憧れがロマンに変わるとき~ | ブルージェットの空からブログ|プライベートジェットの機長・航空会社社長ブログ
December 23, 2018 23:34:32

憧れがロマンに変わるとき~

テーマ:ブルージェット

2018年のリノ・エアレースは準優勝で終わった。

北九州空港から小倉駅へ向かうバスの窓から、25年前に住んでいた家賃3万円庭付きのアパートを見つけた

リノ・エアレースが特集されている航空雑誌を買って、水道料金の支払いを遅らせた。

憧れの舞台の本と、現実の支払請求書などが机の上に並んでいた。

僕は小型機が好きで、日本の航空の歴史を読んで朝日新聞航空部に入社したくて、旧北九州空港にあった

日本航業という社長が操縦教官の民間訓練所に教官助手でお世話になっていた。

僕が現実の希望を叶えるには、同世代のパイロットと圧倒的な差をつけるしか道はないと社長と上司に指摘され

23歳で操縦教育証明取得に挑戦することになった。

小学生が司法試験に挑戦するようなイメージであったが、あきらめなかった。

動き出せば憧れは、ロマンに変わっていくものだ。

25年前、ボロアパートで狂ったように勉強しながら、うたた寝して、ジェット機を操縦してリーガロイヤルホテル

から小倉の街を眺めている夢を見たことを思い出して、日が暮れるまで窓の外を眺めていた。

朝、北九州空港に到着して、ジェット機で高知に向かう準備をしていると隣に米国籍の

ガルフストリームG650が駐機された。

51000フィートを音速に限りなく近い速度で飛行する世界最高峰のビジネスジェット機だ。

この飛行機を操縦してみたい。憧れは動き出すとロマンに変わっていった。

リノ・エアレースをT-6部門で飛ぶことも

もうひとつの憧れもロマンに変わり同時進行する。

挑戦は続く。

 

bluejet

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ブルージェットさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントする]

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス