日本と海外の相続対策の違いとは | 『投資初心者が資産を効率よく増やすための海外投資講座』by森田朝美

『投資初心者が資産を効率よく増やすための海外投資講座』by森田朝美

海外資産運用コンサルタントの森田朝美が発信している海外投資情報についてお伝えします。


テーマ:

●日本と海外の相続対策の違いとは

 

海外資産運用コンサルタントの森田朝美です。

 

今日はテレビでもお馴染みのMako先生

お料理教室に参加しました。

 

今日のテーマはメキシコ料理!

 

ジャンバラヤだけでなく、サラダ、

アボカドティップ、デザートまで

全て手作りでした。

 

 

 

 

 

めちゃくちゃ美味しかったです♡

 

ところでお料理教室に参加しているのは、

アラフォー、アラフィフ世代の方が大半で

一部相続の話などにも及びました。

 

ところで、日本と海外では相続税に

対する考え方が違います。

 

日本ではいかに相続税を少なくするかに

尽力しますが、海外では相続税を

準備するための方法を考えます。

 

例えば日本で相続が発生したら、

あるお金(資産)から相続税を

支払うことが大半です。

 

それに対して海外では相続税

相当額のお金を運用することで賄う、

のです。

もちろん合法的にです。

 

そのため日本では相続が発生すると

税金を払うことで資産が減ったり

場合によってはお金を工面するなど、

大変だったりします。

 

日本で誰でも知っている某上場企業の

社長さんも、海外で相続対策を

しっかりしていると聞いています。

 

日本でできる相続対策では限界が

あるということと、資産を減らさない

ためです。

 

金融資産が数億円を超える人は、

ご自身が元気で動けるうちに対策を

することをお勧めします。

 

*投資判断は自己責任でお願いします。

 

*****************************************

「お知らせ」

 

6月の相談枠は定員になりました。

 

7月以降のご相談枠については、後日

お知らせします。

 

「hotmail」を使って申込フォームから

お送り頂く方は、迷惑メールに入って

しまうことがありますので、他の

メールアドレスか迷惑メールボックスを

チェックして頂きますようお願いします。

********************************************

個人相談は東京(銀座、新宿)で

行なっています。

 

個人相談はこちらをご覧下さい