FREE WALKING TOUR Part1-2 | BLUE TRAVEL

BLUE TRAVEL

NO TRAVEL, NO LIFE!
行きたいとき、行けるときに行かねば。

FREE WALKING TOURつづき

 

ベラルーシ国立ボリショイ・アカデミー劇場

 

軍事施設

 

スターリン様式の建物

 

テレビ塔

 

このアパートは・・・

 

リー・ハーヴェイ・オズワルドが暮らしていたアパート。

オズワルドはジョン・F・ケネディ暗殺の実行犯とされている。

ソ連に亡命してきてミンスクで職を与えられ結構いい暮らしをしていたそうです。

でもミンスクがつまらなすぎてアメリカに戻る!と言って受け入れたアメリカもどうかと思うけど。

 

 

勝利広場

 

第2次世界大戦のソ連の勝利を記念して建てられたオベリスク、その手前には戦死者を弔う永遠の火が燃えています。

 

 

ここでツアー終了クラッカー

 

たっぷり説明で約2時間、疲れましたチーン

いや、充実してました。

わずかながらTipを渡し、解散!!

 

最後、ガイドさんが「ベラルーシ菓子が買えるよ」と教えてくれたКаравайというお店に行ってみることに。

勝利広場に面してますが、道路は広すぎて渡れないので地下通路を通って。

 

 

これね、マシュマロにチョコがコーティングしてあるやつ。

 

 

メレンゲに見えるけど、マシュマロみたい。

メレンゲもマシュマロも苦手なのでトライしませんでした。

一袋くらい買えばよかったかな。

どうも先入観で選択するもしくはしない傾向になってしまうので、自分じゃ選ばないだろうものを他者に押し付けられた方が視野が広がる気がする。

食べてみたら美味しいかもしれないのに。

 

 

この後、だだっ広い道を進み、

 

 

川を渡り、

 

 

サーカス劇場を見て、

 

 

トイレ目的でカフェへ。

 

 

人がいたので店内は撮りませんでしたが、なんていうか、モダンでオシャレ。

 

日本のようにブームというわけではなく、パンケーキやワッフルをあちこちのお店で見ました。

白チーズ入りパンケーキSyrnikiもベラルーシではメジャーなようです。

 

というわけで、パンケーキを。

 

 

シャ・レ・テ・ル音譜

 

 

コーヒーとセットで300円弱ですよ、奥さん!!!

 

映え映えパンケーキを欲しているなんとかグラマーはベラルーシに来るとテンション上がると思います。

 

もっちもちでふわふわでした。

普段カフェにもパンケーキにも興味がないので食べに行きませんが、海外では休憩の為、トイレ借りる為にカフェを利用します。

やはりオシャレだったりするとテンションあがりますね。

なるべくマックやスタバには行かないようにしてますが、そういえば、スタバってあったっけ?

マックとケンタは見ましたが、スタバは見ませんでした。

ご当地マックも楽しいけれど、その地にしかない店舗で雰囲気を味わいたいという思いが強いです。

 

小腹も満たされ、再びだだっ広い道を進んで行きます走る人