かなり時間が過ぎて、もういろんなモノが失われているが、

今後の自分のためにも書いた方がいいのだろう。

 

前編 からの続き。

 

20kmまではそこそこのペースで走れていた。

 

21-25kmまで

4:48-4:39-4:46-4:47-4:51 (23:50)

 

目標の4:43/kmからは遅れているが、特に大きなトラブルはなく、

心肺もそれほど苦しくなく、攣る徴候もない。

ここまでネットタイムなら4:44/kmなので、このまま行ければだけど、まだ200分切りが可能だ。

今思えばこの時が一番幸せだった。

(写真は失速前と思う)

 

26-30kmまで

5:18-5:13-5:10-5:21-5:15

 

26kmから突然キロ5分を切ることができなくなった。

自分の感覚では特に何も変わっていない。

何も起きていない。

 

・・・と言えば嘘になる。

そりゃ多少苦しいし、疲れてきたのは否めないけど、しっかり呼吸できるし、脚も腕も自分の感覚的には問題なく動いている。レース前の30km走の時と変わりないし、あの時は後半にペースアップもできたはず。

 

何にも変わっていないのに、ガーミンのラップだけが4分台をまったく表示しない。

(ならば無理にでもペースアップするか?)

いや、25km過ぎたばかりであと17kmもあるのに、そんなことしたら「大撃沈」は必至だろう。

くやしいが無理にペースアップせずに「復調」を信じて走った。

 

31-40kmまで

5:13-5:15-4:56-4:57-5:03-5:34-5:34-4:59-5:14-5:23

30km過ぎてもまったく「復調」の兆しは見られない。

復調どころか、いつもの30km過ぎの体の重さや辛さがヒシヒシと来るようになった。

ペースがでこぼこなのはダイレクトに勾配を反映しているのだと思われる。

 

Goalまで

5:09-5:55-(+α)

40km地点でガーミンをちらっとみて、最後に劇坂があることをふまえて、サブ3.5できないことを悟った。劇坂は歩いた。走る気力も体力もなかった。

 

思うように走れなかった原因(にもならない)というか感想にしかならないが、

時間がないので次回にします。

 

↓ ネガティブな記事はやめ、の人も、もがきを見るのが喜び、の人もクリックお願いします。


にほんブログ村

AD

コメント(4)