ワクチン接種義務化

テーマ:

 フランスはパスツールが生まれた国。ところが、近年ワクチンが自閉症を起こすと摂取しない親が増え、2008年から2016年の間に麻疹において24000人の患者が出て1500人が重篤となり、10人が死亡したという。自閉症との関連を発表した研究者が殺されたのも事実。

 

 そこでフランスは2018年からジフテリア、破傷風、ポリオ等11種混合ワクチンの義務化を行うことにした。ドイツでは子供に受けさせない親には30万円の罰金を科すことにした。イタリアでも12種のワクチンを義務化する法を5月に制定した。こちらも罰金がある。カルフォルニア州でも強制されている。オーストラリアでは男女関係なく子宮頸がんワクチンを受けなければならない。

 

 こうしてみるとカバールの影響の強い国だとわかる。日本では予防接種法で ジフテリア・百日咳・破傷風等のワクチンは公的補助制度がある。もしも健康被害が発生した場合は11条により保障制度があるものの、子宮頸がんワクチン被害のように学業だけでなく、生活困難には何の役にもたっていない。現在、訴訟が起こされている。日本でも義務化されるかもしれない。

 

 そもそもウイルスの殆どが研究室でパンデミックを引き起こすために作られた。デング熱、エイズ、エボラ出血熱しかり。そしてウイルスを作って摂取させようとしてした。銀河連合には米陸軍細菌兵器研究所等で保管されているウイルスを無力化させるテクノロジーがある。コブラは現在はワクチンにマイクロカプセルが入っていない(戦後はマイクロチップの埋め込みが行われた)が、強力な毒性のある化学物質が含まれていると警告している。

AD