撹乱工作が狙っているもの | ヤモリのつぶやき

ヤモリのつぶやき

日々のニュース解説等をつぶやきます......


テーマ:

 東北の震災から、本日で7年目を迎える。

 犠牲になられた方々には、あらためて心よりご冥福をお祈りしたい。

 

 筆者が市井の方々と会話している時に、しばしば遭遇する謎な現象がある。
 平然と安倍がさぁトランプがよぉと論拠不明の政権批判を繰り出し、具体的に聞いてみても何ら明快な答えはないまま、最後にはニュースでそう言ってました的な返事しかこない現象だ。
 全く興味が無い方より、多少は興味がある分、すこしマシなのかも知れないのだが、一方で、マスゴミが嘘を言うという前提がないのと、客観的に伺い知れる「事実」はまるっきり無視してしまう傾向が高いように見受ける。
 マスゴミは嘘を言うという指摘をしても、大抵は「一般人なんだからメディアニュースしかソースがないんだから仕方ないじゃないか」と開き直る。
 確かにリアル生活でも、自分が見えているものが正しいという確証はなかなか難しい。

 人間というものは立体でもなんでも、眼の前のものを直視する都合上、自分の立ち位置から見た投影像しか確認できない。
 多くは、視覚で得られた情報を経験上で類推したり、立ち位置を変えて観察することで、無意識のうちの情報の精度を高める努力をする。
 そのため、目の錯覚や思い込みが起こるのも、よくある現象だ。
 だからこそ、複数人で確認したり、問題がないかどうかを綿密に調べ、事に当たる。
 めんどくさいことかも知れないが、精度を高めていくためには、避けて通れない道なのだ。

 同様に、マスゴミなどの情報も、目の前に広がるものを鵜呑みにするのではなく、多角的に分析をすることで情報精度が高まる。
 何かの情報で「ほんとかな?」とか「!」というものがあったら、それで感情を突き動かす前に必ず調べてみることだ。
 これが出来ないと、発言者の当てにならない批判に踊らされることになり、期せずして愉快犯を演じるハメになる。

 また、人の上に立つ立場になると、噂や妄想で批判されるということは数限りなく起こるのが人の世の常。
 筆者経験でも、何もしてないのに恨まれたり敵になってたりして、そういった行為をする人物に事実確認をされたことなど一度もない、ということがままある。
 芸能人でも「嘘を書かれた」と訴えるケースは少なくないが、そうやって稼ぐ愚か者がいるということなのだ。
 これに巻き込まれて片棒をかつぐ愚行は避けたいものだ。
 
 当ブログではそういった「事故」を少しでも減らすべく、ニュースなどを分析してみなさんの理解の一助になるようにしている。
 そのため、速報性が必要な情報であるかより、公共有用性に重きをおいている。
 速報性に踊らされると、飛ばし記事などがあったりして中身がわかりにくいからだ。
 今さらこの当たり前の件に触れたのは、未だにそういった人材が実在するという事実からだ。

 少し汚い表現で恐縮なんだが、こういった物事の判別が付きにくいタイプの人を指して「馬鹿」という。
 馬と鹿の区別もつかない=わかりきったことを理解する分別がない人、という意味だ。
 世の中にいる判別が混乱する人のもたらす、世の中へのストレスや齟齬は、みなさんが思っている以上に、世の中への害悪であると思う。

 マスゴミや野党の愚行を見ると、この意味が誤解なくご理解いただけると思う。
 そういった分別に乏しい方に意図的な「さもあらん」的情報を流して撹乱させるのが、工作員などが得意とする技だ。
 早い話が、国民が馬鹿であると言う前提で、嘘情報で撹乱させ、自分らの都合がいい話に導引するテクニックであり、国民は馬鹿にされているわけだ。
 今はやっている財務省の改竄問題もまさにそれだ。
 これらは、本質問題をちょろまかす幕とか、本質問題をできるだけ理想の方向に引っ張るために政権を揺さぶっている行動だ。

 参考までに、以前も貼ったこちらのネタを貼っておこう。
 ↓↓↓↓↓↓↓
 
 只今、真っ最中だ。
 しかし、麻生大臣の会見を見る限り、妙な余裕を感じる所になにか戦略があることを感じる。
 この件に関しては以前も触れたとおり、どの流れになってもメリットしかない流れだ。
 落ち着くまでに荒れるだろうが、どういうオチがつくのか。
 いずれにせよ、解散選挙でも財務省解体/再編でもアカヒ新聞の凋落でも特段問題はない。

 この他、テロなどを起こして撹乱する手法もあり、それらは日本以外の諸外国で頻繁に発生している。
 テロが起これば、その発生理由や対処を根拠に政権を批判して揺さぶる。
 日本に於いては、テロ対策法など一連の法律整備でこの攻撃を早めに封じ込めた。
 そのため、未然に防止されて大きなものは発生していない。
 たまに起こる関連めいた事故=変な停電や事件なども、騒乱の一環であるものが含まれよう。
 対応している当局の方々の、裏方たる多大な努力には頭が下がる。
 何も起きないことが最上であるのに、未然に防ぐ多大な努力は、事件が起きない関係で闇から闇へ消え去り、評価されることはないのだ。
 市井では、何も起きないから問題が自体がないと思いこんでいる方もたくさんいるのである。

 ただ、常に起きる可能性ははらんでいるため、くれぐれも巻き込まれないようにご注意願いたい。
 なお、公安調査庁・警察庁では怪しい情報の提供を求めているので、何か国家や国民の驚異になりそうなものがあったら、遠慮なく下記まで連絡しよう。
 ↓↓↓↓↓↓↓
公安調査庁 情報提供
http://www.moj.go.jp/psia/report_to_psia.html
警察庁 情報提供
https://www.npa.go.jp/safetylife/seianki31/mailtuho.html
 外国人の場合、観光客を装っているのも多い。
 下記なんて有名な例だ。
 ↓↓↓↓↓↓↓
【沖縄…】中国人「今に人民解放軍が来る!その時、分からせてやる!俺は世界の中心、上海から来た共産党員!」 2018年02月15日
http://seikeidouga.blog.jp/archives/1069728215.html
 当該人物は、人民解放軍の特務機関の軍人だ。
 正体ばれちゃったから今頃は内勤だろう。

 なお、政治関連に関しては、ちょっと複雑だ。
 メインの工作員は表にはあまり出てこず、その傀儡となった人物/団体などが活動する。
 ハニトラ・買収・恫喝などでいとも簡単に第一線から転げ落ちてしまう流れなのは、数多の有名人が陥れられたことでわかりやすかろう。
 ああいったものを見れば、うっかり美人局(つつもたせ)に引っかかったりした責任ある立場の人間が暴走するのは、自明の理だ。
 これらに、元々アイデンティティなどが工作系国家由来の人間が混じる。
 あの手この手の意味不明な議論が飛び交うことで、即座に解るはずだ。
 これにあっさり騙されて敵味方を誤爆したら、激しい後顧の憂いだ。
 なにせ、こういったものが常に進行中。
 ↓↓↓↓↓↓↓↓
厚労省と法務省が『日本が韓国人に侵食されまくり』だと統計で証明した模様。悪夢的な展開に日本側騒然 2018年03月10日
http://u1sokuhou.ldblog.jp/archives/50508807.html
 
 そこかしこが反日分子だらけなのだ。
 公職でも多いから、シロアリに食われまくったような状態で始末が悪い。
 ちょっと悲しいことでもあるが、もはや日本が置かれている段階は戦争の前段階と言っても過言じゃないだろう。
 今までのように井戸端会議のノリで政権批判を繰り返し悦に入るようなレベルでは済まされないのだ。
 難局をうまく乗り切れるかどうかも、国民一人ひとりのみなさんの自覚次第だ。
 将来の日本のために、だまされないようにがんばっていこう。
 過去の戦争を見ても、国民が左巻きにあっさり騙されて扇動され、起こっていることをお忘れなく。
 災害等で犠牲になられた方々とて、子々孫々の繁栄が危ぶまれる事態となれば、安心しておられまい。

 そういったことも鑑みて、今一度、わかりきった警告を鳴らす次第。

 

 了

ガンバレ!日本!!
↓ブログランキング参加中↓ポチっていただくと励みになります♪



社会・政治問題 ブログランキングへ

ヤモリさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。

    Copyright © CyberAgent, Inc. All Rights Reserved.