遍路物語-四国ルート88- 表紙&目次 | 生豆のお湯洗いでクリアな喉越しのスッキリ珈琲 BLUE OCEAN

生豆のお湯洗いでクリアな喉越しのスッキリ珈琲 BLUE OCEAN

ハンドピック・生豆のお湯洗い・セラポット鍋での遠赤外線焙煎。淹れたての最初の一口から冷めた最後の一口まで美味しい「至福の珈琲」をすべて手作業で焙煎しています。

これは僕が若年性更年期障害を患い、心身共に復活するため四国を歩いた時の記録です。

2003年9月18日から10月24日 37日間 約1200km 31歳

 

-目次-

 

謝辞

プロローグ

「胃もたれには冷えたブラックコーヒー」 9月18日 1日目 約3km

「ギクシャクした初めての納め札交換」 9月19日 2日目 約27km

「いきなり最強のへんろころがし」 9月20日 3日目 約23km

「奥村さんの杖が持っていかれる危機」9月21日 4日目 約28km

「歩きの遍路は車の30回分のおかげ」9月22日 5日目 約35km

「プラスαで転がった遍路ころがし」 9月23日 6日目 約19km

「犬との同行二人」 9月24日 7日目 約30km

「雨と波しぶきで灰色の国道55号」 9月25日 8日目 約35km

「晴れ渡る太平洋を見渡すワインディングロード」 9月26日 9日目 約29km

「南国土佐と太平洋、素になっていくサイクリングロード」 9月28日 11日目 約40km

「遍路旅は出会いの旅だったなぁ」 9月29日 12日目 約34km

「足がすくんだ浦戸大橋と魚の小骨に苦労した日」 9月30日 13日目 約25km

「空気も景色もベリグッド、海水も澄んでてメチャ爽快な宇佐大橋」 10月1日 14日目 約36km

「一歩一歩登っていく感じがいい、そえみずへんろ道」 10月2日 15日目 約30km

「厳しい残暑もぜんぜんOK、大歓迎!」 10月3日 16日目 約35km

「民宿での料理はお接待と同じで、ありがたいです。」 10月4日 17日目 約40km

「足摺岬にとうとう着いた。来たぜ足摺ー!」 10月5日 18日目 約40km

「今日も雨。熱っぽいけど歩きます。」 10月6日 19日目 約37km

「松尾峠を越えて伊予の国へ。いよいよ瀬戸内海。」 10月7日 20日目 約30km

「ずっと上りの柏峠ではなく柏坂。」 10月8日 21日目 約30km

「いまどき珍しいジャストミートのビンタが頭から離れません。」 10月9日 22日目 約23km

「民主来楽荘は山田さん家でした」 10月10日 23日目 約23km

「ウィダーインは2つ食べても4時間もちません」 10月11日 24日目 約37km

「歩き遍路専用の山門がある逼割禅定」 10月12日 25日目 約20km

「衝撃の即席ソフトクリーム製造機」 10月13日 26日目 約32km

「4日連続の雨で疲労困憊。ついに補助パワーが入りました。」 10月14日 27日目 約35km

10月15日 29日目 約40km

10月16日 30日目 約36km

10月17日 31日目 約32km

10月18日 32日目 約34km

10月19日 33日目 約18km

10月20日 34日目 約32km

10月21日 35日目 約32km

10月22日 36日目 約30km

10月23日 37日目 約20km

エピローグ

あとがき

 

 

 

 

 

四国八十八ヶ所のお遍路珈琲を販売しています。

 

珈琲豆または粉

パッケージは3種類、100g×3袋セットです。

1,710円(税込)

オンラインショップはこちら