病棟にある多目的トイレの便座が高い | 初めての長期入院生活からの社会復帰

初めての長期入院生活からの社会復帰

今回自ら招いたこととはいえ、初めて長期入院することとなりました。

約一年間の入院生活での貴重な (?) 体験とこれからの社会復帰に向けての日々の出来事を綴りたいと思いこのブログをオープンすることにしました。

 

個室に居る時、主にトイレに行く際は車イスに乗せられ個室近くの多目的トイレに行っていた。主な利用者は数室ある個室利用患者とICU利用患者のみだった。当時はふらつきもあったので尿の時も便座に座って排尿していた。

 

そして個室から大部屋に移ってからは普通のトイレを利用していたのだが、その隣には多目的トイレもあったが歩行に支障のある患者へ優先させるために普通のトイレを利用していた。

 

しかしある朝、トイレに行こうとしたら普通のトイレは清掃作業中であった。そこで少々我慢できればいいのだがそういう余裕が無かったので隣の多目的トイレを利用した。

 

 

そこで普通に便器に座ったらほぼ足が着かない。どうにかつま先がフロアに着く程度だ。そんなに身長が低い私ではない。175㎝位はある。

 

なぜこの便器だけ高く取り付けられているのだろうか? 意味があるのかないのか???

 

 

 

最後ににポチッとお願いします。

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

 

にほんブログ村 転職キャリアブログ 再就職へ
にほんブログ村

 

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 適応障害へ
にほんブログ村