こんにちは!

 

ボディスタジオL通信です。

 

 

最近よくお客さまに

『わたし、体が硬いから柔らかくしたいんだよね~』

とよく言われます。

 

 

ここで考えていただきたいのは、

体が硬いのはいけないのか??

ということ。

 

 

体が硬いとは

どこが硬いと思っているのか

 

おそらく

前屈ができないこと

手が地面に付かないことで

『自分は体が硬いからダメだわ』

と思ってしまうのではいかなぁ

と推測してます。

 

結論からお伝えすると

 

カラダが硬くても問題ないです。

 

むしろ

 

安定性が高いというメリットがあります。

 

 

ももうらのハムストリングス、

お尻の大殿筋が

硬すぎて

骨盤がニュートラルに保てないのであれば

ニュートラルに出来るくらいの

柔軟性は必要です。

 

 

それより気になるのは

胸郭がかたくなっていること。

 

 

ここがかたくなっていることで

腰への痛みや、

ももが張ったりする原因だったりします。

 

 

 

なので

 

 

硬すぎはNGですが、

 

柔らかすぎもNG

 

ということになります。