一血卍傑~皐月の頃~

テーマ:

とてつもなくメタいです。
とてつもなくメタいです。



少し前までは水気や冷気を伴っていた空気が新芽や花の匂いに染まり、新緑は色を深めて木漏れ日でより美しく輝く。
平和だ、まごうことなく平和な光景だ。
その中で、タケミナカタは憂いを帯びたため息を吐いた。
七福神が茶会のようなことをしているし、直ぐ傍では親族関係者が酒を嗜んでいる。本殿において酒は事件の原因になったりきっかけになることが多々あるので、良識ある酒飲みはわざわざ嗜むという単語を使わなければならない無常。
予想外の精神的伏撃に、またため息。そうした憂いの所作が戦に関わる神の中で一番絵になる、と影で言われているのを知っているのかいないのか。
「この長い休みが終わったら、次は何をするんだろうか」
大丈夫か、問いかけたオオクニヌシとスクナヒコ、イナバの手と口が止まった。
あー、とうとう来たかー、来ちゃうよねー。
三者三様の反応なのに、言いたいことは皆同じ。
「すまない、こちらにフツヌシは……どうかしたのか?」
春に似合わぬ陰気に誘われたか、やってきたのはタケミカヅチ。問題事象の最中にやってくるというのは運が悪いが、彼も過去経験したということを考えれば心強いかもしれない。
「次の遠征の予定が決まったのか?」
「タケミナカタ?」
「それとも手形使用時の編成の相談か? すまない、今はそうしたことを考えるのがとても億劫なんだ」
億劫、軍議において常に臨戦態勢の軍神あるまじき言葉に、タケミカヅチは二つの可能性を考えた。
先に思いついた方は、タケミナカタの言葉を聞く限り違うだろう。
とすれば、恐らくは五月病(仮)だ。
思えば、タケミナカタは本殿に来てからどんなことがあっても定期的に出陣。遠征に従事する期間もあったが、結局は『対パズス戦(本編)』に出突っ張りで、始めの頃は祭事物語でのまとめ役や振り回され役も多かった。
「俺も、去年はそうだった」
そう、タケミカヅチと同じように。
だからこそ、分かる。
「突然の超長期遠征、それに合わせ基本的に遠征生活となり、本殿にいられる時間は極僅か。その間も本隊では行軍を続けていると聞き、ベリアルを倒した俺はもう不要とみなされたのではないかと疑心暗鬼に陥ったこともある」
疾風怒濤、そんな勢いだった生活から一転、安定した場所へ遠征という生活。
その変化に問題なく適応している者も居る。本殿のご意見番のクウヤ然り、遠征番長として食道楽が出来るようになったテッソ然り。
そうでなくとも自身の私生活や使命と命令との折り合いを上手くつける者は大勢居る。英傑と呼ばれる者達は転生した者もいるし『一血卍傑』のお陰で複数の自分が居る者も多いが、八百万界の現代の重鎮だっているのだから。
しかしタケミカヅチやタケミナカタがあっさりと変化を受け入れられるかと言えば、否だ。
「幾度も主君から超長期遠征の影響を加味しての編成と説明され、後にフツヌシが合流してテッソ殿と共に遠征番長と呼ばれるようになり、ロキ殿との戦闘に軍神として参戦を許されてようやく落ち着いた」
聞きたくなかった、初期勢の闇。その頃が最も忙しかったタケミナカタからすれば衝撃の連続だ。
だが、同時に思う。
「分かる」
八百万界が平和になったが故に隠居というのならば、きっとこんなことにはならない。
実際はそうではない。未だ悪霊との戦いは続いている。各地の勢力と合流、協力体制を築きつつあるとはいえ、最終目標地点までの道のりは先が見えない。
休むのも仕事だが、同時に見えない先を考えて気分が落ち込んでしまう。
そして次、が予想できなくて精神が疲弊して回復しきれない。
「以前は、とにかく戦うという気持ちだった。しかし、その、日々色々なことが起きて」
必死に言葉にするタケミナカタを、タケミカヅチは急かさない。
本編とは一切関係ございません、と言いはするが、巻き込まれてしまうのが英傑の悲しき定め。
「僕は国譲りの後は諏訪の森にいて、世俗に疎く、余り人族や妖族の習慣に慣れてない。その中で、突然別の界の者と戦うことになったり、惨多や屠仲威の軍勢と戦ったり、かと思えば行列を整えたりすることになって」
「そうだったな」
疲弊の一因が目の前にいる訳だが、タケミナカタは気づかず続ける。
「お受験も、今まで全く知らなかったので戸惑った。あとは主が食にとんと興味がないのに美食点というのを集め出したり。しかし、本殿に居る英傑達の錬度上げとなれば軍議が始まって。いや、軍議は構わないが、何故そんなことをと考えたり、特効英傑について考えてしまったり」
「そうだな、俺も祭事武器については色々思う所があった」
まさかそれが数日後に再来するとは思わなかった軍神は心から同意した。
「そもそも蹴球大会とは一体何なんだ!? 悪霊との戦いはどうなっているんだ!」
まだカァくんと独神からの連絡しか来ていないにも関わらず、タケミナカタはもう色々と考えしてまっているようだ。尚、独神は「絶対ヒカルゲンジが特効英傑、かむひあ」と謎の呪文を呟いて『一血卍傑』に臨んでいる。
「タケミナカタ」
それは静かな声だった。
「その闇を覗き込めば、一時の俺のようになってしまうぞ」
しかしとても鋭く、抉るようにタケミナカタの心に突き刺さった。
「まぁ、考え過ぎる必要はないだろうよ」
張り詰めた空気の隙間を縫うように、スクナヒコが酒を二柱に差し出す。イナバは全力で頷き、オオクニヌシはタケミカヅチの一言で何か思い出したのか腹に手を当てていた。
前例や早期治療の甲斐あって、タケミナカタの精神の均衡は保たれたのだった。
「所で、タケミカヅチは何か用があったの?」
「ああ、そうだった。フツヌシを見なかったか」
まさかもう一柱の軍神がこの時期特有のもう一つの症例、「荷居徒による無気力症候群」を患っている最中などとは知る由もなかったのだ。
「一昨年に充分な刺激を受け、昨年は望まぬ刺激を受けた。これからは寝て起きる生活が良い」


どんなに患いたくても、事態は勝手に動いていくのだ。
軍神の嘆きとか何とかが聞こえる気がするが、独神はひたすらに報告を待った。
軍神組は頼もしい。各地に分社があって地理に強かったり、体力仕事に強く、何より軍事関係の知識が豊富。
八傑は少数精鋭にして短期決戦型。何より、軍としての動きにおいて個性が強すぎる。
しかし各職業にして旗印。そう考えた場合、ヤマトタケルが荷居徒の影響下にあるというのは看過出来ない事態だった。
が、今年はそれだけではない。
以前から同じように影響を受けやすい英傑はいたが、今年はどうも所謂「赤金」英傑にも及んでいるらしい。
フツヌシ、マサカドサマ、アベノセイメイ、そして本殿に来ていなかったコトシロヌシ。
錚々たる面々、本殿に所属していない者はこれを機に仲間に引き込むという策略を練るにはとても良いことだ。
が。
「産魂の結果、コトシロヌシ殿が仲間になりましたよ!!」
「何で今!?」
皐月は流れに乗りやすいらしい独神、荷居徒を狩り尽くすより前にコトシロヌシを産魂してしまった。



 


遅くなりましたがGWネタでした。
まさかのイイナオトラに続いてコトシロヌシ、しかし霊符入手のチャンスの為両名は日替わり討伐のみで数日過ごしました(最
後の方では周回メンバーになりました)
入手した祭事霊符? タムラマロっておっちゃんだったよ。
オフナサマなんていなかったよ。
金霊符? 多分サイゾウだったよ!!

そして復刻、百鬼夜行。
復刻ですが、スマホから始めたので初めての祭事。
虹灯明で狙うは未だ本殿にいないクラマテングかシュテンドウジ。
――ガシャドクロでした(嘘やろ)
調子に乗って霊符・剛 二〇一六使いました。
――ようやっと炎上神カグツチが来てくれました(難民脱出)。
で、八傑霊符本日使用しました。
――アマテラスが上限突破しました。
 

 

5/1現在行われている、「名探偵ツナデヒメの事件簿」中に起きた実話をそれっぽく小噺にしています。

 

 

今年も酒絡みで事件が起きてしまったような気がするが、過ぎたこと。
英傑同士の切磋琢磨の様子に満足しつつ、英傑に花廊のお庭番を頼んだり、遠征に送り出す日々。
未だ八傑の上限突破の兆しは見られないが、こういうのは自然の流れに任せるもの。遅くとも二週間程で誰か一人くらいはどうにかなるだろう。具体的に言えば一血卍傑を定期的に行っていることで溜まった力が八傑霊符に変わるので、それで転生した者は突破となる。
そんな中で届いたのは、女忍ツナデヒメ参戦の報。
蝦蟇のジライヤ、蛇のオロチマル、蛞蝓のツナデヒメ。
三すくみの関係にある三名が、ようやく本殿に集まる。
その事実にも打ち震えたが、独神は確信していた。
これは、流れが来る。
そうして迎えた、皐月。
「主様、鶺鴒台が!!」
定期的に起こる、鶺鴒台から産魂される英傑の偏り。それは独神と縁を結んだばかりの者や、今起きている事態に即応出来る者が影響を受けやすい。
もう一度言おう、独神は確信していた。
「ジライヤ、確率上昇か」
戦わねばならない時がある。
向かったのは、桜代鶺鴒台。虹灯明を使い、なけなしの鶺鴒ノ火種も使い、秘儀に参加してもらう英傑はモモチタンバとチヨメ。ジライヤと縁は薄いが、独神はこの二人ならやってくれる気がしたのだ。
忍の中では独神との付き合いが二番目に長いモモチタンバは、もう即座に察してくれたらしかった。大分独神に慣れ始めたチヨメも、諦めてくれた。
ある意味独神の選択は正しかった、とはカァくんの言だ。
青い縁が結ばれること三回、しかし待ち人にあらず。
チヨメにとっては泣きの四回目。
「少しばかり、無茶をさせるかもしれん」
普段冷静沈着な彼らしからぬ言葉に乙女なら赤面必至、乙女でなくとも鼓動が騒ぎ出しそうな宣言。
けれどチヨメは慌て、独神は赤の縁に期待を寄せつつも同時に「あれ、モモチ師匠怒ってる?」とか思ってしまった。
流れに乗り、本人達も本気を出した秘儀『一血卍傑』。
産魂の瞬間広がったのは、紫黒の靄だった。


やり方は違えど熟練忍による産魂、五回目はよく来る英傑だった。
「もう無理、もう無理よ」
「許せよ、主殿」
英傑数名と目を合わせる独神、欲深くも純粋な疑問を乗せた瞳に英傑達は揃って首を振った。
流れは予想外の方向へ行き、そして途切れた。
泣きのもう三回を国産み二柱に頼んだが、青い縁が一回結ばれたのみ。当然新入りではなかった。
「忘れた頃に来ると言うべきか、予想外のタイミングで来ると言うべきか」
「主、何故俺を見る」
ハットリハンゾウは全力で解せぬという態度だが、国産み達の卍傑度が最大に行った後すぐの産魂で来た彼こそ当時の独神は解せなかった。
「冥府六傑は予想を裏切る形で来ないといけないとかの約定があるわけ?」
「え、えっと……?」
狙うはジライヤ、運良く特効英傑ヤシャが来たら儲けもの。そんな気持ちで選んだ桜代鶺鴒台。
来たのは冥府六傑が一人――イイナオトラだった。
「独神さん、イザナミ様、ハンゾウさん、僕は来てはいけない時に来てしまったのかな?」
「「「それはない」」」
不安そうなイイナオトラに独神、イザナミ、ハットリハンゾウが異口同音。
そのまま先に来ていた六傑に案内を頼み、独神は軍神組と緊急会議。
「今回の祭事で使用期限が定められた修験界手形・極が二つある。更に使用期限のない極も二つ」
「ササキコジロウ殿の育成はひとまず落ち着いているが、問題は今祭事中ということだ」
「危険外来英傑ロキ、トールは捕獲済み。桜代、双代ジライヤとコノハナサクヤ、オロチマル、クダギツネのお陰でツナデヒメもお迎えして育成も祭事のお陰で順調」
「……ジライヤ殿はどちらも、上限突破待ちの筈だ」
タケミナカタの冷静な指摘は、おそらく全員考えていることだ。
――錬度上限に達しているジライヤの片方と育成組のイイナオトラを交代させるべきではないか。
「フツヌシの言う通り、問題は祭事だ」
「アマノジャクとオフナサマの二の舞怖い」
「あの頃は僕も新入りで悔しい思いをしたが、流石に今の状態なら余裕があるのでは?」
「それを言うなら、あの時だって主はどうにかなると思っていたよ。実際はどうにもならなかったがね」
全員がかつての祭事と祭事英傑を思い出す。召喚台も出来るだけ回してアマノジャクは本殿に来てくれたが、オフナサマは未だにお迎えできていない。
「それに、今回は普段と勝手が違うと主とカラス殿の共通見解なのだろう?」
その上、今回の祭事は底が見えないという恐怖がある。今まで独神には挑んだ結果得られるモノが『視えて』いたが、今回はまるで靄が掛かっているかのようにすぐに手に入るモノしか分からないのだ。
経験値を己の糧に出来ないジライヤ達を編成から外してイイナオトラを育成すべきという長期的な算段と、後半戦に備えて特効英傑全員で祭事を回り続けるべきという短期的な算段。
三つ目の選択肢、ジライヤ以外の特効倍率の低い英傑の誰かと交代という案もあるにはあるが、彼、彼女らも育てられる時に育てておきたい。
そこまで考えた末、独神は決断した。
「輪廻烏達の出番だ」
輪廻烏達は普段鳥小屋で活躍の日を待っているが、今日がその日だ。
「イイナオトラに輪廻烏のから揚げによる洗礼を行う」
今日は秘儀に関する全てが普段より良い結果になりやすい。『輪廻』もその一つ。
「で、編成は?」
「イイナオトラは二軍で様子見、今は祭事の成果が上がり易いのでジライヤ二名はそのまま周回」
急いては事を仕損じる。取り合えず独神は輪廻と贈り物と転身選択だけしておくことにした。



 


嘘だろ、良く来てくれたね!!
そんなイッチの日の朝でした。
ジライヤ三人目は確保したかったですが、ダメでした。
まぁこればかりは巡り合わせというやつで、八傑霊符ももう直ぐ来るわけだし気長に待ちます。
しかし覚醒組も増えつつある中、育てたい英傑も増えるばかり。既に戦力だから育てたい英傑と、見目性格が好みだし覚醒来た時の為に育てときたい英傑、加えて全員転身直前までは育てたくて……。


「ところで主、ここに宝石の姫君についての書状が有るわけだが(またプレイゲームを増やしたのかい?)」
「大丈夫、ながらプレイ出来るもの中心でぐらぶってはいない、同居人の代わりにガチャ回したりはしたが(宝石については解釈違いもあるが「宝石がモデル」くらいの気持ちだったら余裕、リリース開始おめでとう)」
「ほう? で、司馬殿とやらを引いたと」
「自分の身体を左右に振ることで『公平さ』を意識し、『しゃんしゃん』と澄んだ音を意識した擬音を発することで穢れた物欲センサーを浄化したら来たんだ。ちなみに童話ノーツの創造主は来ない(でも初の無属性魔法少女は手に入れたよ!)」
「そうやって安易に運を使うから八傑や六傑や赤金との縁が結べないのでは」
「ちゃんとオイナリサマとウカノミタマにはお礼言ってるよ!」
「そういう問題じゃない」

 

バンケツ世界観についての個人的な考察、解釈が含まれております。

クジにだって意味があるのかもしれない、でも許さない。



時期というか旬というか、極論『運営』と呼ばれる存在を味方につけて負けなし状態だったベリアルを、日付が変わった直後に英傑達総出で叩き出してから数日後。
「また籤かぁ!!」
ベリアルによるオノゴロジマ占拠では何一つ弱音を吐かなかった独神が、叫んでいた。


信頼する存在に己の霊符を預ける英傑は居なかった訳ではない。
例えばアギョウは、完全なる第三者たるウーさん。オジゾウサマは、八百万大社。
何せ書いた本人の魂そのものを産み出すものだ、悪用しようと思えばどうとでも出来てしまう。
「特に人族の呪術師とかな」
「そして当の人族は誰にも預けず、ぬしさまとの縁を信じて産魂されるのを待つ日々」
「まぁ、らしいな」
で、だ。
今までの形式を考えれば沿っていると感心するべきか、或いは流石妖族と唸るべきか。
憶測だが、アギョウは結局英傑だの独神だのというのをよく分かっておらず、ウンギョウのように素直に霊符をくれる性格でもなかったのでウーさんに預け、オジゾウサマはフグルマヨウヒの『お受験』の手伝いを最後まできちんとしてくれるようにと大社の奥の奥に霊符を仕舞い込んだ。
対して、此度の妖族の英傑シンは、自分の霊符の価値を分かっていた。
「ま、まさか霊符を餌に取材道具の感光材料を集めさせるなんて」
「ここまで明け透けだと逆に気持ち良いって、ぼっちちゃんも妙な所でノリが良いよな」
結果、無事に協力したことで仲間になってくれた神族のタマノオヤと共に現在本殿にいる特効英傑二名、加えて引率役にイザナミとダイダラボッチで必死に走り回っている。
「こちらの士気を下げぬ為か、籤引き形式と言ってはいたが。三百分の一、か」
籤引き、自体は悪くないのだ。縁(えにし)を結ぶ行為こそが、秘儀一血卍傑の真髄である英傑を魂産(むすぶ)に繋がる。
が、母数だ。感光材料十個で一回、三百ある景品から一つ。
「つまり感光剤を三千個集めろってことだろ」
辛酸を極めた過去を思えば、極論に走るダイダラボッチを誰が責められるだろうか。そもそも彼は細かいのは苦手で、実際問題一発で特賞を当てられる独神だったら今頃本殿には黒英傑と虹英傑が溢れているだろう。
「だが、どうもそれだけではないような」
「?」
「何やら、独神さまが保管処の賞品の一部について熱心に質問をなさっていてな」
そういえば、とダイダラボッチが思い出そうとするより早く、独神の遣いであるカァくんが文字通り飛んで来た。
「皆様ー、今すぐ本殿にお戻り下さい!!」
「!? どうした!?」
「フレイヤ殿の『かふぇ』が悪霊の襲撃を受けたのです! いや、ぶっちゃけそれはもう片付いたんですけど」
「は?」
「片付いたなら、それで良いのでは?」
「その、フレイヤ殿が例の首飾りの力を暴走させてしまったようで……」
「……? 何か問題が? あれは確か愛の力とやらを増幅させるだけだろう」
「ええと、どう説明したら良いか」
あー、と事情を知っているダイダラボッチが天を仰いだ。
普段は八百万界の理に縛られている降臨神。
だが、そんな彼らは現在『波に乗ってる』――本来の力を半端に取り戻し、そのせいで加減が上手く出来ない状態らしい。
先々週のロキによる悪戯を端を発し、先週はトールが暴れまわる事態になり、今度はフレイヤが魅了の力を暴走させているということだろう。
――このままだと降臨神全員暴走するんじゃ。
――だろうねぇ。
先々週と先週走り回ってた軍神の会話だ。
「モモチタンバ殿が必死に抑えていますが、このままでは」
降臨神に対して『波に乗って』対抗出来る英傑――特効英傑も随時投入されているが、余りにも降臨神側の力が強すぎる。
いや、正直フレイヤはそこまで脅威ではない。問題は彼女に毎回魅了されて随伴を努めている五武燐(剛)と天将二名が状態異常奥義を使用してくる点だ。
分かりやすく言えば、錯乱した仲間の一撃で倒れることが多々ある。
「八傑(転生組)に回してくれ」
「そんなことしたら一緒に行った英傑が全員廟室送りですよ!!」
転生した彼ら――特に前衛の一撃は、生半可な練度では耐えられない。状態異常解除奥義持ちのアマテラスが混乱して奥義を放てなくなったら最後、それこそ『イザナギに速度で勝つ』為とはいえ陽転身したイザナミが耐えて二、三発。
否、恐らく耐え切っても魂に傷がつく。
「ここはアマテラス殿とダイダラボッチ殿、モモチタンバ殿に、イザナミ殿とスサノヲ殿(陽転)の重複回復、広範囲・高火力編成しか――」
「完全にゴリ押し編成じゃねぇか!!」
最近の独神は虹英傑が数名増えたせいか、昔の力押し編成傾向が戻ってきている。当時の苦労を覚えているダイダラボッチはとても悲しい。
お願いします、嫌だ、大丈夫耐えれますって、輪廻転生したせいで今奥義の威力落ちてるんだよ、だからアマテラス殿と一緒に。
飛び交う会話は、同じ独神の下で長く付き合っているからだろう。『彼女達』は特に止めることなく、カァくんによって流された話題に話を戻していた。
「やっぱり『あれ』、入れといて正解だったわね」
「ぬしさまも好きだからねぇ。こうなることは占いでわかっていたけれど」
「楽しみね」
「チヨメ、ナリカマ」
「!?」
「どうかしたかい?」
「ひとまず一度戻ろう。タマノオヤもだが、そなたらも廟室へ行った方が良い」
未だ口論を続ける一羽と一名を脇に置いて、総隊長であるイザナミは帰還を選択したらしい。尚、彼女の片手は涙目のタマノオヤ(転身もしてない本当に純な状態)の、手提暗箱を持ってない方の手を握ってやっている。
「あらあら」
「後輩は可愛いものだよ。同族で同職種なら余計にね」
独神曰く『1.3倍がぁるず』二名の言葉に、そういえばタケミカヅチやタケミナカタも似たような後輩が来た時張り切っていたなぁと思い出したダイダラボッチとカァくんはようやく口論を止めたのだった。




走り書き

なお、異動前後のドタバタにより朝五時夜九時まで勤務状態になっていた同居人が一発で当てました。
彼の独神、提督、騎空団活動を可能な範囲でカバーしたのは――私です。

シンさん、まだ来てません。お話全部読んでからワンチャンと信じてます(多分その頃にはある程度回せてるはず)