オーシャン&フィールドガイド ブルーレース 小笠原の写真日記2

オーシャン&フィールドガイド ブルーレース 小笠原の写真日記2

小笠原諸島父島在住、ドルフィンスイム、ホエールウオッチング、スキンダイビングなどエコツアーを開催☆ また植物、森山、ナイトアー、 戦跡ツアーなど小笠原をトータルにご案内! イルカ、クジラ、素潜りの大好きな『のぶ太』が小笠原をご紹介いたします!

この投稿をInstagramで見る

#bluelaceogasawara #アオウミガメ #seaturtles #turtle #小笠原諸島 #父島 #ogasawara #ogasawalove #小笠原にいます #世界自然遺産 #goprohero7 #goprojp #goproのある生活 #skindiving #freediving #スノーケリング #素潜り #野生動物 #エダサンゴ #絶滅危惧種 #カメパーク #コロナに負けるな フリーダイビングやスノーケリングの指導をする際、バディシステムを組むよう推奨します。 それ以外のオープンウォータースイムでも不安であれば誰かと一緒に泳ぐことを勧めます。 それはリスク回避のために勧めているわけで、誰かと一緒でなければ沖まで泳げない、現在の海況で行って大丈夫か判断できないなんてことではよろしくないです。 それはダイバーとして自立できていないと思います。 自分はガイド業ではありますがカメパークを秘密のポイントにしようとは思いません。聞かれれば陸からの行き方や観察のポイントをお教えします。(元々秘密にできるわけもないです。)ゲストが自分の力でそこまで行って画像を撮って来れるようになるのは素晴らしいことです。 ガイドはガイドで、ゲストはゲストで成長していかなければなりません。 実際、ブルーレースのゲストにはとても素晴らしい経験を積んできた方が多いです。 ガイドとゲストどちらかが上とかではなく共に成長していく関係こそ望ましいのです。 (カメパークとは二見岩の先のスギノキミドリイシが広がる海域を自分達数人が勝手にそう呼んでいるだけです。ポイント名のようなものです。)

Fuminobu Naito(@fuminobunaito)がシェアした投稿 -