2008年09月23日 23時35分08秒

「蒙」の字が外される?

テーマ:ブログ
文化審議会の漢字小委員会が「蒙」の字を常用漢字から外そうとしているらしい。

「蒙古」ぐらいしか使用されていないとのことですが、「啓蒙」があるではないですか。


「蒙」は暗いというような意味で、それからすると「蒙古」は「暗く古い」なので、モンゴルに対して失礼な字を当てたものなのですから、「蒙古」をなくして「モンゴル」にすること自体は私は喜ばしいことだと思います。


でも「啓蒙」の「蒙」が使えなくなると、近年増加している「障がい」の類いの用字がまた増えて「啓もう」とされるのでしょうか?


「障害」は本来は「障碍」とか「障礙」と書いたものが、戦後の、今でいう常用漢字、当初の当用漢字から「碍」も「礙」も外され、「害」を当てたために現在使われだしている「障がい」にまでたどりついているのですが、個人的には漢単語を漢字とひらがなの混ぜ書きにするのは一般論でいえば知能が低いんじゃないかと思えて大っ嫌いです。


ウィキペディア で知ったのですが、「碍」は「礙」の俗字とのことなので、私も個人で使用する時は「害」には抵抗を覚えていますし、かといって「碍」は「得」に引っ張られて「トク」と読みそうなのでこれも抵抗があったのが、「礙」ならば「ギ」に近いので「碍」に比べれば抵抗が少ないから、今後、個人的に表現する時は「障礙」にしようか、などと思い始めています。


「障がい」に限らず、すべての単語について対案があって言っているのではありませんが、漢字ひらがな混じり漢単語を使うよりも別の漢単語またはやまとことばを使うべきだと思います。


で「蒙」の字ですが、これを「暗い」意味だと知って使っている人って、どのくらいいるのでしょうかね?


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2008年09月14日 23時59分46秒

ラモーの「一つ目の巨人」をアップしました

テーマ:音楽
かやくりひMIDIデータ館 にラモーの「一つ目の巨人」をアップしました。

「一つ目の巨人」を初めて聞いたのはロベール=ベイロン=ラクロアのクラヴサンを弾いたエラートのCDでだったと記憶しています。

その時もすごい曲だと思ったのですが、今回ネット検索したらYouTubeで曽根麻矢子のクラヴサン演奏による「一つ目巨人」 が見つかりました。

「一つ目の巨人」よりも「一つ目巨人」のほうが誤解なく「目が1つの巨大な化け物」と理解できぞうですが、「一つ目の巨人」の言い方に慣れてしまっているので、その表現にしておきます。

ピアノの類いを自分で演奏できないので、データ入力している最中にはそれほど感じず、Museの譜面モニターで見ると同じ音を右手と左手で弾いている箇所があるとは気が付いたのですが、映像で見ると右手と左手の交差部分が強烈に印象に残ります。

単にA~Jまでの10のメンバーを順番に左右の指にあてはめただけで、メンバー色もデフォルトなので、Eが水色っぽくなってしまったことを除けば、右手がほぼ赤から黄色系統、左手がほぼ緑から青系統になっています。

MIDIのみで聞いていると判断しにくいかもしれませんが、Museの譜面モニターで見ながら聞いていただくと、右手と左手の交差の部分も想像しやすいと思います。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2008年09月08日 15時02分39秒

ラモーの「鳥のさえずり」をアップしました

テーマ:音楽
かやくりひMIDIデータ館 にラモーの「鳥のさえずり」をアップしました。

ラモーは私の大好きな作曲家の1人で、「ソローニュの痴れ者」「一つ目の巨人」「3つの手」など、大クープランほど多くはありませんがクープランにも負けないような、気になる題名がついた曲を残しています。

ディジタル版モーツァルト全集に続いてIMSLP(International Music Score Library Project) を見つけたので試しにラモーを検索したらクラヴサン曲集が出てきました。

ただ、こちらはモーツァルト版とは違って日本語版にしてもナビゲーションのみが日本語なだけですし、データによってファイルタイプも違うらしく、現時点ではラモーのクラヴサン曲集のデータをダウンロードできたこと自体が幸運だった気がしてきます。
AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2008年09月01日 10時19分07秒

モーツァルトのアダージョとロンド k.617をアップしました

テーマ:音楽
かやくりひMIDIデータ館にモーツァルトのグラスハーモニカ五重奏のためのアダージョとロンドをアップしました。

1970年だったと思いますが、NHK総合テレビで声楽家の故立川澄人氏(この頃は清人ではなく澄人を名のっていた)が司会のクラシック番組があって、この曲だったかグラスハーモニカ独奏用の幻想曲だったか、どちらかは忘れましたがグラスハーモニカのためのモーツァルトの曲の演奏がありました、

データ館で書いたようなアルモニカ(ウィキペディアの呼称に合わせました)で演奏したのではなく、たぶんグラスハーモニカで演奏したのだと思います。

FM放送ではなくテレビでしたので、グラスを実際にこすって演奏していたように覚えていますので。

当時はステレオ放送もされていなかったし、うちの受像機は安物だったのですが、この楽器の音色に魅了されとことは覚えています。

この魅力的な楽器のためにモーツァルトの残した曲も魅力的なのですが、残念ながら特殊な楽器のため、ほとんど知られていません。

幸いMuseの音源にBowed グラスというのがありました。ガラスを弓で弾くのでしょうか? このつたないデータでモーツァルトの隠れた名曲に1人でも多くの人に接してもらえれば嬉しい限りです、
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。