集合を見てましたか?」と、聞いてこられました。「もちろんです。ずっと一時間笑いっぱなしでしたよね。」と答えると、SKさんは、「そうです。もう面白くてね、毎週土曜日の夜に、家族みんなで見るのが、楽しみでしたよね。」と話されていました。 その後に「辛い事や嫌な事があっても、笑うと気持ちが晴れていました。不思議ですねー。 笑うことって、大切ですよね。」と言われたSKさんの言葉が心にジーンと響きました。4月17日(金)昼食後に居室へ戻ろうとしていたSHさんと廊下で遭遇しお話をしました。その中でも1番話題に上がったのはコロナウイルスについてです。とても心配されている様子で、安心してほしいと思い「病は気からとも言いますし考え過ぎず、対策もしているので信頼して下さると嬉しいです」と声を掛けると、「そうね!そう言われると元気が出てきたわ。一緒に頑張りましょう。」とおっしゃって下さいました。4月26日(日)午後SHさんの要望で近隣にある竹林を探しに散歩に出かけています。本人も道を覚えていない様子ではありましたが方角を指示され散歩しています。道中に咲く花や昔からあるであろう民家を見られ「やっぱりこの辺り全然知らないのね私。やっぱり散歩に出かけられると新しい発見があるわね」と笑顔で話され満足そうにされていました。4月30日(木)NTさんと入浴へ向かう途中、「今美容院に行けなくて、髪が伸びっぱなしなんです。どうしましょう。」と話しかけました。すると、「ちょっと後ろ向いてみて」とNTさん。私の後ろ髪をまじまじと見て、「段が入ってるから、襟足ちょっと切ればいいと思うよ」とアドバイスしてくれました。「ちょっと見ただけでカットがどうなっているか分かるんですね!」と驚きを伝えると、「もう50年以上カットしてたからね」と誇らしげな表情をされています。50年も自信を持って何かをやり遂げてきた姿が素敵だなあ、と感じた一コマでした。4月30日(木)朝から天気が良くお散歩の声掛けに「そうだね。行こうかな」と中瀬幼稚園~井草区民センターまで沿道の花々を見ながら行くと、ある1軒のお宅の縁側にかなり年期の入った「足踏みミシンがあるのを発見。思いもかけずTTさんから「そう言えばお袋がリッカーミシンと言うのを使っていたね。その後には蛇の目ミシンかな」と話され傍の竹林の筍を見ては「足で踏んで何か当たるな?と思える程のが美味しくて良いんだよ」と懐かしそうに季節を感じておられました。やはり外出をして回想している表情を見られ「良いなあ」とこれからも天気のいい日にはお誘いして行きたいと思いました。

    • 上井草グルップボエンデ あさぎ 2020年4月介護日誌

      4月某日ある日のティータイムで「美味しい物が食べたいわね」「家から近いうなぎ屋によく行ってたわ」「あそこは美味しいよな!久しぶりに食べたくなったな」と話されています。外出・外食は難しいが出前ならと、お弁当を頼みました。皆さんよく召し上がられていました。4月25日(土)今日はI.Aさんの93歳のお誕生日で午後のティータイムにあさぎのお年寄り全員でご本人ご希望のチョコレートのケーキとお花を贈呈しお祝いとなりました。Iさんはご高齢という事もありいつもは午後お部屋で休まれる事が多く、お祝いがもしかしたら難しいのかなと思っていたらタイミングよく起きられ皆さんでお祝いする事が出来ました。皆さんからのバースデーソングなどIさんとても嬉しそうにお喜びになられ本当に良かったなと思いました。4月30日(木) とあるお年寄りの大好物のパッションフルーツがご家族より届いていた為、15時のおやつに召し上がっていました。「いい匂いね」と仰り初めて見るパッションフルーツに期待が膨らみました。いざ召し上がってみると…酸っぱさに皺を寄せる方、食べにくく種を出す方、ゆっくり味わう方、大喜びで食べる方…。三者三様という事でした。玄米茶もよく進みました。

    • 上井草グルップボエンデ あんず 2020年4月介護日誌

      4月15日(水) 買い物などの外出を極力控えるようになり、食材の買い物はネットスーパーの利用もしています。お年寄りと一緒にパソコンの画面を見ながら食べたい物を選んで頂きました。KMさんは「私何でも食べるよ。」と仰り、OMさんは「私、アイスがいい!」とリクエストがありました。あんずのお年寄りの皆さんがお好きなチョコレートアイスを購入しました。コーンフレークや生クリーム、手作りゼリーを用意して、チョコレートパフェを作ると「何これ?美味しそうね!」「こんなの出てくるの?嬉しい。」と喜んで下さいました。今は、外出できなくても楽しめる工夫を毎日考えながら仕事をしています。工夫したり、試してみたことで喜んで下さるのはとても嬉しいのですが、心置きなく外出できるようになったら、お年寄りの皆さんと一緒に美味しいパフェを食べに行きたいなと思った1日でした。4月25日(土) 本日の夕食は、手作り餃子でした。餃子の皮がカリっと焼けており、中は柔らかくジューシーでとてもおいしく出来ていました。一緒に召し上がっていたHKさんとYKさんが「おいしいわね、大きさもちょうどよくて」と笑顔でお話ししながら召し上がっていました。市販の餃子にはない手作りの味と大きさと焼き加減がとてもおいしく感じられたようです。本日の夕食スタッフも、お年寄りにおいしく召し上がって頂けるよう、焼き加減に注意しながら焼いていたようです。少しの心使いだけでも大事なことだと思いました。

    • 上井草グルップボエンデ あかね 2020年4月介護日誌

      4月10日T.Sさんの92歳のお誕生日で、お昼はT.Sさんのご希望の鰻を「おいしいね!」と皆さんと召し上がられました。ケーキ屋さんが閉まってしまった影響で、豪華なバースデーケーキ!とまではいきませんでしたが、大好きなチョコレートケーキをご用意し皆さんと一緒に召し上がられています。F.Kさんから「おめでとう」と声をかけられたT.Sさんは素敵な笑顔で「ありがとうございます」と答えられていました。4月20日H.Yさんの90歳のお誕生日でした。昼食には好物とのことですき焼きのお弁当を注文し皆さんと召し上がられ、15時にあかねユニットのお年寄りの皆さんでお祝いをしました。H.Yさんの好きな真っ赤な薔薇の花束を渡すと「綺麗ね真っ赤で、これは薔薇?とっても綺麗。」と仰られ、とても喜ばれているようでした。4月29日(水)愛犬を連れ皆さんに会いに行きました。Y,Nさんは「あら‼来たの?」「ワンって聞かせて。」とニコニコされ、一緒にお散歩に出かけました。T.Sさんも「クロちゃん?ぼくちゃんお散歩行きますか?」と仰り一緒に出掛け「いいわね。お花綺麗よ。」と話しかけられていました。外出や買い物に行けず、楽しめることが限られる中で、少しでも癒しになれたのかなっとうれしく思いました。

    • グルップボエンデ井荻 2020年3月介護日誌

      3月5日(木)桃の節句が過ぎ、今日は飾っていたひな人形を片付けました。スタッフが人形ひとつひとつ紙に包んで収納している姿をみて、TTさんが「これ全部しまうの大変だな」と声を掛けてくださいました。「ひな人形って結構高いんだよ、でも女の子は自分のひな人形だと思うと嬉しいんだよな」と話されています。SKさんも名残惜しそうにされています。「お嫁に行かれなくなっちゃうから早めに片付けましょう」とスタッフが言うと、「誰がご結婚されるんでしょうね。」と冗談をおっしゃって一緒に笑い合いました。3月8日(日)今日は、朝から雨が降っていて、寒く感じました。お天気が悪いと、気分も何となくスッキリしないものですね。昼食に「天ぷら」を作りました。SYさんが、12枚のお皿にそれぞれ半紙を敷いて、「かぼちゃ、ピーマン、舞茸…」と確認しながら、丁寧に盛り付けして下さっていました。皆さんテーブルに揃って、食べ始めると「美味しいわねー」と、隣に座っている方と頷き合って召し上がっていました。食事が大体終えた頃、TTさんが、「昔はよく、新宿のつな八で食べていたよ。」と、懐かしそうに話されていました。やはり、「食べ物」の話題は、皆さん共通に会話が弾んでいいですね。3月11日(水)今世界中で新コロナウイルスが広がり、先の見えない不安に全国民が動揺しています。特にお年寄りが感染すると大変ですのでボエンデの皆さんもほとんど外の外出もままならない毎日です。それでもお買い物はお客様の少ない午前中に出かけ、お天気が良い日は近くの遊歩道で咲き始めた春の花を楽しんだり、室内でクロスワードパズルを解いたり、テレビを見たりと静かに暮らされています。でも今日もテレビを点けると「北海道でまた感染者が増えました」などと報道されると「心配だわね」と不安そうな表情で顔を見合わせて語りあっています。「一日も速い終息を」と願うばかりです。3月11日(水)天気の良い朝にSHさんと散歩へ出かけました。散歩中の保育園児や花々の一つ一つに「かわいいわねえーこんにちは。」「すごいわねえ」と笑顔を浮かべています。遊歩道をゆっくり進んでいると、洗濯物を干していた住民の方が「良いお天気だね。散歩日和!」と家の窓から声をかけて下さいました。その声にDFさんも大きく上を向いて、「あらあ、そんなところから声かけてくれたの」と笑顔で手を振って会話されています。少し風が吹いていましたが日差しが温かく、「背中がポカポカするね」と言いながらボエンデへ戻りました。春の空気を楽しめた朝でした。3月21日(土)今日はTAさんのお誕生日で朝、お部屋の掃除に伺った時「おめでとうございます」と声をかけると「あら、そうだっけ。もう、歳だから誕生日もないわ」と言いながらも頭を下げ「ありがとう」と笑顔で答えています。誕生日の時は外へお好きな物をランチを頂きに出かけるのですが、新型コロナの為出かけられず、ご本人に食べたい物をお聞きしたら「中華」と即答で答えられたとの事。買い物に出かけお昼に皆さんから「おめでとうございます」とお祝いの言葉をかけられ笑顔で「ありがとう」と返されています。おやつはバースデイケーキをまたまた、ご本人のお好きなチョコレートケーキで他のお年寄りの皆さんがTAさんに「おめでとうございます。頂きますね」と挨拶してから食べ始めていました。皆さんからは「幾つまで北海道に居たの?お勤めは?」など質問があり賑やかな誕生日を迎えられ「誰でも主役に年1度はある」と言い笑いを誘っていました。3月25日(水)午前中にTTさんに声をお掛けしてサミットまで買い物に出かけました。遊歩道の満開の桜を見て「ここの桜は木が太いから古くからあるんだろうね。」とお話になっています。サミットではお弁当のコーナーのざるそばを見て「美味しそうだな。食べてみようか。」と仰ったので「今日の昼食はご飯を炊いてあるんです。もう少し暖かくなったらざるそばも良いですね。」とお答えしましたが新型コロナウィルスの騒ぎがなければ「ざるそばを買って井草の森公園で桜を見ながら食べましょうか?」とお誘いできたのにと残念な気分になりました。3月26日午後SHさんのお部屋に清掃をしに訪ねた時、夕刊でコロナウイルスについての記事を熟読されていました。もう少し明るい話題はないかと模索しながら、桜やお若い頃のお話などをして下さり「お若い方と話すと元気を頂けるわ。これでコロナには負けないわね」と笑顔で仰っていました。最近暗いニュースばかりで気が滅入りがちですが、SHさんからも元気を頂けた一日でした。

    • 上井草グルップボエンデ あさぎ 2020年3月介護日誌

      3月11日(水)今日は避難訓練がありました。地震を想定して皆さんクッションを頭に乗せ玄関まで行かれています。避難訓練ですと伝えると習慣になっているのか玄関へ向かわれる方が多かったです。その後は東日本大震災の番組を観ながらティータイムをされています。いざという時にもスムーズに避難できればと思います。3月8日(日)HKさんはおやつ作りが大好きです。今日は頂きもののそば粉があったので、そば粉でクレープを作ろうという事になりました。卵とミルクとそば粉を混ぜて、少し砂糖を入れて。NNさんにはホイップクリームを作ってもらいました。HKさんがほとんどお一人で皆さんのクレープを焼きました。しっとりしてほんのり甘い美味しいクレープを皆さんで食べました。

    • 上井草グルップボエンデ あんず 2020年3月介護日誌

      3月14日(土)本日の昼食は、手打ち蕎麦でした。あんずにはとってもお蕎麦好きのお年寄りと、信州出身の方が3名おり、長野県産の蕎麦粉を取り寄せ、手打ち蕎麦をつくることを企画しました。始める前は「昔はやったけど…」「母親が作るのは見たことあるけど、自分じゃやったことないんだ。」と自信のなさそうなご様子でしたが、いざ蕎麦打ちを始めると「お水はこれくらい?」「あ、まとまってきたね!」「良い手つきだよ!」とお年寄り皆さんでテーブルを囲み、蕎麦打ちをしました。お店で出てくるような細くしなやかな麺とはいきませんでしたが、「これおいしいよ。」「お蕎麦の香りがいいね。」「次はもっと上手になるよ!」と皆さん楽しそうでした。3月31日 先日、桜の花見が予定されていましたが、風邪も強く、コロナウイルス感染防止の為、中止になりました。お年寄は楽しみにされていましたが、「しょうがないね」と少し、がっかりされていましたが、その日は、準備していた五目お稲荷さんをスタッフとお年寄りでつくりをしました。慣れた手つきでお揚げに五目御飯を上手に入れており、「このくらいかな」とお話ししながら楽しそうにされていました。こんな状況の中でも、少しでも楽しく感じられる時間をつくり、不安にならないよう支援していきたいと思いました。

    • 上井草グルップボエンデ あかね 2020年3月介護日誌

      3月3日 本日はひな祭りでした。H.YさんとT・Sさんは「今日はひな祭りなの?女の子の日だ」「じゃあ私たちもそうよ!」と笑い合われ、お昼には皆さんで寿司ケーキを召し上がられ、S.Tさんは「わあ!素敵ね!好きよ!」ととても喜ばれていました。外出など制限され窮屈な毎日になりがちですが、季節のイベントや日々の出来事を一日一日大切にしながら、これからもお年寄りの皆さんと楽しく笑顔で過ごせますように。         3月27日 (金) 今日は善福寺公園前までIJさん、HYさん、TSさんとスタッフ2名でドライブがてらお花見をしました。風が強く花びらはたくさん舞っていましたが、まだまだ綺麗に咲いており桜並木を車内から見ていると「あ~綺麗ですね」とじっくりと眺められておりました。車を降りて善福寺公園内を散策し、大きな桜の木を見て「本当に綺麗ね」と見惚れていました。近くには小さな子供たちがたくさん遊んでおり「お~元気だ」と仰られ、終始笑顔であった3人の姿を見て、お花見しながらお弁当を食べることはできず残念でしたが、お年寄りにとって大切な思い出を一緒に増やすことが良かったです。3月29日(日)今日は雪が降っていました。「昨日は暖かかったのに…」「雪降ってるの!素敵ね。」「綺麗ね。」と皆さん外を眺められていました。午後、雪がやむと「溶け始めてきたわね。」「これ偽物だもの。」と少し寂しそうにされていました。3月30日(月) あかねユニットの目の前には大きな山桜の木があり、皆さん毎年春になると外を眺めうっとりとされています。今年も葉っぱが出てぽつぽつと花が咲き始めておりそれに気が付いたY.Nさんが「桜の花が咲いてきている。ほら。綺麗ねー。」と。T.Sさんは思わず後ろを振り返り「あ!あの木の、白いお花ね。本当だ。」とにこやかで嬉しそうに話されていました。昨日は冷え込み雪が降ったりとまだまだ寒い日がありますが皆さん身近なところで春の訪れを見つけられて楽しまれているようでした。

  • 23Mar
    • グルップボエンデ井荻 2020年2月介護日誌

      5日(水)2月に入り、立春が過ぎました。暦の上ではこれからだんだんと春に向かって行くんですね。 今日は朝から快晴で、リビングには暖かい日差しが窓から差し込んでいます。午前中、DFさんと車椅子で買い物に出かけました。DFさんは、買い物の際スーパーに入ると、いつも「買い物かごは私の膝に置いてね。座って楽させてもらっているんだから、これくらいしないと。」と、声を掛けて下さいます。買い物終わって品物を袋に入れる時も、「私の膝に乗せてね。広いからさあ、どうぞ」と、笑顔で手を伸ばして下さいます。 お天気も暖かい日でしたが、DFさんの温かさに触れたひとときでした。11日(月)今日の昼食時SHさんが「今日は建国記念の日ですね懐かしいわね。そういえば建国記念日の歌がありましたよね、どんな歌でした?」と皆さんに問いかけるとKKさんが「ああそうだねえ思い出せないな、そして一般の家庭でもお祝いの時は日の丸の国旗を掲げて、お祝いしましたよね」「そうそう紅白饅頭もでました」「あの味は懐かしい味ですね、また食べたいです!」と話題は広がり、皆さんの表情にそれぞれの歴史があり、思い出があり、そして皆さんにとって「建国記念の日」ってとても重い一日なんだなと感じました。何気なく「今日は祝日だ」と思いながらカレンダーを眺めていましたが大切な日はハッピーマンデーの適応になっていない事を「なるほど」と気づいた出来事でした。13日(木)PMにSHさんと遊歩道を散歩され本人希望で花を見たいということで梅の花が綺麗な民家の近くを通ると「梅とか菜の花とか咲いてるわね。春を感じるわ」と笑顔で話されていますその後区民事務所の前を通るとカエルが池に出て来ているのをみて「帰るも出来ているのね…あったかくなったってことね」と春を感じていられていました。21日(金)昼食前にSKさんと遊歩道から区民出張所近辺に散歩に出かけました。遊歩道の途中に咲いている花を見つけては「これは何ですか?梅の花?」とか興味津々に見ています。白い梅の花に紅梅も見て「春ですねえ、もうすぐ桜も咲きますね」と嬉しそうに話されています。その桜の木を見て「凄い大きな木で100年は過ぎてますね」と言い木の幹に何やら目の様に見える物があり、じーっと見ると「フクロウ」の顔に見えて「ええー、これフクロウですか?生きてないですよね。こんな小さいいなんて」と驚かれていました。確かに「フクロウ」の顔に見えて「これって珍百景に登録出来ますよ」と言われ2人で「もし、登録になったら何が貰えるんですか?」と聞くとSKさんが10万円確か?と言うのを聞きすっかり貰った気分で「そうしたら皆で焼き肉食べに行きましょう」と勝手に決め嬉しく話をしながらホームに帰って撮ってきた写メを皆さんに見て貰いまたまた其処でも焼き肉の話で盛り上がり「登録は絶対」と決め皆さん笑顔でした。テレビを点けると新型コロナの話題ばかりでほんの身近な桜の話でこんなに嬉しそうな笑顔が見られてホットしました。22日(土)ダイニングの黒板に「2月22日 猫の日」と書いてあるのをSYさんが見つけると「猫の日?どうして?」と質問されるとすかさずSKさんが「にゃん、にゃん、にゃん」とお答えになっています。スタッフが「SKさんは猫と犬どちらがお好きですか?」とお尋ねすると「犬のほうが好きなんです。」と笑いながらお話になっています。13日(木)今日はバレンタインデー前日です。SKさんとサミットにお買い物に出かけると、今日もたくさんのチョコやスイーツが並んでいます。「明日バレンタインだから、今日と明日はかき入れ時ですね」とスタッフが話しかけると、「明日は旦那様が両手いっぱいにもらってくるんじゃないですか」と楽しそうに話しています。また、ある調味料のCMに出ている俳優さんを指さして、「あの方も相当いただいてるんでしょうね」とSKさん。「小学校時代からたくさんもらってたのかしら」「お返しが大変ですね」など、会ったことのない俳優さんのバレンタインの話題で盛り上がったお買い物タイムでした。19日(水)午前のティータイム時、いつにも増してウトウトしているSYさん。声をかけると「天気が良いから眠たくなっちゃった」との事。せっかくのお天気だからとお散歩にでかけました。遊歩道の梅の木を見て「わあーすごい。もう春ねえ」と目を輝かせたり、「気持ちが良いわ」と外の空気を楽しまれています。通りの道に置かれた植木にちょこんと顔を出す芽を見つけたSYさん。じっと見つめて「なんだっけ、これ…」と考えている最中、家主の奥様が通りかかり「チューリップです」と教えてくれました。伺うと、毎年こうして球根を植えているそう。「何色が咲くかはお楽しみなんですよ」と奥様の言葉に「楽しみですね」とSYさんも笑顔でお話されています。暖かい春の陽気が楽しみになるお昼時でした。27日(水)DFさんの就寝介助時、お薬を塗っている時にとても肌がお綺麗だったので、「自分は乾燥肌なのでお肌がとてもつやつやで羨ましいです」と伝えると、「いやそんな事ないわよ。あなたもお綺麗よ。」と褒め返してくださいました。全くお世辞ではない事を伝えると、昔は手足が細いと褒められたことはあったわね」ととても笑顔でお話しています。そんなたわいもない会話をして、お声掛けをし部屋から出ようとすると、「寂しいわ、もっとあなたと話していたい」と言ってくださり、純粋に会話を楽しんでいられ、大変心が温かくなりました。

    • 上井草グルップボエンデ あさぎ 2020年2月介護日誌

      2月5日(水)今日は新入居のSMさんと買い物に出かけました。夕食の献立を考えていると「これは美味しそうだ」と卵がたくさんついたカレイを指さされていました。夕食はカレイの煮付に決まりました。大振りなカレイでしたが皆さん残さず召し上がり「この卵が美味しいんだよ」とSMさんは話されています。片付けの際「今日の鱈とたらこは美味しかったですね」と話されカレイですよとお話し「鱈とカレイの区別も付かなくなったか」と大笑いされています。カレイの子どもは何て言うのかという話になり「カレイだからカレコだな」と楽しそうに話されています。2月21日(金) 今日はお天気も良く気分転換にとK.Mさん、M.Mさん、H.Fさんとドライブに起き事となり出発前にはうきうきとされたご様子で外の景色を眺めながらマクドナルドのドライブスルーでポテトとコーヒーをご注文され揚げたてのポテトはKさん「これほんっと美味しいわよ。」とMさんも「美味ししいわ。」と皆さんでLサイズのポテトをペロッと完食となりHさん「車じゃないとこんなとこ来れないから。ありがたいわね。」とドライブをそれぞれ楽しまれ戻られていました。2月29日(土) 今日はMMさんと一緒に近隣散歩に出かけました。梅の花が色んな所で咲いていてそれを見て回りました。あるお宅の前を通った際に一本の梅の木から白とピンクの二種類の色の梅が咲いている木を見つけMMさんに伝えると「あらーほんとだ。」「不思議ねぇ、でも綺麗ね」と笑顔で話されていました。しばらく眺めた後ボエンデに戻ってます。「楽しい散歩だったけど私は車椅子に乗りっ放しで楽しちゃって、ありがとね」とスタッフの事を気遣ってくださいました。2月24日(月)今日は夕食後にテレビ番組でフジコ・ヘミングの特集をやっていました。皆さん夢中でご覧になっていました。番組ではフジコさんのご両親や生い立ちなど、ここの皆さんと同じ時代のお話や映像が出ていました。ピアノの演奏は少しでしたが、皆さん聞き入っていらっしゃいました。Tさんは涙されていました。

    • 上井草グルップボエンデ あんず 2020年2月介護日誌

      2月23日(火)本日は、お菓子作りをしました。本を見ながら『クッキー』を作ることに決まり、KMさんが率先して材料を混ぜられています。OMさんは「おいしいおいしいが早く食べたい!」とニコニコされています。プレーンの生地とココアを混ぜた茶色の生地を作り、アイスボックスクッキーを作りました。午後のティータイムの時間に皆さんで頂くと、お茶を配り終える前に皆さんお皿の上のクッキーがなくなっていました。「すっごく美味しいよ!もう食べちゃった。」と。KMさんも「美味しくできたね!またやろうね。」と嬉しそうでした。2月29日(土)本日夕食後、OMさんが一旦居室に戻られましたが、いつものようにスタッフの元へ来られ、「先生、私これでおやすみします。私、泊まりでいいんですよね、何が何だかわからなくなっちゃって」と仰っています。「大丈夫ですよ。また、わからなくなったら、何時でも聞いて下さい」とお話しすると、「嬉しいです。安心して泊まれます。」と笑顔で居室に戻られました。新型コロナ感染防止の為、ご家族様とも会えない日々が続いているので、なお一層、お年寄りには、寂しい思いをされないよう配慮していかなければならないと思いました。

    • 上井草グルップボエンデ あかね2020年2月介護日誌の画像

      上井草グルップボエンデ あかね2020年2月介護日誌

      2月2日(日)天気が良くI.JさんとH.Yさんと散歩に出かけました。歌う事が大好きなH.Yさんは、たき火を歌われていました。「天気が良くて、綺麗な歌きけていいわね。」とI,Jさんが話されると、「歌が好きなだけよ。」と嬉しそうに話されていました。また一緒に散歩に出かけ沢山のお話しをしたいです。2月3日(月)節分という事もあり食後S.MさんとT.Sさん、K.Yさんと節分の豆まきをしました。「おにはーそと!」と鬼のお面を付けたスタッフめがけて豆を投げるK.Yさん。投げるよりも「美味しい」と豆を食べられるS.Mさん。「できないよ、鬼もかわいそうだよ」と笑って鬼をみているT.Sさん。それぞれの節分を過ごし方ですが皆さん笑顔で楽しまれており、私たちもとても楽しい時間を過ごさせていただきました。四季のイベントをこれからも一緒に楽しみたいです。2月21日(金)ポカポカと暖かい一日でした。この日はS.TさんとY.Sさんと一緒に和食料理店へ車椅子で出かけました。寒さが苦手なS.Tさんも「お日様があんなに!見てお姉ちゃん!」と声を弾ませて話されていました。店内に入り何が食べたいかお聞きするとS.Tさんは迷わず中トロのお寿司を見て「これ!」と。一方のY.Sさんはじっくりとお刺身の定食か、すき焼きの定食かで悩まれさっぱりしたのが食べたいとの事で、お刺身定食を召し上がられました。スタッフへ「美味しいね。嬉しいな~。」と喜ばれるS.Tさんと、隣でニコニコとうなずき召し上がられるY.Sさんを見てぜひまた外食を楽しんでいただきたいと思いました。2月22日(土) 夜中にポツポツと雨が降っており日が昇ってくる頃には雨はいつの間にか止んでおり眩しい日差しがダイニングの中を照らしていました。朝食を食べているHYさんFKさんSTさんは「うわぁ~すごいすごい」「眩しいですね」「気持ちのいい朝ですね」と仰られながら優雅に過ごされている姿を見て皆さんが穏やかな気持ちで朝を迎えられたと考えるとそれもまたお年寄りにとって大切な1日のスタートが素敵なものであったこと。小さなことでも幸せだと思うとなんだか毎日が楽しいと感じます。

    • グルップボエンデ井荻 2020年1月介護日誌

      1月1日(水)今日は令和になり初めてのお正月で出勤するとお年寄りの方々から背筋を伸ばし「あけましておめでとうございます。本年もよろしくお願いします」と頭を下げ挨拶してくださいました。長年の習慣の時候の挨拶をしっかりとされて嬉しく思いました。昼食は「年始の食事会」で皆さんとテーブルを囲みお話をしながらお節料理にお雑煮等頂き皆さん味わいながら召し上がっています。いつもスプーンを使用して食事をしておられるFSさんが自ら箸袋から箸を取り、器を持って食べ始めたのを見た瞬間、嬉しくて込み上げてくるものがあり、思わず「いつ?以来お箸を持って食べるのは」と涙が出てしまいました。当のご本人は何時もの明るさで何かを笑いながら話して他のお年寄りもじっと微笑ましく見て「正月早々FSさんに泣かされた」と笑いが出ていました。時間たっぷり話し、食べてホットする時間を皆さんで過ごせた事に改めて今年も皆さん健康に過ごせますようにと思いました。1月10日(金)今日はSYさんの97歳の誕生日です。近くのイタリアンレストランに出かけました。SYさんは新しいジャケットにアクセサリーをつけお化粧をして、とても楽しみにしている様子でした。若々しく毅然とした、そのお姿はとても97歳には見えません。ボエンデ井荻の開設と共に歩んできたSYさん。レストランでは「あの方どうしているかしら?きっと元気で暮らしているわよね」「ええ覚えていてよ。よくお話したわよ」と、以前生活を共にした方々の昔話で大変盛り上がり時間を忘れて語り合いました。1月22日(水)ティータイムの時間。紅茶とお菓子でほっと一息ついた後、久しぶりに皆さんで折り紙に取り組まれています。1月も後半、2月は節分ということで、鬼とおかめに挑戦。折り方がかいてある紙を見ながらSHさんは「これでいいのかしら。良い頭の体操になるわ」と試行錯誤しながら一生懸命折ってくれました。DFさんも「これどうすればいいの?」「次はどうするの?」とスタッフに聞きながら、鬼とおかめを一つずつ折り、かわいい顔を描いてくれました。日付ボードに作品を飾ると「(ボードが)いっきにかわいくなったね」「次はひなまつりね」と、季節行事の訪れを楽しみに思ってくださった様子でした。1月23(木)ティータイム時SKさんが折り紙をやりたいとSHさんの訴えられておりスタッフが折り紙を準備しています。折り紙を準備するとSKさん、SHさんが他のティータイムに来られているお年寄りに声を掛けられ皆さんで折り紙されています。「昔にやったものだから全然覚えていない」、「手先が不器用だから」1月24日(金)午前中のティータイムでダイニングから中庭を見ると木の枝が揺れていたのでSYさんに「あそこの木が揺れていますよ。鳥ですかね?」と話しかけると暫くその木を見つめていました。小さな鳥の姿が見えると「小さいわね。何の鳥かしら?」とスタッフにお尋ねになったので「メジロだと思います。」とお答えすると「メジロってどんな鳥だっけ?」と仰ったので写真をお見せすると「わぁ、本当に目の周りが白いのね。」と笑いながら小鳥の姿をもう一度探していました。1月26日(日)朝から降っていた雨が止んで、SKさんと昼食の買い物に出かけました。スーパーの中を回っていて、野菜売り場で「今日のおすすめ」とカードが、貼り付けてある方を、SKさんが指差されて「見てください。今日、ほうれん草安いですよ。お得ですよー。冬はお野菜高くなるから、ラッキーですねー」と、うれしそうに教えてくださいました。「昔はチラシを見て、お得に買わなくちゃと思って、自転車で遠くまで買い物行ってましたよ。」と、懐かしそうに話して下さいました。皆さん、こうして毎日家事をこなして、家族の皆さんを支えてこられたんでしょうね。改めて、尊敬の念がやまない思いでした。1月28日(火)ティータイムにコーヒーを召し上がって一息ついた後、お昼ご飯の準備が始まりました。豚しゃぶにたっぷりの大根おろしをかけて食べるため、たくさん大根をおろさなければなりません。まずSKさんが張り切っておろし始めまます。キッチンにティーカップを戻しにいらしたNTさんも、それを見て「私もやろうかしら」と大根おろしに参戦です。「今日はよく雨が降りますね」や、「昔は金のおろし器で早くできたんだけどね」「腕だけでなく頭の運動にもなるかしら」などとおしゃべりをしながら作業していると、あっという間に大根一本の4分の3ほどをすりおろしました。一人だと少し大変な作業の時間ですが、一緒に話をしながら楽しいひと時となりました。

    • 上井草グルップボエンデ あさぎ2020年1月介護日誌

      1月1日(水) 年が明け朝から皆さんとご馳走の用意からまた今年も始まりました。Nさんにご挨拶すると「あれ?お正月?そうだったっけ?」と苦笑いされていました。11時過ぎと通常より早いおせちなどでお祝いとなりました。先月についたお餅でお雑煮も召し上がられおせち料理ではどれを食べようか迷われながらも通年おせち料理は残る事多かったのですが今年は皆さんいつもより多く召し上がられたりし3分の2は無くなっていました。そんなのんびりとした元旦の一日でした。1月13日(月) IMさんと初詣に行きました。歩いて井草八幡宮まで行きお詣りをしました。お賽銭のやり方が分からないと話された為スタッフと一緒にお賽銭をしました。終わった後はちょうど成人式の日だったため振袖を着た人が何人かいて見つける度に「綺麗ね」「すごい素敵だわ」と笑顔で話されていました。本人もすごく笑顔で楽しまれていたのでいい年初めになったと思います。1月18日(土) 今日はHさんのお誕生日でした。前日から日付けを気にし楽しみにされていたHさん。朝から「あら、私今日誕生日だわ」と日付けを確認し仰られています。お昼はご家族とランチに出かけ15時にユニットでお祝いをしました。今日は息子様も一緒にお祝いをしいつもより嬉しそうなHさんでした。チョコのプレートも美味しそうに召し上がり皆さんと何度もハッピーバースデーの歌を歌いました。

    • 上井草グルップボエンデ あんず 2020年1月介護日誌

      1月1日(水)新年、お正月を迎え、お年寄りの皆さんはリビングへ集まると「あけましておめでとうございます。」「もうお正月なの?」「1年早かったわね~。」と朝から賑やかでした。昼食はテーブルいっぱいにおせち料理を並べ、それを見ると「毎日お正月だといいね。」とOMさん。周りのお年寄りがどっと笑われていました。また1年、お年寄りの皆さんが元気に楽しい日々を送れるよう支援していきたいと思いました。       先日の夕食後、いつものようにYKさんとHKさんがボードに明日の日付けと絵を描かれる準備をされています。「明日、何日の何曜日でしたっけ?」と聞かれた為、明日の日にちと曜日をお伝えすると、「そうだ、そうだ、忘れないうちに、絵を描く前に日にちを書いちゃおう。すぐ、忘れちゃうからね~」とお二人とも、大笑いされながら、丁寧に日付けを書かれていました。HKさんが「もうこれを書いちゃえば、安心して絵をかけるね」とまた、大笑いされていました。お二人で考えながら、ボードに一生懸命書かれている姿は微笑ましく感じられました。

    • 上井草グルップボエンデ あかね2020年1月介護日誌の画像

      上井草グルップボエンデ あかね2020年1月介護日誌

      1月1日(水)今年も皆さん元気に年を越され、元旦の早朝から皆さん早起きされました。前日の紅白歌合戦を終盤の方まで見ていた方も朝早くに起きられご挨拶を交わしました。朝食まで時間がある中、皆さんフロアに集まり日が昇るにつれ、段々と外の景色も明るくなっていき皆さんで初日の出を見て新年を迎えました。今年も皆さんと元気に楽しく過ごせるように一日一日を大切に過ごしていきたいです。1月8日(水) 12月の末、新たにYSさんが入居されました。おうちでは一人暮らしをされていましたが、外出が難しくなり、食事の準備などお手伝いが必要になったのです。もう2週間ほどになりますが、フロアで過ごすことを好まれ他のお年寄りやスタッフと和やかにお話しされています。ボエンデのあかねユニットは3階にあります。リビングの1面、サンルーム両面がすべてガラス張りの窓になっていて、お隣の切通公園の緑や上井草の街並み、移り行く空の風景が借景となり、毎日美しく変化して皆を楽しませてくれます。ご自分の居室よりもリビングの自席やソファーで過ごすことを好まれるお年寄りが多くおられます。名前や、いったい相手が誰なのか分からない様子でも、なじみの人、見たことのある人が側にいて、話しかけたり、話しかけられたり、一緒においしいものを食べたり、自分はここに居て受け入れられ、ときにはみんなの役に立ったりしている…、そんな人との触れ合いが生きる力になっているのだと思います。今、YSさんは食事の盛り付けや、食器をきれいに拭くことなど本当に楽しそうにしてくださっています。残りの人生が豊かなものであるよう、ボエンデというグループホームで暮らすことがそのお手伝いになればと願っています。1月26日(日) この日はあいにくの雨で、午前10時のティータイムでは皆さん外を眺めて「あーあ、雨だわ。すごいザーザー。」「なんだか寒いわね。」などと話されていました。そんな中S.Tさんが「雨雨ふれふれ、母さんが~♬」と歌い始めました。すると正面に座っていたH.Yさんもつられて「蛇の目でお迎え嬉しいな。」「ぴっちぴっち、ちゃっぷちゃっぷ、らんらんらん!」と2人で歌い始められました。二人が歌い始めると周りのお年寄りも手を叩いたり、頭を左右に振ったりと皆さん和気あいあいと、楽しまれていました。

  • 08Jan
    • グルップボエンデ井荻 2019年12月介護日誌

      12月3日(火)今日は朝から真っ青な空で屋上へ洗濯物を干しに行かれたSKさんは「富士山がとても綺麗でした」と笑顔で教えて下さっています。午前はクリスマスツリーを出して皆さんと飾りつけを行いました。1つ1つ飾る度に「此処に飾ると良い、此処にも有ると良い」等、バランスを見ながら各々飾り、終わるとちょっと離れて見て「良いですねえ、綺麗だわ」と。又DFさん、SKさんからは「ツリーも飾ったからあとは、サンタさんが来るだけですね」と本音がポロリ。「小さい頃は良い子にしてないとサンタは来ないぞ」と良く言われたと話しクリスマスの思い出話で盛り上がっていました。12月9日(月)今日はSHさんの入浴日でした。入浴事故の後ボエンデに入居され、不安と怖さで表情も硬く、特に入浴時は洗髪時に耳に水が入る事を心配しシャンプーハット、耳栓無しでは髪を洗う事も出来ませんでしたが、会話を繰り返しながら不安を取り除く事ができ今はリラックスした表情で入浴を楽しまれています。最近は気の合う友人もでき、毎日の会話も弾み、ほとんど毎日明るい表情で過ごされています。「以前はどうしても家に帰りたいと思ったんですけど、今はここで皆さんに守られ美味しいお食事を頂き、ここで暮らす事が一番幸せなのだと思っているんですよ」と顔を合わせる度に伝えてくださるSHさんの笑顔に、この仕事の喜び、支援の大切さを学ばせて頂いたと思いました。12月12日(木)午後にSKさんとTTさん、スタッフ2人で喫茶店へ行きました。風が強くはありましたが良いお天気で、SKさんは大きな葉っぱを拾って「持って帰ります」とずっと持ち歩いていました。みかんの木があるお家や落ち葉などを見ながらお二人とも外の空気や季節の雰囲気を感じている様子でした。喫茶店では名物のスフレパンケーキを注文し、コーヒーや紅茶を飲みながらのんびりお話タイム。最近は喫茶店で勉強する人が多いそうですよとスタッフの言葉に「若いころはよく勉強したよ。でも喫茶店はうるさいと思う。」とTTさん。TTさんは何処でお勉強したんですか?と伺うと「布団の中でやるんだよ」とにやりと笑って答えてくださいました。12月21日(土)今年も残すところ10日となりました。午前中、DSさんと買い物に出かけました。スーパーの中で、2歳位の女の子が小さい籠を持って、お父さんと歩いていました。DSさんが笑って手を振っていると、女の子は恥ずかしいみたいでお父さんの後ろの方に、隠れてしまいました。DSさんが女の子のお父さんに、「可愛いですね」と、声を掛けると、お父さんも「ありがとうございます」と、笑顔で応えていました。帰りながら、DSさんの故郷のお話も聞かせてもらえました。 買い物やお散歩等、外出する機会に、こうして入居者の方々のそれぞれの思い出話を、ゆっくりと聞かせてもらえる貴重なひとときだと改めて感じました。12月25日(水)PMのティータイム時クリスマスという事でクリスマスケーキをお出しすると皆様「立派だね」、「サンタさんがいるわ」等ケーキについて皆さんで話されワクワクとされていました。ケーキを召し上がられながら「クリスマスが来るともう今年も少ないんだなと感じますね」としみじみとされている様子で話されていました。その後クリスマスは卵も鶏も食べるから鶏からしたらたまったものでは無いですねとスタッフが話すと皆さ納得された様子で「確かにそうね」と苦笑いされていました。12月30日(月)本日の午前のティータイムではボランティアの方がピアノを弾いてくださる今年最後の歌会がありました。皆さんいつもより大きな声で冬の歌などを歌っていました。最後にはSYさんが「来年もよろしくお願いします。」とボランティアの方にご挨拶され、男性のTTさんもスタッフが入浴のお誘いをすると「あの方がお帰りになってから」とお話になっています。お二人の礼節を大切にされる様子に勉強させていただいた時間でした。

  • 06Jan
    • 上井草グルップボエンデ あさぎ2019年12月介護日誌の画像

      上井草グルップボエンデ あさぎ2019年12月介護日誌

      12月10日(火)今日の晩御飯のおかずは長野県から届いた長芋を使う事になりました。太くて立派な長芋を見て、皆さん「すごいね」「立派ね」と話されています。とろろ芋にしようという事になりました。HHさんとNNさんは「よし!じゃあ、擦るのね」と手分けして頑張りました。KMさんはすり鉢で出汁と合わせました。TTさんは「玉子入れるんでしょ、卵黄だけ」と皆さんで美味しいとろろを作りました。夕食で食べました。12月13日(金)昼食を外食にするついでに井草八幡宮に紅葉を観に行きました。IMさんは歩きでMMさんは車椅子に乗り一緒に行かれています。綺麗に色づいた紅葉と銀杏をバックに写真を撮り「綺麗ね」と話されていました。その足で歩いて昼食を食べに行きお店でお蕎麦やすき焼きを召し上がられ、「食べきれないよ」と笑顔で話されていました。帰りもあるかれ長く歩ける体力がある事にとても驚きました。これからも体力を維持出来たらなと思いました。12月31日(火)今日は大晦日です。カレンダーを確認して「あら、今日大晦日なのね」「明日から令和だね」と年末らしいお話をされていました。夕食は年越しそばを作り「やっぱり年越しはそばよね」「この天ぷら大きいわね」「来年はそば粉から作る?」と皆さんお話しながらよく召し上がられていました。新聞のテレビ欄を確認し「今日は紅白だね!」と食後皆さんで紅白をご覧になられていました。

    • 上井草グルップボエンデ あかね2019年12月介護日誌の画像

      上井草グルップボエンデ あかね2019年12月介護日誌

      12月2日(月)クリスマスの季節がやってきました。今日はクリスマスツリーを組み立てて、お年寄の皆さんとオーナメントの飾りつけをしました。車椅子の方は下のモミの木の枝の飾りつけ、立って飾れる方は上の方の枝の飾りつけをお願いしました。「どのへんがいいかしら?」「このへんでいいかな?」キラキラボールや赤いリボン、布製のクリスマス柄のマスコット飾り、色とりどりのオーナメントを皆さん楽しそうに枝にかけておられました。いくつになっても、クリスマスが近づいてくるのはやっぱりわくわくしますよね。笑顔があふれる楽しいひと時でした。12月6日(金) K.Yさんに「美味しいもの食べたいわね」「今度一緒に行きましょうよ」と誘っていただいたので、S.Mさんもお誘いしスタッフと4人で近くのレストランへ行きました。K.Yさんは「全部おいしそう!」と目をキラキラさせハンバーグセットを選ばれ、S.Mさんは「これ!これが食べたかったんだよ」とオムライスセットを即決。豪華な食事に「うれしい!!」「美味しそうだね」と昔話に花を咲かせながらお二人とも完食されています。帰りの車の中でも「嬉しかった!」「また連れてってね」と笑顔で仰っていただき、私もとても嬉しかったです。12月17日(火)クリスマスが段々と近づいてきました。この日は、クリスマスコンサートが開催されました。演奏してくださる先生方が練習していると音が聞こえたのかSMさんは居室から出て来られニコニコとしながら練習風景を見ておられました。ピアノとバイオリンが奏でる素敵な音色がフロアに響き渡り、音楽が大好きなお年寄りはとても喜ばれていました。お年寄りにとっても私たちにとっても、とても素敵な一日になり、クリスマスに向けてうきうきとした気分になれた気がします。12月24日(火)今日はクリスマスイブと言う事で、夕食はいつもと違う飾りつけをテーブルにセットし、食事も豪華に並びました。皆さん準備している時から「今日は何かあるの?」とワクワクされていました。食事が始まるとサンタさんが皆さんの元に来てくれました。クリスマスプレゼントを受け取ると「あなたのは何?」と周りの方に聞かれたりとても嬉しそうでした。

    • 上井草グルップボエンデ あんず2019年12月介護日誌

      12月7日(土)本日は、お餅つきと家族会でした。たくさんのご家族が来訪され、にぎやかな1日となりました。皆さん、お餅つきに参加されたり、窓やテラスから見える赤く染まった紅葉を観賞されたりと季節を楽しまれていました。家族会のあとには、この半年間の思い出をアルバムを見ながら語り合いました。あんずには、10年以上もボエンデで過ごされているお年寄りがいらっしゃいます。昔のことを思い出しながら、「こんなこともしたね。」「これはどこへ行ったんだっけ?」と思い出話に花が咲いていました。12月31日(火)今日は大晦日なので、夕方早くからお年寄りとスタッフで夕食の準備を始めています。「今日は、年越しそばだね」「大きい海老のてんぷらだ」とみなさん嬉しそうにお話ししながら、準備されています。夕食の時間になると、みなさん「つるつる」と美味しそうな音をたてて年越し蕎麦を召し上がっています。「美味しいね~、海老も大きいし」と1年の最後の日を楽しまれるかのように召し上がっています。来年も皆さん健康で元気な笑顔が見られるようにお手伝いしていきたいと思います。