皆様こんにちは
仕事柄ハイジュエリーブランドに触れさせて頂く機会の多いCHANELマニアですが
鑑定歴25年とジュエリーの歴史を考えると
まだまだひよっこなりに感じるのは
1990年以前のハイブランドにはチャレンジ精神を感じるデザインや
素材使いがされているものが多いなという事です。
 
BAGでいえば HERMESが エレファントやシャーク、クジラなどを使用した
ケリーやコンスタンスを製作したり(1970年以前)
 
VCAがレターウッド素材を使用したジュエリーを発表したり(1950年代)
 
 
そしてそして今回入荷したのは
カルティエのシルバニウムを使用したイヤリングです。
 
カルティエのシルバニウムといえばパンテールのペンダントが代表的です
BLUEROSEでも20年ほど前に1度お取り扱いさせて頂きました。
 
私の尊敬するカルティエ番長様も紹介されていますね^^
ダウンダウンダウンダウンダウンダウン
 
 
 
{E665DDA6-C2DA-41FC-A81C-C098ADE27EA6}
じつはCHANELマニアシルバニウム素材のイヤリングが存在することを知りませんでした^^
 
定番のスリーカラーにシルバニウムをセッティングしてあるのですが
18金のワイヤーととシルバー800をからませるって
技術的に非常に難しいのではないのかしらと思うのです。

 

{A32194CF-4290-41F4-90E0-6CF6F99F7B07}

 

なぜならこのシルバリウムは非常に割れやすく

以前入荷したパンテールのペンダントも亀裂が入ってしまっていたので

修理をカルティエに依頼したところ

修復は難しく代替え品に交換した経緯があるのです。

もちろん現在はこの素材は使用されていません。

{2701E7DC-8788-4447-B803-66AE807B6453}
そんなレア素材を使用したイヤリングラブラブ
セラミックでは表現できないマットなカラーリングと
控えめなスリーカラー部分が落ち着いた雰囲気を表現してますよね~ラブ
 
 
昨今の傾向は売れそうなものを復刻させ
すこしライトなテイストに落ち着かせているように感じ
マーケティングに寄りすぎてないですか~あせるえーんと残念に感じることが多いです。
 
コレクション魂に火をつけるような逸品は
やはり20年以上以前のものになってしまうCHANELマニアです汗
 
魅力満載のカルティエジュエリーはこちら
ダウンダウンダウン
 
そして今日からスタートお気に召さなければ返品OKですよ
 
 
 
{79F19C28-B50E-4C66-833F-75415D33E6BF}