2005年03月16日

うれしはずかし…ドレスを公開

テーマ:恋愛&結婚
ご結婚間近のsatyさん の   に参加です。


公開するほどすごいものでもないのですが
「結婚式」にはいろんなこだわりを持っていたわたし

その頃、遠距離(彼は中距離と言ってたけど)恋愛だったので
準備もほぼわたしが動き回り、最終決定を彼にもらうという感じでした。


ドレスの試着もたくさんしました。
でも借りる気も買う気も全くありませんでした。

自分で作ったドレスでお嫁に行きたい!!

なぜか、ずっと思ってたことです。
結婚に憧れる歳になって「こんな結婚式にしたい」って思い描くなか
なぜか、手作りドレスに憧れました。


でも、高校の家庭科で作ったスカートなんて履けたもんじゃない!
洋裁なんて全く知識のないド素人のわたし

気合だけはプロ級。笑

気持ちだけで作っちゃいました~笑

それを見ていた母が
「私がお色直しドレス作る!」
と言い張っていましたが…

お断りしました。

だってお色直しのドレスに興味が全くありませんでした。
純白のドレスだけでいい。
そこも変なこだわりでした。


【ド素人のわたしの手作りドレスの完成までの道】
 5月~夏まで
    まず図書館へ行き、ドレスの本やら洋裁の本やらを借りてきてお勉強
    とりあえずデザインを選び、型紙を書いてみる。
    名古屋の大塚屋さんに出向き、布などを購入。
    そういえば、この時、とってもおもしろい光景を見ました。
    お話したいけど長くなりそう…><
    
 9月、退職後
    本格的に製作開始。
    母のお友達に洋裁ができる人がいるので手伝ってもらうことに。
    なんと、ウェディングドレスが作りたくて洋裁を習いに行ったそうです!!
    型紙をわたしの体型に合わせて補正。
    ふたりでせっせと作りました。
    スカートのはぎの部分は、母にミシンをかけてもらいました。
    Aラインのデザインだったのでパニエ作りが難しそうだったので断念
    式場と提携しているレンタルショップでパニエは借りることに
    試着がてら、アクセサリーなどもそのときに決めました。

 11月中旬(式直前まで)
    ベールの製作に追われました…汗
    チュールを切りっぱなしでも良かったのですが
    ふちにレースをつけたくて、
    ひたすら透明な糸とボンドで付けました。
    このへんは完全に自己流です。
    
    二の腕がっ…!!
    苦労したわりには式でしか付けなかったので
    ちょっと残念です。



で、こんな感じでした。

     

    わかりにくいのですが
    上部はレースをかぶせてあります。
    そのおそろいのレースでリボンを後ろにつけ
    トレーンのようにちょっと長くしてあります。

    ちなみに左下の黒いのは旦那様の足です。
    実は、旦那様の衣装レンタルのが高かった!
    わたしの衣装にかかったお値段は3万くらい
    でも旦那様の衣装はかっこよくてステキでした~
    おのろけごめんなさい!


レンタルでとっても気に入ったドレスがひとつだけあったんだけど
とっても高くて断念しました。
もし、あのドレスが安ければ借りていたかもしれません。

でも作ってるときに
母とケンカしたり、母のお友達といろんな話をしたり
「もうすぐお嫁に行くんだ」
っていう気分を長い間味わうことができました。


娘にも作ってあげたいな~なんて
ド素人のわたし、今からそんな夢まで描いてます。笑

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::



キリ番&ゾロ番踏んだ方、ご一報お待ちしております。
たのしい語呂合わせ番もお待ちしています。
AD
いいね!した人  |  コメント(33)  |  リブログ(0)
2005年02月13日

TBステーション 【第13回 決断のとき】

テーマ:恋愛&結婚
 「人生最大の決断」ってやっぱり結婚を決めることでしょうか。

 ということで、私のプロポーズにまつわるお話です。

 
 
 私はもともと結婚願望が強かったらしく、
 付き合う人みんな(ってそんなに人数いないけど)

 「私はこの人と結婚したい!!」

 と思ってしまう恋愛でした。


 でも、今の旦那さんだけは例外で
 「結婚」なんて文字が私の頭にまったく浮かばなかった人です。

 
 彼のほうは私と結婚することを考えて付き合ってたみたいで
 それを聞いたときにはかなりびっくりしました。

 ビビビってきたわけでもない。

 でも、そんな彼の気持ちを知ってから
 ある日彼の背中を眺めて

 「わたし、この人と結婚するのかぁ~」

 とじんわり感じたことがありました。


 そんな私たち。
 
 地元では有名な大きな遊園地に遊びに行きました。
 付き合ってもうすぐ1年になる頃でした。

 
 少し小雨が降る秋の日です。


 観覧車に乗って。

 私はのん気におっとっとをボリボリ食べてました。
 
 彼はきっと心臓バクバクだったはずです。
 私はなーんにも気が付かなかったけど。



 観覧車が一番上まできたとき


 彼は立ち上がって

 「結婚しよう」

 と言いました。


 ん?


 今なんて言った? 

 
 私はほんの一瞬とまどったけど

 次の瞬間 「はい」  と返事をしました。



 そして、そして。
 軽いくちづけ…





 そのキスは後ろの観覧車に乗っていたおじさんに
 ばっちり見られていました!
 
 キスの後、そのおじさんと目が合った私…



 私は何の心構えもなく、そして何の考慮もせず
 彼のプロポーズに即答してしまい、
 家に帰ってから

 もっとちゃんと考えて返事すべきでは~~

 とかなり悩みました。


 彼はこのプロポーズをずっと計画していたそうです。
 私はというと、言われるまで全く気付かず…


 でも、素敵な思い出です。

 いつか子どもにも話してあげられそうな素敵なエピソード。


 この日からまた1年くらい後に
 私たちは結婚しました。



ちょっと恥ずかしいですが、私の結婚にまつわるお話でした。



 
キリ番&ゾロ番踏んだ方、ご一報お待ちしております。


相互リンク募集してます!!リンク一覧はこちら
参加しています⇒
AD
いいね!した人  |  コメント(27)  |  リブログ(0)
2005年01月25日

結婚指輪…お披露目します

テーマ:恋愛&結婚
モモさんの昔の企画に参加です。

普段は私たち夫婦は、恋人時代に買ったペアリングをしているので
結婚指輪は大事にしまわれています。
たまに、大切な行事に二人で参加するときにつけるくらいです。

ひさびさにひっぱり出してみました。



ちょっと結婚指輪のデザインの中でも太めなのではと思います。

トレソロというブランドのもので
カナダの職人さんがひとつひとつ手作りしているそうです。
だから、サイズ直しはできません。
合わなくなったら新しく作り直しするしかないそうです。

プラチナではなくホワイトゴールド。
ピンクゴールドとイエローゴールドがねじってある?デザインです。
色がはっきり分からないのが残念ですが。

中の文字を決めるのに悩みました。
結婚式の日?入籍した日?
どちらも決めがたかったので
お互いのイニシャルと・・・11月の意味のNovが刻まれています。
これは旦那さんのアイディア。
さらに、指輪を決めたのも旦那さんです。

とにかくとても気に入っているので
もったいなくて、普段は付けられません…



参加しています⇒

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。