【今週の出走馬】なんと一気に3頭がデビュー | Thoroughbred World

【今週の出走馬】なんと一気に3頭がデビュー

今週の出走馬は全部で4頭。

先週除外の影響でスライドし、なんと4頭が出走することになりました。

 

2021/9/25 中山5レース 2歳新馬(芝1600m) アイレ 三浦皇成騎手

 

6月中旬にゲート試験を合格してから、一旦放牧を挟んでのデビュー戦。

6月の時点ではかなりメンタルに難しいところを抱えており、馬体重の維持に苦労するなど、

なかなかしっかり仕上げるということが難しかったようですが、

8月末の再入厩後はしっかりと時間をかけて乗られています。

 

喉に疾患があり、DDSPよりも喉鳴りっぽいそうですが、今のところ影響はなさそう。

最初は喉の状況から探り探りではあったところからずいぶんとしっかりとしてきたようです。

メンタル面も大分成長しているようでそれなりに期待して迎えられる下地は整ったかなと思います。

 

 

 

2021/9/25 中山5レース 2歳新馬(芝1600m) アメトリーチェ 菅原明良騎手

 

先週仲良くアイレと一緒に除外になったのですが、結局同じレースに登録し、

緒戦から直接対決となってしまいました。

 

こちらは7月に初入厩。ゲートで跳ねて不合格になるなど、ちょっと、難しいところがあったようですが、

その分馬の動きは軽いようで、一週前追い切りでは、美浦の坂路を51.6秒でまとめてくるなど、

確かな脚力を見せてくれています。

 

先週除外で一週延びた影響は若干心配ではありますが、仕上がりとしてはアイレよりこちらの方がよさそう。

5月生まれのノルマン募集馬がそんなに簡単に新馬から結果を出せるというわけではなさそうですが、

持ち前のスピードを生かして頑張ってくれればあるいは…という感じ。

そのためにもしっかりとスタートを決めてもらいたいです。

 

 

2021/9/25 中京10レース 夕月特別(2勝クラス・芝2000m・牝馬限定) サンテローズ 福永祐一騎手

 

image

 

土曜日には中京でも一頭が出走。10レースの夕月特別にサンテローズが出走。

4歳9月で5戦目。うーん、大きな怪我をしたわけではないのですが…。

 

前走は初めての2勝クラスで大雨の影響があったレース。

道中引っかかってしまい、最後の直線では伸びきれませんでした。

そこからすぐに使ってくれればよいのですが、しがらきに放牧に出している間に左トモの蹄に問題が見つかり、

一撃必殺の半年休養となってしまいました。

 

帰厩後は坂路で毎週好時計を連発し、動きも文句なしということで期待は高まるのですが、

問題はやはりメンタル面になるでしょう。

今回は福永騎手との新コンビ。9頭立てでさすがに詰まることはないでしょうが(フラグ)

しっかりと折り合って競馬しないと2勝クラスでの安定勢力には太刀打ちできないでしょうから、

そのあたりが上手くいくことを願っています。

 

 

2021/9/26 中山5レース 2歳新馬(芝2000m) ケリーズノベル 菅原明良騎手

 

さて、この世代で一番の問題児かもしれないケリーズノベルが新馬に登場します。

6月初旬にゲート試験を合格、その後NF天栄に放牧に出して調整して、

8月下旬に帰厩し、そこから毎週のようにしっかりと追っているのですが、

全くと言っていいほど時計が詰まってきません。

 

なんか毎週調教をするたびに、そもそも走り方の部分で課題が見つかってしまうような状況で、

馬具で矯正したりなどいろいろな工夫はしてくれていますが、

解決の糸口を全く掴めぬままのデビューとなります。

 

とりあえず調教の感じからは、おそらくペースアップする3コーナーからは全く付いていけない感じになるとは思うのですが、

多分スタミナに問題があるとか、バテるとか、そういう次元ではなくて走り方を分かっていないタイプの馬だと思うので、

芝で走ってみて自分に合うきっかけを何か掴んでもらいたいです。