ロープウェイからみた芦ノ湖。
山の先には、街並みと相模湾が見えています。

ヒーラー&クレアボヤント(透視能力者)~ BLUEMOMENT(中台 励)のブログ-駒ヶ丘山頂付近より芦ノ湖と街並みの先には相模湾


もう少し上がって写真を パシャ
ヒーラー&クレアボヤント(透視能力者)~ BLUEMOMENT(中台 励)のブログ-駒ヶ丘山頂付近より芦ノ湖と街並みの先には相模湾2




箱根元宮が頂上に見えています。
ヒーラー&クレアボヤント(透視能力者)~ BLUEMOMENT(中台 励)のブログ-箱根元宮(駒ヶ丘山頂に向けて)

70代を超えたお年寄り夫婦が、
この雪の坂道を山用?の杖をついて登っていく様子を見る事が出来ました。


それを見て
(あの年になっても、俺も ああやって登って行けるのかな?と思いつつ、
70代でのスピリチュアルな場所巡りをしている様子を、多少は頭にチラつかせ この坂の階段を降りてきました)


それにしても、限界を作らない人達は、
やはりいるものだ~ と思えました。


とにかく この時期行くなら、まだまだ寒い
山頂で雪残っているんですから・・・

(ロープウェイで登ってきて さらに山頂を登る前に、カップラーメンを販売している自販機がありましたので
カップラーメン食べて登る事、お薦めです)



ヒーラー&クレアボヤント(透視能力者)~ BLUEMOMENT(中台 励)のブログ-駒ヶ丘山頂付近より芦ノ湖と街並みの先には相模湾3

駒ヶ丘山頂 箱根本宮へ向か途中の道で 振り返り パシャ
(左の建物は、ロープウェイ乗り場)
そして、中央から右にかけて黄金色に光っているのは、太陽の光に照らされた相模湾




箱根元宮
ヒーラー&クレアボヤント(透視能力者)~ BLUEMOMENT(中台 励)のブログ-箱根元宮(駒ヶ丘山頂)


こんな高く 景色が良いところから参拝できるところは、
あっても、日本で少ししかないかもしれませんね。






そして、ここだ!!
ヒーラー&クレアボヤント(透視能力者)~ BLUEMOMENT(中台 励)のブログ-箱根元宮前(駒ヶ丘山頂)


あと、1本か2本はあるはずだけど・・
万巻さんが、エネルギー的に杭を打った場所は



ちなみに、まだ解明していませんが、
旅が終わり自宅に帰ると、この白い雪と岩が写っている写真

中央 下から10分の2あたりから10字型に出来た木の杭がささり、
着物を着た女性が7時か8時方向の少し下側に向かってつるされているビジョンが出てきました。
着物がはだけ気味につるされているビジョンが流れてきました。


何かしらの理由で
つるさざるを得なかった女性
ここには、万巻さんと もう一人の立場のしっかりした男性が関わっている様に思えます。


そして、岩には白馬がヒヅメで残した足跡からは水が枯れる事がなかったという説明書きが書いてありましたが、
この女性を憐れんで、そのようなものを作ったようにも感じられました。


好感をもっていたその女性の為にも
ヒーラー&クレアボヤント(透視能力者)~ BLUEMOMENT(中台 励)のブログ-箱根元宮(駒ヶ丘山頂付近)祀れたていた狛犬
この場所に、このような祀り方をされているような気もします。

狛犬左の前には、さらに小さい子供の様な狛犬がいるのです。



そして、エネルギーで出来た杭も、このあたりに打たれたように思えます。



もう1つの ストーリー ~ 完 ~


読者登録してね ペタしてね



※この解釈は、私の個人的な解釈です。
実際にあったかどうかは、確かな証明のもとのデータではありません。



万巻上人 さんの墓




万巻上人 さんの墓へ向かう事に


箱根神社の裏手、箱根神社の山の上の方です。
(気づかない人、多いのではないかな・・・)

箱根神社の横を通り抜けて、10分位、坂道を登っていくと
万巻上人さんの墓が見えてきました。

ヒーラー&クレアボヤント(透視能力者)~ BLUEMOMENT(中台 励)のブログ-万巻上人さんの墓

近くへ寄ってきました。

そして、もし、埋葬されているとするのであれば・・
肉体は、左側を頭にして、土の中に埋葬されているような気がしました。

囲いには、結界の様なものが・・・エネルギー的に発しているようでした。

ヒーラー&クレアボヤント(透視能力者)~ BLUEMOMENT(中台 励)のブログ-万巻上人さんの墓




どのような事を考えられていた人なのかなどを感じつつ、
どうして、1万もの経典を読めたのか聴くと
答えが返ってきました。


文字を読むというより、その内容の本質のエネルギーにつながりつつ
内容を読まれていたようです。


帰り際には、その他 ヒントになるものなのか
エネルギーで出来た本の様なものを もらって帰ることになりました。


こういうパターンの時には対外必要なタイミングで情報がつながる事が多く、
自分で気づいていくことが多いので
今は、日頃の疲れと 旅の疲れを取る事の方が先決な時です。


さて、次は
箱根元宮(駒ヶ丘山頂)へ行きます。


帰り道、万巻さんに、あそこはエネルギーで出来た杭を、いくつか打った場所なんだと言われ
とりあえず、行けばわかるだろうと思い箱根元宮(駒ヶ丘山頂)へ移動しました。



読者登録してね ペタしてね




九頭龍神社新宮(箱根神社隣り)

ヒーラー&クレアボヤント(透視能力者)~ BLUEMOMENT(中台 励)のブログ-九頭龍神社新宮(箱根神社)

中々、動かないで願い事を、ずっとされている人もチラホラ
新宮にも本宮にも




さて、気になっていた龍神水を口に含めることに

ヒーラー&クレアボヤント(透視能力者)~ BLUEMOMENT(中台 励)のブログ-九頭龍神社新宮 龍神水(箱根神社)

龍神水、戴きました。

なめらかで、少し甘く感じました。


プラシーボ効果が、まったくないとは言えないかも知れませんが、
その直後すぐに体が軽くなったような気がします。

モヤモヤ感、抜けました。





ヒーラー&クレアボヤント(透視能力者)~ BLUEMOMENT(中台 励)のブログ-龍神水(九頭龍神社新宮)


九頭龍の森の中の九頭龍神社本宮にも手酌はありましたが、
今は、統一して九頭龍神社新宮の横の箱根神社で、ペットボトルを販売していて
専門のラベルがはってあるペットボトルに入れて持ち帰りも出来るようになっているようです。


読者登録してね ペタしてね



箱根神社


ヒーラー&クレアボヤント(透視能力者)~ BLUEMOMENT(中台 励)のブログ-箱根神社

人が少ないところをかなり待って写真に収めたけど
土曜日より、平日の方が神社参りには向いているなと思える日でした。

色々な人のエネルギーがあると、その分エネルギーが ごちゃごちゃしていて
何を追求して視て行こうか 時間がかかりますし、探索するのもめんどいといった事を経験できました。


でも、メッセージhは 有り難く頂きました。



ヒーラー&クレアボヤント(透視能力者)~ BLUEMOMENT(中台 励)のブログ-箱根神社


隣りには、九頭龍神社新宮がある


続いて
九頭龍神社新宮について
ブログアップアップ



読者登録してね ペタしてね




ヒーラー&クレアボヤント(透視能力者)~ BLUEMOMENT(中台 励)のブログ-九頭龍神社本宮(芦ノ湖前での由来説明看板)

この看板の右側の鳥居の置くが弁財天社です。



ヒーラー&クレアボヤント(透視能力者)~ BLUEMOMENT(中台 励)のブログ-弁財天(九頭龍の森・芦ノ湖前)




弁財天社も芦ノ湖に面して建っています。
後ろに見える赤い鳥居
その先が、九頭龍神社本宮に位置します


この前あたりに、伝道のボートが来る度に
この場の波動が、揺れます。


月1度の月次際(13日)が決まったのも、深い部分では
この地、芦ノ湖に常にモーターボートなどが来て
水をバシャバシャ揺らさない為に設けられたような気さえします。

その割には、ボートを降りて女性陣が向かってくると優しいエネルギーに変わってきたりしていました。


ちなみに、弁財天社前に、直径50センチくらいの木が建っています。
この写真の綱を 目の前に人が訪れるとすると
左横あたりです。

まるで、相談役の様に立っている 少し中性的で男性的なエネルギーを発っした木でした。


ボートが来る度に、この木と相談している様でもあります。
そんな時に、木に手のひらを合わせてみると その会話が聞こえてくるかも知れません。
(私は、左の手のひらを ピタッとしてきました)




読者登録してね  ペタしてね





ザプリンス箱根の横の道を1.2キロくらいでしょうか
歩いてて行くと、九頭龍の森が出てきます。

ヒーラー&クレアボヤント(透視能力者)~ BLUEMOMENT(中台 励)のブログ-九頭龍の森入口より看板



九頭龍の森の入口すぐ左には白龍神社が現れます。

ヒーラー&クレアボヤント(透視能力者)~ BLUEMOMENT(中台 励)のブログ-白龍神社(九頭龍の森内)

私は、九頭龍神社へ先に行き、帰りに白龍神社へ寄りました。





ヒーラー&クレアボヤント(透視能力者)~ BLUEMOMENT(中台 励)のブログ


ここは、毎月13日の月次祭なると、沢山の女性が
遊覧船にのってこの船着き場に 訪れるそうでうす。

そのせいもあり、
芦ノ湖から登ってくる通路は、沢山の女性のエネルギー体が
九頭龍の森に向かって沢山上がってきていました。

縁結び、恋愛成就の神様と言われているだけに
このようなシーンを視る事ができるのだと思えます。
しかも、遊覧船で行けるのは、月1度だけですから・・・

私の印象としては、男性アイドルをおっかける女性ファンが
眼の色を変えて、登って来ている様な感覚を持ちました。

中には、鎧兜をかぶって城を落とす為に上に上にでも
登っていくような感覚をもって 登っていく女性のエネルギーも私の横を通り過ぎて行っていました。
訪れた日は、月次際の数日前でしたが 改めて当日は、さらに凄い事になるのだろうなと・・
その凄さを横で視ていました。




ヒーラー&クレアボヤント(透視能力者)~ BLUEMOMENT(中台 励)のブログ-九頭龍の森から芦ノ湖に浮かぶ九頭龍神社本宮鳥居



(この上の芦ノ湖の写真 小さくて見えにくいかも知れませんが、中央少し左に赤い鳥居が見えています)
九頭龍神社本宮 付近のこのシーンが見えてくる通りあたりで
沢山の 小さな龍 に囲まれました。


オーラの周りを主に左回りで、綱引きの時のロープくらいの細いサイズの龍
がグルグル回り出して微妙な感じを受けました。
九頭龍というより、小さな龍のエネルギーを持っていて、30~50、60センチ位の長さでしたね。

でも、怖いというより、その先には何が起きるのだろうという好奇心の方が大きかったです。

なにか吸い込まれるような、かといってグルグル回っている感じでした。





ヒーラー&クレアボヤント(透視能力者)~ BLUEMOMENT(中台 励)のブログ-九頭龍神社本宮

九頭龍神社本宮に到着


人が1人もいなくなるシーンの写真を撮るのに、かなりの時間がかかりましたが、
1枚、はいチーズ!!


ここでも、万巻上人さんの思いに吹けながらも
九頭龍の神様に、合掌





さらにアップで、その上の彫り物を、またパチィッカメラ

ヒーラー&クレアボヤント(透視能力者)~ BLUEMOMENT(中台 励)のブログ-九頭龍神社屋根下彫り物(九頭龍の森)



この彫り物を見ると、確かに昔、九つの毒龍が村人を困らせていたというのを
再現している様な毒っぷりで彫られている様にみえます。


私が行った当日は、
芦ノ湖水面から空に向かって、赤、緑、青色の龍が飛んでいたように視え感じましたが
この拝殿?の横に回って中を視ていると、
中には、いまだに、改心出来ていない金色の龍だけが
ここに封印され、のたうち回っている様に感じました。

私が、その時思えた事は
万巻上人さん(もしくは、その後に意志を継ぐ方)は、
金色の龍だけは手ごわく、毒っぷりが 中々抜けていかない為に
この中に封印された様に感じました。


そして、暴れるのであれば、合理的に考え、そのエネルギーを自己発電として上手く利用し
その大きなエネルギーを願望成就の為に、利用出来ればよいのではないかといったことで
封印されている様に思えました。



読者登録してね ペタしてね



※この見解は、私個人が感じられたことから書いたものです。
実際に、その通りであるかどうかを証明するものではありません。





箱根ロマンスカーの中、ネットで旅先の背景を調べていると

万巻上人 さんのことを知る



Wiki から一部抜粋すると


万巻上人さんとは

一万巻にも及ぶ経典を呼んだので万巻(萬巻)と称され、日本全国の霊場を巡行した。

芦ノ湖に住む9つの頭を持つ毒龍(九頭龍)が荒れ狂って村民を苦しめていたのを法力で調伏した。調伏された九頭龍は懺悔して宝珠・錫杖・水瓶を持って万巻上人に帰依したので、湖の主・水神(九頭龍権現)として祀った。

鹿島から箱根に向かう途中、海に炎が上がり魚が死んで漁民が苦悩しているのを目撃したので読経をすると、薬師如来が顕われて法力で温泉を海から山に移すように教導したので、37日間の断食祈祷で実現した。これが熱海温泉の由来とも伝承されている。



とのこと。



熱海温泉の話については、エネルギー的な観点からすると論理的に可能な話だと思えます。

また、私は、本を読むのが早い方ではないので、一万巻もの経典を読まれた 万巻上人 さんに興味を持ちました。


万巻上人さんのお墓にも寄って来ましたので

後ほど、お墓の写真も含め 体験を紹介していきます。




読者登録してね ペタしてね





箱根、九頭龍神社へ行ってきました。

どうしてかと言うと 呼ばれたからです。
(エネルギーが光る場所でした・・・)

今回は、どこかしら旅行へと思い日本地図を開くと、
いくつかの候補がスピリチュアルな方法であがってきました。

箱根、そして神社参りを という流れになりましたので
箱根、九頭龍神社となりました。

その地域に行くとスピリチュアルな経験があがるということが導き出されたので
旅先のホテルもエネルギー的な観点から場所を導きだし、
後から、そこにホテルがあるか調べ 宿泊先を探すという流れで行ってきました。

ホテルの周りにも龍が グルグル まっている状態が視えての場所選びでしたから、
とても、興味深い体験と、それぞれの神様からもメッセージをもらって帰ってきました。


九頭龍神社本宮(九頭龍の森)→箱根神社(九頭龍神社新宮含む)→箱根元宮(駒ヶ丘山頂)


+その他


では、
九頭龍神社(九頭龍の森) ~ 箱根元宮(駒ヶ丘山頂)までの写真とうを
順次アップしていきます。



読者登録してね ペタしてね





前回のブログにて


活用していたスマートフォンが故障した為、

セションのご依頼方法、お問い合わせ方法を、

メール、メールフォームより して頂ける様、ご案内をしていました。


現状としましては、

本日、2回目の充電が完了し、充電も無事されたということで、

再度、修理に出さなくて済みそうです。



故障期間中に、ご協力をいただけた方々、

お手数をおかけしました m(_ _ )m



ツイッターでは、一昨日、途中経過を、つぶやいていましたが

ほぼほぼ、大丈夫そうなので、お知らせを残しました。


今回、復旧までの期間中やはり、考えていた事は



状況、問題で悩むことは 素晴らしい・・合格



ということでした


その問題があった故に、今回、スカイプからのアクセスを、より容易に出来るように ブログを改善しています。

私がスカイプを オンライン中の時 には、ネット上で オンライン と表示される様に改良しました。


この方法により、私のスカイプ名を、入力しなくても ワンクリックし順番をたどるだけで、スカイプが表示される設定になり アクセスし易くなったはずです。

どうぞ、気兼ねなく、ご利用下さい。 ニコニコ


表示は、このブログの 右サイドバー の ツイッター の下にしています。

さて、皆さんが、このブログをご覧になられている時には、オンラインでしょうか?オフラインでしょうか?

それとも・・ (タイミングがあえば、見れます)}



FC2ブログの方にも,オンライン状態がわかるよう 改良をしました。



悩みの改善をしたいと思われた時、

生きていく為のヒントが欲しくなられた時、

ひとり悩み もがく必要はありません。



あなたにも、ハイヤーセルフがついていてくれます。



抱えている問題が 大きいか 小さい かを判断し委縮するのではなく、

気にせず ノックされてみてください。



成長の時ととらえ、どの方でも歓迎いたします。



透視ヒーラーは、未来をお伝えする立場ではありませんが、

きっと 生きるためのヒント や 力を発揮する お手伝いが 出来るはずです。






amebaブログにても お知らせ です。


只今、セッションのご依頼・お問い合わせを頂く際に、
電話が、大変、通じずらくなっています。
申し訳ございませんえっ



昨日、修理から戻って来たはずのスマートフォンの調子が悪く、再度、修理に出すか、
もう少し、様子をみるか検討中です。
ご依頼・お問い合わせ を頂く際に、メールフォーム、または メール の2通りは、従来どおり、活用出来ますので、どちらか お使い易い方法より アクセス されてください。



電話でないと 状況 や ニュアンス が伝わりにくいとお考えの方には、
メールフォームの備考、メールにその旨(状況 ニュアンス) と 電話番号 を記載してくだされば、後程、私から かけ直させて頂きます。
(スカイプの方が利用しやすい方は、スカイプ名を一緒に記載されてください。後程、スカイプ対応させて頂きます)



セションのご依頼・お問い合わせ頂く際に、大変、ご不便な思いをさせてしまいますが、
以上、よろしくお願い申し上げます。



ご予約をされている方へ
電話による遠隔セッション時 と 対面セッション 数時間前には、
以前使っていた携帯へ ICチップを戻し、電話はつながる様に設定していますので、ご安心くださいませ
べーっだ!






<< メールにて ご依頼・お問い合わせ をくださった方々{クライアント(ヒーラー)さんも}へ >>


一応、スマートフォンフォン に ヒーリング は試みました。

インスピレーションが降ってきた、思いつきのまま・・
コンセント元 から ACアダプター へ エネルギーを通し、配線を通って
スマートフォンまで エネルギー を持ってきて移動。



ちなみに、無料で電力は 利用していませんからーーー!!にひひ~(笑)



のはず、
科学的には証明していないと思いますし・・



かなりの確率で充電ランプは、発光ひらめき電球しましたし、
充電は、起ちあがる症状をみせます。


ただ、本来
スマートフォンって、ヒーリングしなくても使えるものでしょーー!?

ということで、修理に再度出すかもしれません。