底辺 | Musicacompanhia pessoal diario
September 18, 2014

底辺

テーマ:Blog
代表戦当日…





このハイパーリアル完全アウェイの状況からすると、







独りは無理ということで、





アキノ氏(通称、大統領)を召喚…






吉祥寺駅前のマルイで大統領と待ち合わせ…

  
手を振る大統領…



中途半端に手を振りかえす筆者…



 マルイ前から、ジブリの美術館を通り過ぎて、15分くらいか

事前に教えてもらった集会場までふたりであるく…



その間、




ああ、今日一日、どんな感じなんだろ



ああ、一時間ごとの時系列がほしい



ああ、みこしって重いのかね




ああ、酒は途中から呑めるんだろうか






考えられる全ての弱音を大統領に告白…





ひとつひとつ、暖かく答えてくれる大統領…





集会場に到着…





集会場と言っても古い長屋の木造家屋






一階では街の年長者が早くも呑んでいる





(ただのオッさんなんだろうけど、この日ばかりは不思議とものすごく重鎮、いや、神の化身か何かにみえる…)






二階に案内されると、
今回、召集をかけてくれたナオト氏が鎮座…





おはようございます。

ぎこちなく一言…


おはようございます。
と、
メールでの感じとは打って変わり





割とクールに返事をしてくれるナオト氏…





ああ、もう祭が始まっているんだなぁ





緊張感が伝わってくる…





半纏の着方などを教わっていると、






筆者らと同じように、今回初めて祭に参加する連中がぞろぞろと二階にあがってくる





すると、さすが同じ街の住人ということか、





数人ずつ来ていたグループ通しに共通の知人がいたらしく、



初めてということで、
それなりに不安を感じている者同士、やけに仲良くなって談笑をしている




そんな中、空気を読みながら半纏を来つつ、帯を巻いていると、








この地区の部長が登場





元気よく挨拶をする筆者






そんな事はお構いなしに、共通の友達通しで談笑しながら着替える新参者たち






部長『…。』








部長『おい!ここは同窓会の場じゃねえんだよ、もしあれだったら帰ってもらえねーかな』





一同『しーーーーーん。』(筆者含む…)





ああ、こんなにストレートに人に怒られたのは何年ぶりだろう…
(筆者は真面目に着替えてたんだけど…)





その後は手際よく着替えを済ます一同…静









着替えを済ませ、ナオト氏の指示のもと、空き地へ移動…

{051CC1D7-A8A0-4B9A-8E85-21A0CC5ABE89:01}

配給された弁当を粛々と食す…




つづく



bluemondayさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス