【今週の出走馬】シュヴァリエローズは菊花賞を回避し府中へ | Thoroughbred World

【今週の出走馬】シュヴァリエローズは菊花賞を回避し府中へ

今週は2頭が出走。

 

2021/10/24 阪神4レース 2歳新馬(牝馬限定・芝1600m) シタン 福永祐一騎手

 

 

小柄なエピファネイア産駒。

育成段階から大きなトラブルはなかったものの、馬体の成長を促しながらゆっくりと育ててこられました。

 

真夏に入厩後もすぐにゲートに受かりましたし、

走りに対して真面目というところが良い意味で捉えれば、勝負根性にもつながってきそうです。

 

菊花賞デーの新馬戦ということでメンバーも揃いましたので、

そんなに簡単ではないかもしれませんが、ここで好勝負ならグッと展望が開けてきそう。

 

回転の速いフットワークでギアチェンジには苦労しなさそうなので、

決め手が生きる展開になると嬉しいですね。

 

 

2021/10/24 東京10R 甲斐路ステークス(3勝クラス・芝2000m) シュヴァリエローズ 三浦皇成騎手 

 

 

会いに行ける関西馬ことシュヴァリエローズはこれで関東のレースは3回目。

初めての府中での出走となり、ディープ産駒らしい末脚全快の競馬に期待したいところです。

 

前走の関ケ原ステークスはエンジンの掛かりが遅くて直線では猛然と追い込むも届かず2着。

この時点では菊花賞に登録していたものの、結局回避してこのレースに向かうこととなりました。

 

もちろん出走したとして、通用したかはさておき、

賞金の足りていたダービーも菊花賞も回避することとなり、

出資者を納得させるためにもここは結果で応えてほしいところです。

 

相手はやはりプリンシパルS勝ちのバジオウが最大のライバルでしょうか。

イロゴトシなどもちょっと怖いですが、なんとか勝利をもぎ取ってほしいですね。