人は脆い どこに自助と共助と公助が必要か | ヤモリのつぶやき
新型コロナウイルスに関する情報について

ヤモリのつぶやき

日々のニュース解説等をつぶやきます......

 なんだか妙に沢山睡眠を取る状態になってしまった。
 どうも、疲労が貯まっているようだ。
 もそもそ起き出してきて先般の記事を書いている最中に、また痛ましい訃報が飛び込んだ。
 有名女優さんが、まだお子さんが生まれて間もないのに亡くなられたと言う。
 ↓↓↓↓↓↓
竹内結子さん死去 40歳 ドラマ「ストロベリーナイト」、朝ドラ「あすか」 映画、舞台でも活躍 9/27(日)
https://news.yahoo.co.jp/articles/b5151c49760de5e9a6242f5c7d1c13d9af876e21
【訃報】女優・竹内結子さん死去 40歳 2020-09-27
https://sn-jp.com/archives/14418

 ここ半年でもかなりの数の方が、自ら命を決してしまう。
 ↓↓↓↓↓↓
訃報の記事一覧
https://sn-jp.com/archives/tag/%e8%a8%83%e5%a0%b1
過労自殺、専門職と管理職5割超 20年版白書、概要判明 9/24(木)
https://news.yahoo.co.jp/articles/f841f27e37312839cd93c3893afd0d012351e6a5
 過労死・過労自殺の現状や国が進める防止対策をまとめた2020年版「過労死等防止対策白書」の概要が24日、判明した。15、16年度に仕事が原因の精神障害で自殺、労災認定された人の職種を分析した結果を掲載。専門・技術職と管理職で全体の5割超を占めた。また、自殺する前に医療機関を受診していなかった人も6割に上った。白書は10月に閣議決定される見通し。
 
 白書の概要によると、15、16年度に過労自殺で労災認定された167人を調査したところ、研究者やエンジニアなどの「専門的・技術的職業従事者」が67人、企業の課長などの「管理的職業従事者」が25人だった。

------
G7で最悪の水準…日本で自殺者がこれほど多い2つの理由 2020/09/10
https://news.goo.ne.jp/article/php/nation/php-20200907191841698.html
自殺者、10年連続減で過去最少に: 自殺率はG7で最悪  2020.03.17
https://www.nippon.com/ja/japan-data/h00681/
令和2年中における自殺の状況 警察庁
https://www.npa.go.jp/publications/statistics/safetylife/jisatsu.html
令和2年の月別自殺者数について(8月末の速報値)(125KB)
https://www.npa.go.jp/safetylife/seianki/jisatsu/R02/202009sokuhouti.pdf
 
----

 武漢肺炎での死者が1500人を超え、世界でも100万人に到達しようとしている。
 ↓↓↓↓↓↓
新型コロナウイルス感染症の現在の状況と厚生労働省の対応について(令和2年9月26日版)
https://www.mhlw.go.jp/stf/newpage_13775.html
 
COVID-19 Dashboard by the Center for Systems Science and Engineering (CSSE) at Johns Hopkins University (JHU)
https://gisanddata.maps.arcgis.com/apps/opsdashboard/index.html#/bda7594740fd40299423467b48e9ecf6
 
--

 武漢肺炎禍で経済も大きく傾き、世相も暗くなる。
 そういった犠牲をたった一ヶ月で上回ってしまうような自殺者の数だ。
 筆者的には、いかにして命を守るかという点で武漢肺炎禍の発信を続けてきただけに、非常にやるせないものがある。
 
 しかし、痛ましい事件をただの不幸な出来事と囲わず、この構造をしっかり把握して、正しい対処をしていくことが重要と考える。
 
 簡単に自殺と言うが、その理由は様々なものがある。
 先般話題になったのは、HPSだ。

 ↓↓↓↓↓↓
HPS(Highly Sensitive Person)
ハイリー・センシティブ・パーソン

http://www.madreclinic.jp/pm-top/pm-symptom/pm-symptom-22/
田村淳さんも公表した「HSP」とは? 2020/06/15
https://www.nippku.ac.jp/faculty/04/column/hpstowa/

 ものすごく簡単にくくれば、真面目な性格な人ほど、抜け出せない穴に嵌るといえよう。
 息苦しい世の中だからとか、政治が悪いと切るのは簡単なことだ。
 ↓↓↓↓↓↓
竹内結子さんの死去に、青汁王子「これは芸能界の闇なんかじゃない、日本社会の闇の縮図」 2020-09-27
https://sn-jp.com/archives/14440

 多発する自殺は武漢肺炎禍の影響もあるといわれる。
 ↓↓↓↓↓↓
COVID-19パンデミックがもたらす心理的影響
https://www.jstss.org/ptsd/covid-19/page01.html
コロナ禍による将来展望の悪化が、若者のメンタルを蝕んでいる 9/16(水)
https://www.newsweekjapan.jp/stories/world/2020/09/post-94451.php
自殺の経済社会的要因に関する
調査研究報告書 平成 18 年 3 月 京都大学

http://www.esri.go.jp/jp/prj/hou/hou018/hou18.pdf

 

 現実はどういったことなんだろうか?
 経済問題で亡くなる方は多いので、経済を維持するという点では政治の意味する所は大きい。
 経済禍がなくなれば最後のラインを飛び越える必要がないからだ。

 それ以外の点だと、個々人に由来する問題が大きいと認識される。
 しかし、ここにこそ重要な問題が隠れている。
 自助=天は自ら助くる者を助くという。
 この考えを、こういった自殺傾向の高い方に当てはめてしまうのは、危険極まりない考えだ。
 この点が猛烈に重要で、かつ、あまり理解されていないようなので、記事にした。

 どういうことか?
 例えば、下記のような話がある。
 ↓↓↓↓↓↓
知ってほしい“産後のうつ”~92人自殺の衝撃~ 2018.09.14
https://www.nhk.or.jp/d-navi/sci_cul/2018/09/story/special_180914/
以下抜粋
2年で92人自殺 最多の死因に
今月5日、国立成育医療研究センターが深刻なデータを発表しました。

おととしまでの2年間の人口動態統計を活用し、出産後1年未満に死亡した女性について分析したところ、▽自殺が92人で最も多く、次いで▽がんが70人、▽心疾患が24人、▽出血が20人などでした。自殺した時期をみると、出産後すぐの1か月ですでに10人で、その後も続き、9か月で13人など、1年を通して起きていました。
 
さらに、35歳以上や、初産の女性などでその割合が高い傾向を示していました。

------
出産後のママは注意!産後うつの特徴と対処法 2020.05.01
https://www.tawara-clinic.com/blog/006/
【産後うつ病】子供のせいで起こる病気ではない点にご注意を 2019.12.11
https://hidamarikokoro.jp/kanayama/blog/%E3%80%90%E7%94%A3%E5%BE%8C%E3%81%86%E3%81%A4%E7%97%85%E3%80%91%E5%AD%90%E4%BE%9B%E3%81%AE%E3%81%9B%E3%81%84%E3%81%A7%E8%B5%B7%E3%81%93%E3%82%8B%E7%97%85%E6%B0%97%E3%81%A7%E3%81%AF%E3%81%AA%E3%81%84/
 ↓↓↓↓↓↓
医師が語る 自殺する人と、踏みとどまる人の違い
自殺について考える(上) 2018/3/14

https://style.nikkei.com/article/DGXMZO27917660Z00C18A3000000/
自殺を防ぐために 知っておきたい「TALKの原則」
自殺について考える(下) 2018/3/23

https://style.nikkei.com/article/DGXMZO28299330Z10C18A3000000
 ↓↓↓↓↓↓
「うつ」と「うつ病」は違う 大事な受診のタイミング
うつ病との付き合い方、遠ざけ方(上) 2019/5/16

https://style.nikkei.com/article/DGXMZO44456020X00C19A5000000/
自殺未遂者の心理と対応について
福岡大学医学部精神医学教室 衞藤 暢明 H26年8月掲載

http://www.ktq-kokoro.jp/lecture/1455
三浦春馬さん急逝、臨床心理士「一番見抜くのが難しい」「衝動を乗り越えるにはまず30分という対処も」 7/21(火)
https://news.yahoo.co.jp/articles/23759d4fbddb50ace3a284ab11a38a4d80839548

 ものすごく簡単に言うと、自殺をする方の多くは正常判断ができない状態に陥っていると言える。
 鬱、あるいは鬱病という状態に陥り、思考が出口を見いだせなくなってしまう。
 そして、近年明らかになってきたのが、下記だ。
 ↓↓↓↓↓↓
うつ病に「ほぼ全員が持っている」ウイルスが関与? 2020.7.8
https://diamond.jp/articles/-/242110
うつ病の一部は「体内での炎症」が原因か:研究結果
https://wired.jp/2015/12/06/inflammation-depression/
一部のうつ病患者は、体内で炎症が起きていることを示す「C反応性タンパク(CRP)」の数値が高く、これが「意欲」と「報酬」に関連する脳の領域間の「交信障害」に関係しているという研究結果が発表された。 2015.12.06
-----

 つまり、単純に気の持ちようとか気鬱ということではなく、しっかり原因があって、おかしなことになってしまうという可能性があるのだ。
 上記の女優さんのケースでは初めての子供ではなく二人目で、しかも最も子育てに母親の力が必要な時の選択として、かなり矛盾を感じるはずだ。
 つまり、望んだ行為ではなく発生している可能性を多分に含むのだ。
 なお、上記の研究結果は、筆者も経験がある。
 調子が悪いとあらゆることのやる気が無くなってしまうのだ。
 あくまで仮にという思いつきの話だが、細胞にアポトーシスという機能がある事は知られているが、そういったものが本体に誤作動というもたらすという可能性だってあるのだ。

 そして何より重要なのは、そのような状態=見た目は普通に見えるが精神的に引きずられている状態は、自助は効かないことだ。
 傍目からは普通に見え、元気に振る舞い、問題を感じない状態でも、あり得るのだ。
 思考そのものがループ化し方向性が乱れている時、自分自身で抜け出せるなら、そもそもそのような状態にはならない。
 下手をすると本人すら自覚できてない可能性すらある。
 魔が差すなどと表現されるが、ふっと至るものもある。

 さらにこの問題を難しくするのは、鬱病などの場合、寛解期に自殺に及んでしまうなどという事例があることだ。
 さりとて、精神病院やメンタルヘルスクリニックに通い続けるとか、薬を日常的に呑むことへの抵抗感も高く、かつ、薬剤リスクもある。
 例えば、出産後の主婦とかなら授乳に絡んで薬はできるだけ避けたいと思うものだ。
 同様に、おかしいなと思っても解りにくいレベルでは、病院にかかったりすることも無かろう。
 そうして問題は確実にご本人を蝕んでしまうのである。

 こういった事態に、自殺はダメですとか、周りの人が悲しむからというような話をしても、恐らく効果は薄い。
 周知の事実であり、それが解っていても行為に及ぶという点が重要だ。
 誤解を恐れずに言えば、周囲が積極関与していくしか抜け出せる可能性は低いと思う。
 いわば、互助・共助の部分である。
 人権問題があったりして赤の他人が関われる部分は多くはないから、とてつもなく問題は根深い。
 
 だがしかし、自殺に限らず、ご本人の意思では抜け出せないような件は少なくないのだ。
 例えば、ここ最近で話題になったものが下記だ。
 ↓↓↓↓↓
ヒステリックブルー元メンバー、また“強制わいせつ” … 4年前に刑期終えフェミニスト&活動家 2020-09-23
https://sn-jp.com/archives/14023
瀬戸大也「4600円不倫」の代償1億円!!妻黙認「俺は欲求が強い」豪語! 2020.09.26
https://taishu.jp/articles/-/77645?page=1
謝罪の瀬戸大也、ANA所属アスリート欄から外れる 9/26(土)
https://news.yahoo.co.jp/articles/729f72989103da6819a5d10f22d76b8c9a4f4781

 前者と後者の理由は異なる。
 前者は脳に問題があり、自ら行動抑制ができない可能性が高い。
 ↓↓↓↓↓
殺人:最後の一線の脳科学
西川伸一 | NPO法人オール・アバウト・サイエンスジャパン代表理事 2019/7/21(日)

https://news.yahoo.co.jp/byline/nishikawashinichi/20190721-00134917/
凶悪犯罪者の脳を解剖することで、脳科学は「事件の謎」を解明できるのか 2017.12.28
https://wired.jp/2017/12/28/las-vegas-brain/
精神科医「高学歴な人が性犯罪に突然走るワケ」
「脳の誤作動」で理性は簡単に壊れる 2019/10/13

https://president.jp/articles/-/30279
変質者の異常さは脳神経障害に起因 10.07.2017
https://www.trendswatcher.net/052017/science/%E5%A4%89%E8%B3%AA%E8%80%85%E3%81%AE%E7%95%B0%E5%B8%B8%E3%81%95%E3%81%AF%E8%84%B3%E7%A5%9E%E7%B5%8C%E9%9A%9C%E5%AE%B3%E3%81%AB%E8%B5%B7%E5%9B%A0/

 上記は人権問題にも関わるため、研究は進みにくい。
 しかし、異常な犯罪を繰り返す人というのは、そういった脳そのものの問題を持っている可能性が高いのだ。
 さりとて、これらに治療する=ロボトミー技術みたいな話になり、大きな倫理問題にもなりかねない。
 また、ものすごく簡単に抜け出す方法も無くはなさそうだが、完全に人権問題に抵触する。
 例えば、孫悟空の頭の輪=緊箍児のようなものだ。
 痛みの記憶は精神に働き行動抑制をするからこそ、過度の体罰=暴力を禁じる。
 それらは人権問題であり暴力という刑事事件でもあるから、現代社会では受け入れ難い手法なのだ。
 
 また後者は、スポーツマンが抱える問題である。
 ↓↓↓↓↓
選手村のコンドーム配布 ユース五輪で配ると「本当に、すぐになくなりました」 2020年02月12日(水)
https://www.newsweekjapan.jp/stories/woman/2020/02/post-329.php
まさに「夜のオリンピック」!? 選手村のセックス事情とは 2020年05月23日
https://matome.naver.jp/odai/2147078403305516601

 スポーツを強度に行うということは、当然、ホルモンバランスの問題が出てしまい、性衝動が高くなるという事例だ。
 倫理的には問題が出るし、ご自身でコントロールできる範囲におさめられないようなケースだと、頭が痛い。
 法律や倫理観とどのようにすり合わせていくのかが、重要なことと言えよう。

 また、下記のようなケースでも同様だ。
 ↓↓↓↓↓
山口達也さんの急転否認は〝別人格〟の仕業!? 周囲も驚く豹変ぶりを東スポが報じる 2020-09-27
https://sn-jp.com/archives/14403
双極性障害(躁うつ病)
https://www.mhlw.go.jp/kokoro/know/disease_bipolar.html
アルコール依存症の症状
http://alcoholic-navi.jp/understand/condition/pathology/

 元々何らかの問題を抱えているようなケースで、自浄出来ないような事例と言える。
 こういったものが加齢とともに悪化するというのもよくある話だ。
 躁鬱なのか多重人格なのか専門家の検査を必要とするものの、いずれにしても意志薄弱と切って捨てるのは早計なのだ。
 麻薬中毒患者などでも同じなんだが、刑罰を与え、その後は意志の力でなんとかしろというのは、仕組み上はかなり厳しいと思う。

 本人が抜け出す意思があっても抜け出せないから、罪が軽くなるというわけでもないから、そういう意図で書いているものではない。
 構造的に無理な状態であれば、何らかの対処が必要なことも事実なのだ。

 こういった問題はまだ研究過程であり、確実なエビデンスもなければ、区分も出来ていない。
 個々人の差異も大きい上に波があるから、明解にデータも取りにくいし、人権問題が大きく立ちはだかる。
 ただのエロオヤジと、衝動がコントロールできない病的状態も解りにくい。
 ただのサボり癖みたいなケースと、メンタル問題を切り分けしにくいのと同じことだ。
 俗にスペクトラムなんて言い方もされるんだが、境界線は解りにくいのだ。
 ただ、原因のない結果はないという真理からすると、何かが問題の根底にあるはずである。

 表題に話を戻す。
 問題が悪化した際に自助でなんとかなるはずというのは思い込みに過ぎない。
 自助で可能なのは健康な時だけ、だ。
 何らかの理由で正常な状態にはない時、家族や友達という周りの助け=共助がものすごく重要なこととなる。
 とかく、個々人問題とされやすいから、社会的な認識の向上を必要とする。
 公助としては、上記のような研究費を拡大していく必要がある。
 ウイルスの影響や脳の器質的な問題なら、どんどん研究をすすめることが重要である。
 研究が進めば、薬剤開発や公的機関としてなにかの対処を可能にする可能性もある。
 共助としてどうすべきかのガイドラインもしっかり出来てくるはずだ。
 
 人という生き物は脆い。
 なんでも理想通りガンガンできるなら苦労はない。
 何らかの原因があって起こるものは、その排除を進める施策を練るしかないのだ。
 単純な個々人問題にとどまらないことを、しっかり認識していただきたい。
 個々人としても、意思に関わらずそういった事態にならないよう、正常な判断ができる時から備えてほしい。
 この部分は我々ができる自助だ。
 ひとつでも悲しい話を減らしていきたいものだ。

 了

↓ポチのお願いと説明↓
誠に図々しいお願いと口上

https://ameblo.jp/bluespeed92/entry-12601225769.html
 

ガンバレ!日本!!
↓ブログランキング参加中↓ポチっていただくと、すごく励みになります♪


社会・政治問題 ブログランキングへ
いつもポチってくれる方、本当にありがとう!