アロマサロン Blue Herb ブルーハーブ 

アロマサロン Blue Herb ブルーハーブ 

産婦人科医院で活動経験のあるセラピストのアロマサロン
ココロとカラダに優しい時間をお過ごしください
Blue HerbはAromapressure®(アロマプレッシャー)認定サロンです

Blue Herbは神奈川県小田原市にあるホームサロン。

優しいアロマの香りに包まれながら、ゆったりとした極上の
リラクゼーションタイムをお過ごしください。

むくみやセルライト、アンチエイジングへの効果が期待できる
注目のリンパドレナージュメソッド
Aromapressure®(アロマプレッシャー)
がご体験いただけます。
※Blue HerbはAromapressure®認定サロンです


テーマ:

こんにちは。

リンパドレナージュ&アロマテラピーサロンBlueHerb

セラピストの川瀬です。

 

インドが原産のレモングラスは、インドのほかインドネシアやスリランカなどの熱帯性気候の地域で育つ植物です。

 

image

東南アジアの料理によく使われてていますよね。

暑い地域では熱病や感染症の予防に古くから使われ、精油にも抗菌や抗真菌の作用があります。

 

そんなレモングラスは高温と日光を好む性質なので、日本の秋冬はちょっと苦手です。本来は多年草ですが、冬越しに失敗すると枯れてしまいます。そのため毎年無事に冬越しできるかドキドキします。

ここの環境では露地植えのまま冬越しはできないので、気温が下がってきたら鉢に植え、なるべくたくさん日射しがあたる軒下に置いて寒い時期をやり過ごしています。そうすると冬にいったん枯れますが、春になり気温が上昇してくると枯れた葉の間から緑の新しい葉が顔を出し始めます。これを見つけたときは嬉しいのと同時に、ホッとします。

 

先日そんなレモングラスの冬越しに関して、興味深い情報を目にしました。

それは茎を切って水につけて冬を越すという方法。レモングラスは生育旺盛なので、水につけているだけで根が出るそうで、春になったらその根が出た茎を植えれば新しい苗ができるということでした。

簡単そうなので、今年はこの方法も採用してみることにしました。

 

 

 

imageimage

今月初旬、こんな感じで何本かを花びんに挿して室内に置きました。

 

 


imageimage

室内用の茎を取ったあと、鉢の方は冬越しの準備で短く刈り込みました。

 

ところが、寒くなってきたからもういいかなと思い刈り取ったはずが、数日後には切ったところから次々と新しい葉が出はじめ…10日ほど経った今日にはもうこんなに伸びてます。

気温はだいぶ下がってきているのに、まだこんなに成長しているなんてこの元気のよさには驚きです。

 

 

 

image

一方、室内に取り込んだ茎からも根が出始めています。

かなりしっかりとした根が生えてきました。

この生命力があるから、精油も力強い香りがするんですね。

春には花びんの中が根でいっぱいになってしまうかもしれません。

 

外での冬越しのような一か八か的な要素もなく、手軽にできて、この方法いいかもしれません。

春まで見守っていきたいと思います。


テーマ:

こんにちは。

リンパドレナージュ&アロマテラピーサロンBlueHerb

セラピストの川瀬です。

 

 

image

トリートメントを受けにきてくれた友人が、先週誕生日だった私のために花束を用意してきてくれました。

トルコキキョウを中心として、シックで秋らしい色合いのとても素敵な花束!

 

 

 

image

とても美しいので、ウェルカムフラワーとしてエントランスに飾らせていただきました。

先日買ってきたビオラと共に並べると色合いがピッタリ。

エントランスがなんだかとってもゴージャスな雰囲気になりました。

 

ラッピングをほどくと束では見えづらかった色々な種類の花々が登場。

ひとつひとつがどれもオシャレで美しいものばかりです。

思いやりのある友人らしい、やさしさあふれる花束は見ているだけで幸せな気持ちになってきます。

皆さまもご来店の際には、穏やかでやさしい空気に包まれたエントランスで、ぜひこのHappyオーラを感じてくださいね。


テーマ:

こんにちは。

リンパドレナージュ&アロマテラピーサロンBlueHerb

セラピストの川瀬です。

 

今月のスケジュールをお知らせいたします。

ご予約の際にご活用くださいませ。

 

【11月スケジュール】

臨時定休日:11月5日(月)

営業時間変更:11月7日(水)9~12時まで営業

 

 

image

お花屋さんにビオラが並び始め、冬が近づいてきたと感じます。

寒くても美しい花をたくさん咲かせるビオラは、彩りの少ない冬の庭を華やかにしてくれる貴重な存在ですよね。

お花屋さんの店頭には本当にたくさんの種類が並んでいて、どれにしようか毎年迷ってしまいます。

 

この冬はラベンダーの様なやさしい紫と、オシャレで愛らしいボルドーの2色のビオラが皆様をお出迎えいたします。


テーマ:

こんにちは。

リンパドレナージュ&アロマテラピーサロンBlueHerb

セラピストの川瀬です。

 

最近グッと空気が乾燥してきましたね。

施術していても乾燥している方が目立ってきました。

天気予報では、今日はこの秋一番の低い湿度の日になりそうだとか。

朝目覚めるといつもより肌に潤いが足りないような…

これはダメージが大きくなる前に早めのケアを!

 

image

ということで、寝起きにクレイパック。

今日はその中にハチミツを入れることにしました。

ハチミツには抗菌作用の他に保湿作用もあるので、スキンケアに向いている基材のひとつです。

お肌を整えてくれる効果も期待できます。

ハチミツを加えたら何となくとろみがつきました。

 

 


imageimage

そして勢いでハチミツ入りの化粧水とクリームも作ってしまいました。

トロ~リ化粧水ともっちりクリーム。

 

スペシャルケアをするとスッキリ心地よく、なんとなく気持ちに余裕が持てますよね。

夜のケアも大切ですが、朝イチのケアは精神的な面からもオススメ!

1日のスタートである朝にケアを行うことで、気持ちよく満たされた気持ちで1日が過ごせるような気がします。

 

これからますます乾燥しやすい気候になってくるので、こまめなケアで冬の乾燥を乗り切りましょう。

サロンでのフェイシャルケアでお肌に活力を与えるのもオススメです。

セルフケアのご相談もお受けしてます。

お気軽にご来店ください。


テーマ:
こんにちは。
リンパドレナージュ&アロマセラピーサロンBlueHerb
セラピストの川瀬です。
 
先月夏の暑さがまだ少~し残る頃、南足柄にある大雄山最乗寺に行ってきました。
 
 
imageimage
imageimage
小学校低学年の時の遠足の定番で、小田原人には親しみのある道了尊。
実はここ草創応永元年(1394年)、600年以上の歴史があり、福井の永平寺、鶴見の総持寺に次ぐ格式のある曹洞宗の寺院だそうです。
改めて訪れると厳かで美しい景色に圧倒されました。
境内には樹齢500年以上の杉が2万本以上あるそうです。
 
 
imageimage
パワースポットといわれる清心の滝と結界門。
門の先は道了尊の聖域。手前の橋を渡り、門をくぐると心身清浄となるそうです。
ちなみにこの橋は「かながわ橋 100選」のひとつです。
 

image
道了尊と言えば下駄。
創建に貢献した道了という僧が、寺の完成と同時に天狗になり身を山中に隠したと伝えられることから道了尊と呼ばれるようになり、寺の守護神として祀られているそうです。そして天狗の履き物と言えば下駄ということで、境内には多くの下駄が奉納されているそうです。
 

imageimageimageimage
境内には天狗さまがたくさん。
子供のころは怖かった記憶がうっすらあります。

 

 

 

image

最後はこの階段を上って、奥の院にお参りして帰ります。

老林に囲まれ、とっても趣のある階段ですが…ゴールは遠い~

 

 

 

 

image

ヨロヨロしつつ350段登り切り、無事奥の院に到着できました。

達成感に満たされ、ただお参りするよりもありがたさを感じました。

 

子供のころから親しみのある道了尊の新たな魅力を知るよい機会になりました。

遠足以来行ってないなぁという方は、是非訪れてみてください。

新たな発見がきっとありますよ。