東大xプリンストン大学:プリンストン大学から「東アジア」を考える | 現役高校生のアメリカ留学ガイド

現役高校生のアメリカ留学ガイド

全米トップのボーディングスクールに自力で合格する方法

努力と根性さえあれば誰でも行ける寮制高校

大変ご無沙汰しております。

去年の6月に大学生活について書かせて頂いてからほぼ1年も経ち、「現役高校生」とはほど遠い存在になってしまいました。大学に入学してからは、AFPLA(Asian Future Political Leaders Association)という東アジア5大学で毎年夏に学生会議を行い、議論と交流をする学生団体に参加し、現在代表を務めたり、TEDxUTokyoという学生団体で東大内外の素晴らしいアイディアを広めるお手伝いをしたりと、忙しい毎日ですが様々な形で学ばせて頂いています。

今年1年間をまとめますと、7年ぶりの日本の生活でしたが、素晴らしいコミュニティに出会い、日本の大学、とりわけ東大で学ぶことができて本当に良かったと感じた1年間でした。今後不定期ではありますが、これらの活動やコミュニティについても紹介させて頂こうと思います。

さて、前々回の「日本の学生の『グローバル化』と私が日本で学ぼうと思った理由[1]」から1年間も経ってしまいましたが、その理由を再認識する出来事がありました。今年の春休みに東大のプログラムで6週間アメリカ東海岸のプリンストン大学(Princeton University)で学ぶ機会を頂き、アメリカの大学も短い間ですが経験することができました。

p3


最近プリンストン大と東大との間で協定が結ばれ、学術的交流が理系を主に盛んになってきています。学部生間、そして文系の交換留学は今回が初の試みだったようです。このプログラムでは、今年の春に東大から5名、夏にプリンストン大から5名の学部生が派遣され(渡航費・滞在費・食費・授業費は全額無料)、互いの大学で「東アジア」について学びます。

プリンストン大では、Department of East Asian Studiesが主体となって企画してくださりましたが、私たちが取れる授業は幅広く、イタリア文化論やアメリカにおける格差問題について学んだ学生もいました。私は東アジアの政治や外交に元々強く関心を持ち、さらにこのプログラムが「東アジアをアメリカの観点から見る」ことを主たる趣旨としていたことから、Prof. John IkenberryとProf. Aaron FriedbergのGrand Strategy(古代ギリシャから現代中国までの各国・各時代の外交戦略論)、Prof. Andrew MoravcsikのInternational Relations(国際関係論)、そしてこのプログラムのプリンストン大側のリーダーであるProf. David LehenyのAsian Wars, American Politics, Hollywood Cinema(ハリウッド映画から見るアメリカ政治とアジアでの戦争)を受講させていただきました。どの教授も知らない人はいない、その分野の最前線に立つ方々なので、授業を受ける度に夢を見ているようでした。

授業はほとんどが週2回のレクチャー(といっても、日本のように300人講義などではなく、多くて50人ほど)と週1回のPrecept(TAや教授が教える、ディスカッションや発表を中心とする1クラス10人程度のゼミ)の組み合わせでした。限られた時間しかいられない私たちは主にレクチャーしか出られませんでしたが、とてもありがたいことにプログラムのリーダーをされているProf. LehenyがPreceptにも非公式で参加させてくださりました。Preceptでは毎週レポートを提出し、発表も行いました。レクチャーもとても感動したのですが、Preceptではやはり他の学生と意見を交わしたり、講義ではカバーしきれない範囲まで掘り下げることができたので、特に素晴らしかったです。プリンストン大には多様な地域やバックグラウンドの学生が集まっているので、そのひとりひとりが違う人生経験を通じて、全く異なる視点から同じ世界を見て、感じていることが深く印象に残りました。最近よく日本でも言われている”diversity”は各人の視点・意見・価値(観)の交換によってその意義が初めて実現するものだと実感しました。

自習を前提として1学期に3科目のみ集中するスタイルは、週17コマ(17科目)取っていた東大とは全く違う経験でした。まだ学問的関心が定まっていない中で「教養学部」(最初の2年間)の下、たくさんの分野を学ぶのも良いのですが、4、5科目を1学期にわたり深く掘り下げるのも素晴らしい学びの形だと思いました。毎週ある授業の予習量は膨大で、各授業何百ページもの参考資料をあらかじめ読まなくてはなりません。しかし、どれも私が興味のある政治などの文献で、質の高いものだったので追いつこうと必死でした(全て完読できたわけではありませんが…)。

p1


学問ももちろん素晴らしかったですが、プリンストン大が大好きになった理由のひとつが「人」でした。プリンストン大で学んでいる中高時代の友人にも会い、学校や町の良いところを教えてもらいましたが、その他にも素晴らしい出会いが多くありました。特に東アジア学部の学生の方々は、最初の週にWelcome breakfastでお会いした後も積極的にイベントやパーティー、食事に誘ってくださり、彼らには本当にお世話になりました。日本だけではなく中国、韓国など様々な分野に特化して勉強しているようですが、確固たる目標や知りたいことを持って勉学に励んでいる様子がとても刺激になりました。(とはいっても、どの専攻であれ卒業生の約半数がファイナンスやコンサルに就職するという噂を聞き、さらに知り合いのSeniorはほとんどがその証拠となっていました…)。

p5

(プリンストンの街並み。個人経営のカフェや商店から、J. CrewやUrban Outfittersなどの人気のお店まで様々なお店があります。)

留学生が少ないプリンストン大で、出会った多くの人々が日本から来たことや留学生であることに興味を持ってくださり、寮の廊下で迷っていたときに案内してくださった方やバスルームで歯を磨いていたときに会った方とも、最終日に最後まで見送ってくれるほど仲良くなりました。夏休みに卒業旅行や研究で日本に来る方々も多いようで、プログラムの他の東大生と一緒に東京や近郊を案内することを約束しました。

p4


2月中旬にプリンストンに着いたことから、最初から最後まで大雪に見舞われましたが、雪にはAndover(マサチューセッツ州の高校)の3年間で慣れていましたし、その雪を溶かすほどの人々の優しさに触れることができました(美味しいホットチョコレート屋さんが近くにあったことも助かりました)。また、プリンストン大はキャンパスとその建築物がアメリカで最も素敵なものの一つとも称されるほどで、雪景色と合わせると、毎朝歩いているだけで幸せな気持ちになりました。今年の夏休みに5人の学部生がプリンストン大から研究をしに東大へ来るようなので、プリンストン大で学生たちが心優しく接してくれたように、東大でも素晴らしいおもてなしをし、一緒に真剣に学ぼうと思います。

p7


今年は小学5年生以来初めての日本の学校の春休みで(アメリカの春休みは日本の4分の1程度です)、日本の大学生の春休みというとスキーや合宿、読書など、ただひたすら遊び、休息をとる時間だと思っていました。したがって、プログラムに応募した時には春休み全部がっつり学ぶということに少しばかり迷いがありました。しかし、振り返ってみると、応募・参加させていただき本当に良かったです。日本にいたらできなかったであろうご縁や学びをし、関心のある分野やアメリカ社会に対する新しい発見もあり、社交及び学問において真に満たされる6週間を過ごしました。(プリンストン大の春休みに、一週間カナダでTEDActiveというイベントにTEDxUTokyoのサポートのもと参加させていただき、それも世界中から強い意志とパッションを持った素敵な人々が集まったかなり濃い一週間でしたが、それはまたの機会にお話します。)

東大も学びの場として最高の環境や人々が揃い、毎日とても楽しいのですが、プリンストン大では寮生活及びゼミ、Eating clubと呼ばれる会員制クラブなど様々なコミュニティによって緊密さや絆が形成され、Andoverとも似ていたことから、そのような環境で学ぶことをとても懐かしく思います。しかし、東大とプリンストン大の違いを認識しながらも、それを肌で認識できる、つまり両方を経験できるという幸運に恵まれたことに嬉しく感じ、さらにこの機会を与えてくださった東大に感謝の気持ちでいっぱいです。プリンストンで出会った人々や、週末にNYやCambridgeで再会した中高時代の友人にはとても良い刺激をもらいました。何千マイルも離れてはいますが、負けないように東京でも様々な経験や学びを通じてやりたいことを見つけ、熱意と自信をもって取り組めるように精進します。

p8


最後まで読んでくださった方々、ご辛抱のほどありがとうございました。
大変長々と書いてしまいましたが、この東大xプリンストン大学のプログラムの雰囲気と学びを少しでもお伝えできていれば幸いです。