とある土曜日、この日は大学時代の友人・後輩とクルージング&BBQ。
風がない予報だったので、羽田空港沖で離発着でも眺めようかなと。

マリーナに到着、膨張式ライフジャケットの使い方講習を終えて出航すると、あれ?
予報よりも少し風があるな。

運河を出ると、想像以上に海が荒れているんです。
南西風を受けた海面、うねりが入ってしまっているんでしょう。

視程は今一つ、靄が飛ばない程度の風ながら、この海面じゃ揺れるな。
波避けられるコース、東京ゲートブリッジをくぐって、浜離宮を往復するコースに変更です。

お台場近くまで来ても、まだ海面は騒ついています。
こんな海、珍しいな。

浜離宮に到着、さすがに波は静かながら、ここに来るまで結構時間がかかってしまったなと。
帰りもスピード出せないだろうし、途中合流のメンバーを迎えにいくため11:30には帰港しなければならず。

あまりのんびりできずに再び出発。

帰りもお台場経由、同じコースを往復するのは珍しいんですけど、これが最も早く帰れるんですよね。

東京ゲートブリッジも、反対から見ると違う景色に見えるもの。
再び少し荒れた海に出て、予定通り11:30にマリーナに戻ることができました。

予想以上に荒れた海だったけど、ゲストが楽しんでくれたようなのでまぁいいか。
こんな日もあるんだと、記憶に留めておくことにしよう。


【今日のワンポイント】
・風が弱くても、向きによっては東京湾奥も荒れ気味になる。
・そんな日は、浜離宮まで片道40分程度を見込んでおくべし。
AD