神経波磁力線 】発生装置、

《セルパワー》

導入しました!


お申込みはこちらから!

姿勢調整 予約ページ! ↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓こちらをクリック!

http://www.reservestock.jp/page/reserve_form_week/12495


年齢を重ねると、膝が痛んできます。

理由はいろいろですが、軟骨がすり減るというのが、加齢現象としてはあります。

ですから、それを補おうといろんなサプリメントが流行るんですね。

ですが、サプリメントは効果の出るものとそうでないものがクッキリわかれるようです。

整体をやっていて、意外なくらいに効果が上がるのが、腰椎3番の調整。要は姿勢の調整ですけど。


その次に効果的、条件によってもっと効果があるのが、エネルギーの注入。

まあ気功治療みたいなものですけれど。

最初は、やってる私が半信半疑でしたが、楽になったと言ってくださる方も多いので、調整の補助としてやっています

ですが、意外と疲れるのです。

一人施術したら、他の仕事がはかどらなくなるくらい。

そこで頼りになるのが、
セルパワーです。

腰に当てて、お腹に当てて、膝に当ててみるとまるでエネルギーを注入したかの様な感触です。

最近は、もっぱらセルパワーがエネルギー療法の先生です!

膝痛はいろんな原因があります。
エネルギー不足が原因だと思ったら、是非お試しくださいませ!

姿勢調整法との併用がオススメです!


 神経波磁力線 】発生装置、

《セルパワー》

導入しました!


お申込みはこちらから!

姿勢調整 予約ページ! ↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓こちらをクリック!

http://www.reservestock.jp/page/reserve_form_week/12495




その他の方のセルパワーの使用感についてはファンサイト

http://cellpower-fan.jp/vol-01.html

があります。ご覧ください!



理由がわからないので、効果のほども保証はできないのですが、

慢性痛、ガをはじめ難病に悩んでいる方は試してみてはいかがでしょうか?


心身調整 天正堂ではこのセルパワーを施術に取り入れています!


セルパワーのみ、ご体験の場合

3000


姿勢調整法との併用の場合

5000



お申込みはこちらから!

姿勢調整 予約ページ! ↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓こちらをクリック!

http://www.reservestock.jp/page/reserve_form_week/12495


 •*´¨`*•.¸¸.*•.¸¸•*´¨`*•.¸¸


心臓にペースメーカーを使っている方、体内に磁石にくっつく鉄などの強磁性体の金属のが入っている方、乳幼児は使用できません。

また、妊娠初期の不安定期又は出産直後の方は、使用前にかかり付けの医師にご相談下さい。

セルパワーは健康機器です。

※体験談は個人の感想です。効果を保証するものではありません。



このセルパワーは京都の株式会社セルパワーさんが、https://www.cellpower.jp

奇跡の治療器と言われた『神経波磁力線治療器』を再現したものです。

『神経波磁力線治療器』の生みの親は政木和三工学博士です。




政木先生をご存知でしょうか?


昭和の天才発明博士で、多くの家電製品などの画期的な技術は、この先生が発明していたそうです。


政木和三先生(1916年~2002年没)

大阪大学で工学部の全学科(航空工学、通信工学、造船工学、精密工学、建築工学)を学ばれました。元工学部工作センター長。


著書:『未来への発想法』、『驚異の超科学が実証された』、『精神エネルギー』、『真理のゴルフ』等


大阪大学を定年退職後は、林原生物化学研究所に移り、研究を続けられました。

生涯に1,000件以上の発明をしながら特許料を受け取らず、特許を無償で公開し、日本の家電メーカの発展、社会の進歩に大きく寄与しました。

発明品の一例は、電気炊飯器、瞬間湯沸かし器、自動ドアー、CTスキャン、歯科治療ドリル、魚群探知機、エレキギター、ウソ発見器、パラメモリーなど1,000件以上です。

私たちは知らず知らず、この博士の恩恵を受けているのです。



博士が大阪大学を退職する時、日本の大手家電メーカーのトップ達が先生の元へ、『もし先生が特許料を受け取っておられたら数千億円になっていました。ありがとうございました』と挨拶に来たそうです。



その博士の生涯において、最高傑作とされるのが、

「神経波磁力線発生器」。


これは、十数年前に、実際に日本で発売されていました。


発売から数年経過後、口コミで広がり始めた矢先、法律の壁にあい突然、発売禁止。。。。。



をはじめ、難病や大怪我が良くなっていく患者さんが続発したから、

支配層が医療利権の危機を危惧し、たまらず動いた。。。とウワサされています。

あくまでもウワサです。ウワサ。




もっとも、「神経波磁力線発生器」を使ってクレームが発生したという事は、全く無かったそうです。



なんと未だにヤフーオークションでも売買されていて、

その高値には、驚かされます。


https://auctions.yahoo.co.jp/search/search/神経波磁力線/0/




知る人ぞ知る本物だからの高値なのでしょうか?



なお本物の性能を劣化させた機器は、認可され現在市販されています。(効き目を劣化させた機器は、認可するという・・・やれやれ)




以下は政木先生の著書からの引用です。


『神経波磁力線』: 政木 和三 工学博士



・七二歳で身長が二センチ伸びた

私は大阪大学で神経について研究していた頃から、

神経の人体における無限の可能性に興味を持っていた。 (中略)


さらに最新のものは、『神経波磁力線治療器』である。


これはコイルに瞬間的に一万ワットくらいの電流を流すことによって、

人間の神経波と同じ形の磁力線を発生させるものである。


リング状に銅線を巻いたコイルを患部に置くと、

患部の体液がマイナスに帯電(以後 マイナス化)するのである。


人間の体は七〇パーセントが水分である。 


水の分子は科学式でいうとH2Oだが、普通水は二つのH原子の間が、

Oを基点として一〇六度の角度で安定している。 


ところが、この磁力線治療器をあてると、そのHとHの角度が広く開き、

水はマイナス化するのである。 


そうすると、マイナス化された部分には安定させようという力が働くので、

そこへ栄養分や酸素や免疫力などが集中していくことになる。


そういう現象が体内で起こることによって、病気が癒されていくのである。


こんな小さな装置から一万ワットもの電流を流すことは、これまで不可能であった。

 しかし、一度流した電流を再利用するという私のアイデアによって、初めて可能になったのである。


これによる今までの治療結果は、劇的なものがある。


大学病院に入院中のリンパ腺ガン患者が手術を待つ間、

二週間にわたり数回病院を抜け出してきて

『神経波磁力線治療器』の治療を一回一時間行っていた。


 二週間後、予定どおり手術を行ったら、リンパ腺ガンは消滅していた。


 また、子宮筋腫の患者は二週間で大きさが二分の一になった。 


不整脈の患者は二ヵ月で治った。



さらに、脳腫瘍で入院中の患者は、

やはり病院を抜け出して私の研究所で四回、磁力線放射を受けた。 


一回一時間ずつだから、わずか四時間である。 


そうしたら、手術直前の検査で腫瘍が小さくなっていたため、手術も簡単なものですんだ。 


その人は手術四日目に、まだ入院中の病院から頭に包帯を巻いたままの状態でお礼にきた。



平成六年七月の名古屋での講演会では、

『神経波磁力線』を使用した人の報告があった。


最初の男性は次のような報告をした。


「私は末期ガンだったのです。 胃ガンで寿命はあと一ヶ月と言われていました。 


ところが、この『神経波磁力線』をかけたところ、完全に治ってしまいました。 


ありがとうございます」。



次に、小さな子供をだっこした婦人が出てきた。


「この子は脳性マヒだったのです。 手も足も動かなかったのです。 

それが磁力線のおかげで動くようになり、歩けるようになりました。 

今、三歳になりました」と泣き出してしまった。 



さらに、私の研究室へ報告に来られた五〇歳くらいの男性は、

毎日酒を一升飲むのをやめられず、医者から禁酒しないと死ぬと言われたという。

 そこで一升ビンに『神経波磁力線』を十分ほどかけて飲んだところ、

三杯で満腹になり、翌日は一杯で満腹になり、

一週間で全く酒が飲めなくなったのだそうである。


この治療器は、私のある恩人が病に倒れた時、

それを救うために天が啓示をもたらしたものである。


*「奇跡の実現」 政木和三   産能大学出版部刊  p、155~p、158 より  引用)


 •*´¨`*•.¸¸.*•.¸¸•*´¨`*•.¸¸


心臓にペースメーカーを使っている方、体内に磁石にくっつく鉄などの強磁性体の金属のが入っている方、乳幼児は使用できません。

また、妊娠初期の不安定期又は出産直後の方は、使用前にかかり付けの医師にご相談下さい。

セルパワーは健康機器です。