世の中を見渡しても、チューブラーティップのアジングロッドって数少ないですよね。

 

小さいアタリが取れないから?はじくから?

 

等々の理由で使っていない人、いや触ったことが無い人もいらっしゃるかと思います。

 

ということで今日はこのチューブラーティップのアジングロッドの話です。

 

 

この写真の下側が6'2"のチューブラーティップのアジングロッドプロト。上側の写真は比較用として一緒に撮影したGRF-TX63Mです。

ほぼ同じ長さのこのロッドですが、アジング用の最適化してこの細さにしています。

ガイドの間隔も違いますね。アジングロッドの方がガイドの総数も多くなっています。

 

 

 

私が今回実釣に使ったのは5'6"のモデル。

自重は40g前半になっていて、持った瞬間おもわず『軽っ』と声が出てしまう、そんなモデル(笑)

軽量を生かすため、C2000のリールにエステル0.3号を合わせて使用しました。

 

アジは小さいのがメインだったのですが、ロッドを特性を試すには丁度良い感じでアタリもあり楽しみながらの実釣でした。

 

まぁ、このサイズですので楽しむっていうほどではないのですが・・・・(笑)

 

結論から言うと、チューブラーロッドでのアジングもまためちゃくちゃ面白いです。

チューブラーティップだからいいというのではなくて、もちろんロッド全体のセッティング次第の話ではあるのですが、アジング用として正しくセッティングされたものはめちゃくちゃ使いやすいということです。

 

実際のところ、一般的にはチタンソリッド、カーボンソリッド、カーボンチューブラーの順にティップが強くなるのですが、皆さん想像されるように、アクションは一番掛けやすいです。

ゆえに、自分のアクションとリグの動きを簡単に想像できます。

またティップが強いので重めのリグに合っているのか?というと、もちろんそうなのですが、普通にアンダー1gのジグヘッドリグでも全然問題ありません。いやむしろその重さの方が使いやすいかもといった感じの特性です。

チューブラー特有の反響系の感度はすこぶるいいですし、抜けアタリも全然取れます。

チューブラーだと抜けアタリが取りにくいだろうと考えられている方も多いと思いますが、繊細なティップのチューブラーかつ総重量が軽いと今まで取れなかった抜けアタリも感じやすくなるということが確認できました。

また、よく言われる「はじく」というのは、魚が違和感を感じて離すためフッキングしないということなのですが、このレングス、この軽さになってくると魚が違和感を感じて吐き出すまでと自分がアタリを感知するまでの時間差も無くなってきます。

純粋に魚との勝負が出来ているという楽しさも出てきます。

 

アタリを取って掛けるという釣りの醍醐味を一番楽しめるロッドはやはりチューブラーですかね。

 

ロッドもいろいろ種別がありますし、誰でもこれが一番ということは無いというのが釣りの世界だと思います。

要は自分のスタイルに合うロッドが選択できているかということ。

自分のスタイルに合うロッドを選択できれば釣果も伸びると思いますし、愉しみも増えるはずです。

 

まだ発表されていませんが、次に発売されるアジングロッドのシリーズはタイプ&レングスが一挙ずら~っと勢揃いする予定です。きっと好みに合うロッドがあると思いますので、アジングロッドが欲しいな~と思っている方、期待しておいてください。

 

 

 

 

 

 

 

最後にリールシートについて少し触れておきます。

スケルトングリップのメリットについて

 

このリールシート使ってみたら誰でも感じるのですが、ブランクスの反響・振動がダイレクトに手に伝わってきます。

私自身、見た感じで使いにくいのでは?という第一印象だったのですが、いざ使ってみると、

『あれ?意外に持ちやすいな。』

『あれ?このリールシートめっちゃ感度いい。』

というのが使いだした後の感想です。

まぁ、そう感じるための秘密が詰まっているということです。

 

 

ということで、アジングロッドシリーズ各種お楽しみに。

 

AD