キャロット応募結果2021 | Thoroughbred World

キャロット応募結果2021

◎抽選突破、○無風当選、×抽選落選、-抽選対象外

最優先

○63.ライジングクロスの20(リアルスティール)

 

一般

×11.モアザンセイクリッドの20(ドゥラメンテ)

◎17.エンジェルフォールの20(ドレフォン)

-19.メジロシャレードの20(ドレフォン)

◎27.エンシェントヒルの20(サトノダイヤモンド)

×46.フロアクラフトの20(ロードカナロア)

×50.インナーレルムの20(ハーツクライ)

×59.グランデアモーレの20(モーリス)

-64.ラカリフォルニーの20(キタサンブラック)

×80.シェルズレイの20(ダイワメジャー)

○88.キャヴァルドレの20(War Front)

 

昨日の時点で既に最優先のライジングクロスとキャヴァルドレは当選確定していましたが、

抽選対象となっていた7頭の結果は2勝5敗となりました。

これでも十分すぎる内容で、過去2年合計0勝10敗からずいぶん進歩しました。

 

 

最優先 ライジングクロスの20(リアルスティール)

 

バツなし組で母馬優先を持っていない組の中ではかなり人気になった一頭かと思いますが、

以外にも票が伸びず一般抽選にまで回ったことで、抽選になることなく確保できました。

今年いろいろなクラブで人気になったリアルスティールの仔ですが、

牝馬に関して言えばかなり好みに近い造りでした。

父リアルスティールがサンデーで募集された際の写真を見ると背中が短め、脚長めというのがパッと目に浮かびますが、

この馬はまさにそれが良く出た造りかと思います。

牡馬であればスタミナ寄りの配合でクラシックディスタンスを、牝馬であればやや短めの距離でマイル路線をと考えていただけに、

この馬がぴったりかなと思いました。

 

 

一般 エンジェルフォールの20(ドレフォン)

 

ようやくキャロットで募集がかかっただけに応募が殺到するかに見えましたが、なんと取れてしまいました。

多分人気しなかった理由は厩舎とこれまでの産駒成績を嫌われたからかなと思います。

4月下旬生まれでやや盲点になったところもあったかもしれません。

アドマイヤサンデーの牝系は成長力があり、体重も増加しやすい傾向にあるので、

逆にこのくらいのサイズで募集が掛かってくれた方が安心できるかなというのもありますね。

厩舎については、ヴァーゲンザイルで散々お世話になった先生ですし、信頼しています。

 

 

一般 エンシェントヒルの20(サトノダイヤモンド)

 

これまたアワブラッドですし、まさかの抽選突破で驚きです。

やはり初年度のサトノダイヤモンド産駒は一頭は出資したいなと思っていたのですが、

シルクのブロッサムレーンの20も箸にも棒にもかからず、

正直キャロットでも厳しいかなというのがありました。

これもおそらく嫌われた理由は厩舎と母が高齢であることなのかなと思います。

私の予想はサトノダイヤモンドはスタミナ寄りで胴長タイプ。

と考えると母父エンドスウィープのこの馬のような、

ギュッと馬体を締めてくれるようなカップリングの方がいいかなと思いました。

 

 

一般 キャヴァルドレの20(War Front)

 

これは盲点というかお値段もあるのでしょうけど、本当に誰も取りに来ず抽選にすらなりませんでした。

(実は仲間内だけで10口ぐらいいるような気がしているんですけどね)

外国血統によくある武骨でパワー一辺倒というタイプではなく、いい意味で日本のノーザンファーム血統によく居そうな造り。

サイズ感などを含めても弱点が少なく優等生タイプに見えますね。

War Front自身は輸入成績がそこまで上がっているわけではないですが、日本適性を見越して輸入された種牡馬からも

期待値は高いとみていますので、お得意のマル外枠で一発夢を見たいです。

 

ということで2歳勢は今のところ以下の通りとなりました。

 

【社台地方オーナーズ】

牡 バーボネラの20(グランデッツァ)

 

【サンデー】

牡 マザーウェルの20(リアルスティール)

メス ザズーの20(ダイワメジャー)

 

【キャロット】

牡 エンジェルフォールの20(ドレフォン)

牡 キャヴァルドレの20(War Front)

メス ライジングクロスの20(リアルスティール)

メス エンシェントヒルの20(サトノダイヤモンド)

 

【シルク】

牡 ソーディヴァインの20(ドレフォン)

メス コーステッドの20(ドゥラメンテ)

 

【東サラ】

牡 アイスパステルの20(リオンディーズ)

メス タイムレスメロディの20(エピファネイア)

 

 

カナロアやハーツ不在とやや実績には乏しいですが、新種牡馬や未知数な種牡馬を多く取り揃えての勝負。

みんな無事にデビューを迎えて、クラシックを沸かしてくれる馬の登場を期待したいです。