先月のマリーナBBQのお礼に、ということで頂いたのがこれ。
アンリ・シャルパンティエのテリーヌ・ドゥ・フリュイです。

フリュイのスペルはFruits、まんま英語のフルーツなので、きっと「フルーツのテリーヌ」でいいんでしょうね。
これがまた絶品の美味さなんです。

フルーツの粒が大きくて、果肉の雑味が取り除かれて品のいい甘味や酸味が凝縮されている感じ。
ゼリーも甘味が抑えられていて、果肉の美味さを引き立てるようにしているんでしょう。

とても美味しかったので、母の日父の日まとめてのプレゼントで両親にも持って行きました。
これからも贈り物に活用していきたいけど、季節限定だから1年中置いてあるわけではないのか、季節が変わるとフルーツが変わるのか。

あわせて頂いた焼き菓子、フィナンシェとマドレーヌもいい味っだったので、ゼリーが無くてもこれにすればいいんでしょう。



ところで、アンリ・シャルパンティエって一体何だろう。

甘い物をほとんど食べない私は全然知らなかったんですけど、フランスじゃなくて日本の洋菓子ブランドなんですね。

発祥の地は芦屋、そう聞くだけでハイソな雰囲気を感じます。





ボートに乗るようになって、美味しいワインを頂いたり、黄金柑を頂いたり。

日本全国の美味しさに触れる機会が増えたのもまた楽しさの一つです。
AD