ヤモリのつぶやき

日々のニュース解説等をつぶやきます......


テーマ:

 世の中が理不尽なのは今に始まったことではない。
 しかし腑に落ちないものをなんとかしてほしいと思うのは人情だろう。
 特に、政策絡みでおかしなものが続くと、国政不信が募ってあまりいい方向にはいかない。
 その為、当ブログでは政策のわかりにくいところも細かく説明して理解を深めたりすることを目的としている。
 そんな中で、ちょっとフォローが出来ない謎の話が多発するので、取り上げる。

 まずはこんな往年の大漫画家の話から。
 ↓↓↓↓↓↓
漫画家・永井豪の偉大過ぎる発言がネットで話題にwww 2018年01月07日
http://seikeidouga.blog.jp/archives/1069206610.html

 永井豪氏へのインタビューで、エロ批判をされまくった経験と、何にこだわって漫画を描いてきたのかについて述べている。
 性について興味があるのは、人として当然のことだから、健全な形で発散させることで性犯罪を抑止できるんじゃないのか?というこだわり。
 言い得て妙だ。
 世の中で、このような認識の偏りはよくみられる。
 エロいものをみたら、即時に否定されるという問題。
 あるいは、オートバイが事故が多いからとオートバイを禁止するなど、脊髄反射的なものは後を絶たない。

 実際のところ、性産業というのは市場規模5兆円以上を誇る一大産業だ。
 性に対する興味というのは、そのまま少子化抑制にもつながるから、できるだけバンバカ頑張っていただきたいというのが、役立たずになったおじさんの要望だ。
 しかし、エロいものをみただけで過剰反応するという謎すぎる事態なのだ。
 あなたもわたしも全人類がすべてエロい行為の結果に生まれたと言うのに。
 本来であれば、性に対して正しい知識を学ばせ、行為としてどうあるべきか、マナーはどうか、何をすれば犯罪に抵触するのかなどなど、キチンと教えていかねばならない。
 バイクの例で言うならば、乗ることが悪いことではなく、安全をどう担保するべきなのか、事故ったらどういったことになるのかをしっかり教えるべきなのだ。
 
 同じように筆者が疑問に思うのが、小さなお子さんへの過保護なケア。
 取り返しが付くレベルの怪我で済む所は、むしろ放置推奨と言うか、怪我をさせた方が勉強になるのだ。
 それによって、痛みを覚え、危なさを学び、大きな取り返しがつかない事態を招かなくなる。
 学校でもそうだ。
 学びの機会になるミスをした際、激しく叱責してしまう例がある。
 筆者はこの流れに極めて疑問を持つ。
 学校なんだから、ミスをしたり間違いをする前提で、犯したものを何が悪くてどう対応すべきか教えなければ、成長しない。
 しかし、悪いことをした→即、ダメ人間扱いという、ワンナウトで死刑宣告状態だ。
 
 エロにしろ何にしろ、興味があれば色々してみたいと思うのが人情だ。
 大人からみてダメなことを排除するだけでは、何が問題で悪いことなのかすらわからない。
 どうすべきなのか教えないで、正解を自ら察することが出来ないからダメと言うのはあまりに身勝手な大人の言い分だと思うのだ。
 大人の顔色を見ながら無難なことしかしない人間が育つだけで、日本全体で考えれば大きな損失だ。
 こんなことを繰り返していれば、現実問題として、次の記事ような事態が現実化する。
 ↓↓↓↓↓↓
「ソロ当たり前」時代、独身者が備えるべきこと 2035年には半数 2017年12月31日
https://withnews.jp/article/f0171231004qq000000000000000W08010301qq000016504A
・上がり続ける未婚率「何で結婚しないんだろう」
・「一人が好き」でも未婚への後ろめたさ
・ソロで生きる力とは「つながる」こと
 男性23.37%、女性14.06%――。50歳まで1回も結婚したことがない人の割合を示す「生涯未婚率」の上昇が止まりません。今年発表された2015年の調査では、平成が始まった頃の1990年と比べて男性が4倍、女性が3倍となりました。2035年に独身者が5割近く、一人暮らしの世帯が4割近くに達するという推計が、現実のものになりつつあります。単身でいることが珍しくない時代に、ソロとして生きることとは。

---------以下ソースにて

 理由は単純なのだ。
 めんどうくさい、の一言に尽きる。
 他人と揉めるのも、関わるのも、めんどうくさくなるわけだ。
 そりゃそうだ、子供の頃から、問題解決法は考えないことを教えてくるのだから。
 何か問題が起きたことが問題なんではなく、その問題をいかに上手に処理するかが大事なことなのに、それを小さいうちから教えず、排除するだけで済ませてくることが、結果的にすべての面倒くさいことを排除する流れになると思うのだ。

 そうして、根本から逃げ続けている内に、こういったことを招くことになる。
 ↓↓↓↓↓↓↓
東京23区の新成人 8人に1人が外国人 1月8日
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180108/k10011281951000.html
東京23区の新成人およそ8万3000人のうち、8人に1人に当たる1万人余りは外国人であることがわかりました。新成人の半数近くを外国人が占める区もでていて、専門家は「近年の留学生や技能実習生の急増によるものと見られ、外国人が地域や社会を担う非常に有力な存在になってきている」と分析しています。
東京23区の新成人について、NHKが昨年末、すべての区に聞き取ったところ、今年度の新成人はおよそ8万3400人で、このうち1万800人余りが外国人となっていて、その割合は全体の8人に1人に上ることがわかりました。
外国人の新成人の数を区ごとに見てみると、最も多かったのは新宿区でおよそ1700人、次いで豊島区でおよそ1200人、中野区のおよそ800人などとなっています。このうち、中野区は、外国人が昨年度よりも200人余り増えていて、5年前と比較すると5倍と急増しています。
また、それぞれの区で新成人に占める外国人の割合を見てみると、新宿区が45.7%とほぼ半数を占めているほか、豊島区で38.3%、中野区で27%などと、23区のうち6つの区で、その割合が20%を超えていることがわかりました。
外国人の新成人が急増している背景には、留学生や技能実習生の増加があると見られ、東京都内では5年前と比べてすべての年代合わせて留学生が1.7倍のおよそ10万4800人、技能実習生が3.4倍のおよそ6600人と急増しています。

有識者「外国人が社会担う有力な存在に」
東京23区で外国人の新成人が増えていることについて、外国人の定住に詳しい公益財団法人、日本国際交流センターの毛受敏浩さんは「日本の若者がどんどん減っていくのを補う形で海外からの留学生や技能実習生として入ってきている。もともと外国人が多い東京でまずは外国人の急増が顕著になっているが、人口減少が非常に厳しい地方でも同じような現象が今後続いていくだろう。外国人が日本の地域・社会を担う非常に有力な存在になっていて、外国人がいなければ社会が回らないという現実があり、日本人と外国人が手を携えて社会を担っていけるような仕組みをしっかり作るべきだ」と話しています。
振り袖姿で参加の留学生も
外国人の新成人が、この5年で5倍に急増している中野区では、留学生が振り袖姿などで成人式に参加しました。
このうち、早稲田大学の2年生で、台湾からの留学生のアイリーン・チェンさんとペギー・チェンさんの2人は、朝から大学の寮で同じ台湾から留学している大学院生の女性に着付けをしてもらいました。台湾では、地域や家族で大人になったことを祝う催しを開くことはあるものの、20歳を迎える年に新成人として一斉にお祝いする習慣はないということです。
2人は去年、SNSで振り袖を着て成人式に参加した台湾の留学生を見て、自分たちも式に参加したいと考えたということです。
アイリーンさんは「振り袖はとてもきれいで、外国人はなかなか着る機会がないのでとても貴重な体験です。去年、友人がきれいな振り袖姿で成人式に出席する様子をSNSで見て、自分もぜひ経験したいと思っていたので、すごく興奮しています」と話していました。
このあと、寮から式場に向かうと、2人は、会場で流された中野区の歌を口ずさんだり、スマホで写真を撮影したりして成人式という日本の風習を楽しんでいました。
ペギーさんは「大人としてのふるまいに責任を持っていることに気付くきっかけになるのでいい体験だと思いました。日本の文化を知ることができたし、もっと多くの留学生が成人式に参加するようになればいいと思います」と話していました。
外国人対応の成人式も
外国人の新成人の増加を受けて、外国語で書かれた案内状を送るなどの対応を取っている区もあります。
このうち、文京区では、外国人の新成人が年々増えていて、ことしはおよそ300人と5年前より2倍以上増えています。また、外国人が占める割合も、ことしは16%余りに上り、23区内で7番目に高くなっています。
このため文京区では、外国人にも成人式に参加してもらおうと、さまざまな対応を取っています。対象となる外国人には、専用の案内状を用意していて、案内状には成人式の会場や時間などの情報に加え、成人式の意義などが書かれています。
文章は易しい日本語で書かれ、すべての漢字にふりがながふられています。さらに同じ内容のものを英訳し合わせて送っているということです。また、成人式の会場の入り口には、英語の同時通訳を聞くことができる機器も用意されています。
同時通訳の機器を借りて成人式に出席していた、中国からの留学生の任方遒さんは「成人式の案内状を受け取った時は、留学生の自分も日本社会の一員なんだと認めてもらったように思い、とてもうれしかったです。中国では18歳で成人ですが、たくさんのお祝いの言葉をいただき、改めて成人としてしっかりしなければと感じました」と話していました。
23区 日本人と外国人の内訳
東京23区では、去年の4月2日からことし4月1日までに20歳を迎え、国籍問わず区内に住む人を「新成人」としていて、成人式についてもこれらの人を対象に案内状を送っています。
NHKでは昨年末、この「新成人」について、すべての区に聞き取って日本人と外国人の内訳を集計しました。それによりますと、外国人の新成人が最も多かったのが、新宿区でおよそ1790人、次いで豊島区がおよそ1200人、中野区がおよそ860人、江戸川区がおよそ740人、板橋区がおよそ650人などとなっています。
また、外国人の占める割合では、新宿区が45.7%、豊島区が38.3%、中野区が27%、荒川区が25.9%、台東区が25.5%、それに北区が20.1%などとなっています。
さらに、5年前、平成24年度の詳細なデータがある15の区について今年度と比較すると、すべてで外国人の新成人が増え、このうち12の区では2倍以上と大きく増加しています。
増加数を詳しく見ると、新宿区がおよそ1000人(2.2倍)、豊島区がおよそ850人(3.4倍)、中野区がおよそ690人(5倍)、北区がおよそ400人(2.9倍)、江戸川区がおよそ380人(2.1倍)などとなっています。
また、5年前は、外国人の割合が2割を超えていたのは新宿区だけでしたが、今年度は6つの区に広がっていて、多くの地域で外国人の新成人が増えていることがうかがえます。
一方、5年前のデータがある区の合計の増加数で見てみると、日本人がおよそ2790人と1.05倍でほぼ横ばいだったのに対して、外国人はおよそ5290人と2.54倍となっていて、外国人の増加数が急速に伸びているのがわかります。

--------

 人種別でいえば、ほとんどが特亜系だ。
 つまり、空いた隙間に移民だの留学生だのという理由で押し寄せ、日本の税金で色々と補助されるわけだ。
 ↓↓↓↓↓↓
【厚労省】アジア学生を日本の医学部に 学費や生活費を支援 国費、最大20億円準備 2018年01月05日
http://hosyusokuhou.jp/archives/48808732.html
アジア学生、日本の医学部に 学費や生活費を支援 国費、最大20億円準備
厚生労働省は、アジアの学生が日本の大学の医学部に入学することを支援する仕組みをつくる。東南アジア諸国連合(ASEAN)やインドの学生を主な対象にし、国が学費や生活費を支援する。アジア各国の医療サービスや制度について日本が一体で支援する「アジア健康構想」の一環。日本の医療をアジア各国に広める狙いもある。 日本政府が資金拠出する国際シンクタンク、東アジア・アセアン経済研究センター(ERIA)が受け入…※続く
配信2018/1/5付 朝刊
日本経済新聞 続きは会員登録をしてお読みいただけます

https://www.nikkei.com/article/DGKKZO2532003004012018EE8000/
---------

 しかもこれだ。
 ↓↓↓↓↓↓
不法滞在の中国人使い農業…収益5千万円弱隠す 2018年01月07日
http://www.yomiuri.co.jp/national/20180106-OYT1T50092.html?from=ytop_ylist
 不法滞在の中国人らに農作業をさせて得た収益約4800万円を他人名義の口座に隠した疑いがあるとして、茨城県警が、中国から帰化した同県鉾田市の男と中国人妻について、組織犯罪処罰法違反(犯罪収益隠匿)容疑で逮捕状を取ったことが、捜査関係者への取材でわかった。
 連休明けにも逮捕する方針だ。
 捜査関係者によると、夫婦は鉾田市梶山、青果卸売業秦拓真(37)と妻の高明明(40)の両被告。2人は2015年12月から17年6月、行方なめがた市の青果卸売業者に農作物を販売した収入を、他人名義の口座に振り込ませて約4800万円を隠した疑いが持たれている。
 夫婦は、16年秋以降に就労資格のない中国人を雇ったとして、昨年11月から12月に入管難民法違反(不法就労助長)容疑で逮捕・起訴されている。

----------
 全員がシナ人として話題だった。

 こういった連中に対応するのも血税だ。
 警察も刑務所も。


 そして、筆者も苦しむこんな話。
 ↓↓↓↓↓↓↓
少子化加速で大学「厳冬期」 4割で定員割れ 合併救済スキーム検討も 1/3(水)
http://www.sankei.com/life/news/180103/lif1801030001-n1.html
 少子化に伴う18歳人口の減少が続く中、今年は関係者の間で、大学進学者が減少に転じると予測される「大学の2018年問題」が注目の的だ。頭打ちの進学率、4割の大学での定員割れ、大学間の統廃合の加速…。大学は今後、生き残りをかけた“厳冬期”に突入するが、学生の質の確保もこれまで以上に求められる。大きな曲がり角を迎えた大学はどこへ向かうのか。(花房壮)
 文部科学省などによると、18歳人口は戦後2度目のピークである平成4年の205万人から下降線をたどり、26年には118万人にまで減少。その後、119万人~120万人と持ち直すが、30年には118万人と再び減少に転じ、43年には100万人を割り込むとされる。大学進学率は50%台後半で頭打ちにあり、収益を学生の授業料に依存する大学にとって、18歳人口の減少は経営を直撃する死活問題となっている。
 ただ、「2018年問題」以前から大学経営を取り巻く環境は厳しさを増している。私立大で入学定員充足率が100%以上の学校数の割合は、8年度には96・2%に上ったが、29年度には60・6%に低下。4割程度で定員割れが慢性化しており、入学者数が定員の半数に満たない大学も10校程度ある。
 経営難などで他大学と統合するケースも相次いでおり、文科省によると15年度以降、全国で私立大14校が6校に統合され、10校が廃止された。
 文科省は大学の経営支援策として統合スキームの検討に着手しており、昨年11月の中央教育審議会(中教審)で、現行で可能となっている大学全体を別の学校法人に譲渡する方法以外に、学部単位での譲渡も認める改革案を示した。大学間の再編、統合を促すのが狙いだ。国立大学法人についても、複数の大学をグループ化して経営できるような法改正の是非を、検討事項として中教審に提案している。
 政府も地方大学振興に関する新たな交付金として、30年度予算に100億円を計上。大学生の東京集中を緩和するため、東京23区にある大学の定員増を原則として認めない法案も作成し、通常国会へ提出する見通しだ。
 昭和63年に計490校あった国公私立大は現在約780校にまで増加した。ただ、18歳人口が減少モードに再び入る30年以降は、本格的な統合・縮小期に入りそうだ。

●2018年問題=大学などに入学する18歳人口が平成30年に再び減少に転じ、入学生の納付金収入に依存する大学経営に大きな影響が出始める状況を指す。30年に118万人となる18歳人口は減少し続け、43年には100万人を割ると推計されている。私立大への影響は深刻で、学生集めを進めるため首都圏郊外のキャンパスを、交通の便がいい都心部に移す動きも活発化している。

 
 

-----------


 私立などが平成10年=1998年から急落しているのが分かるはずだ。
 これはバブル崩壊に絡んだものだ。
 そして、人口ピラミッドを見ると異常さが分かる。
 ↓↓↓↓↓↓↓
 
---------

 現在の40歳くらいの方のお子さんは、ざっくり10~15歳前後。
 人口が多い年代なのに、半分程度しか子供を作れてないのだ。
 これも経済が問題だったのは、以前にお伝えしたとおり。
 
 今何をなすべきかといえば、今いらっしゃる女性にできるだけお子さんを作っていただくことだ。
 しかし、世の中のスキーム的に、女性が安心して出産子育てし、お仕事にも従事できるような環境には程遠い。
 女性のみがお子さんを作る事が可能なわけで、外国人に血税を割いているなら、日本人女性のケアに使うべきなのである。
 こういったチグハグな政策は、日本人をどんどん減らし、外国人をどんどん増やし、血税を消費することになっていくのだ。
 一定以上に増えてきたら、またもや参政権!と言い出すわけで、最早、日本崩壊の危機と言ってもいい。
 これらすべてが工作だとは到底思われないが、結果だけ見れば巧みに日本民族を絶やす方向に進んでいるといえる。

 余談だが、みなさんなんでもいいとは言わないけど、できるだけお子さん作ってお魚食べさせてみてほしい。
 ↓↓↓↓↓
魚をよく食べる子ども、IQと睡眠の質が向上 調査結果 2018.01.04
https://www.cnn.co.jp/fringe/35112741.html

 大人の手伝いをしっかりする子供ほど、脳も発達するし大人びる。
 過保護にせずにできるだけ家庭のお手伝いをさせ、きちんと教えて育んでほしい。
 5兆円産業が全て空打ちかと思うとせつない話だ。

 了

ガンバレ!日本!!
↓ブログランキング参加中↓ポチっていただくと励みになります♪

 



社会・政治問題 ブログランキングへ

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

ヤモリさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。