【中国[大連]】牛B大串 丹东烧烤で中国人のおもてなしを考える。 | Bluebird Story   

Bluebird Story   

中国生活と躁鬱な感情の記録

※2017年6月 ブログお引越ししました。
新しいブログはこちら↓
https://bluebird-story.com

島で一通り遊んで、市内に帰ってくる時
お昼ご飯が割と重かった(と、さすがに1日中国人と中国語でべったりは疲れたゲッソリの)
あまりお腹空いてないから、そろそろ帰ろうか〜と提案したのだけれど、
「どうしても連れて行きたい人気の串焼き屋さんがあるから!!」と
私たちのご提案は見事になかったことにされまして(笑)
連れて行ってもらいました!
 
{5877A59C-F700-49AA-AA7C-10ACABB26647}
 
牛Bというのは中国語のスラングで「超スゲー」という意味です。
漢字は「牛逼」niúbī。
どちらかというと、というかかなりお下品な言葉なので女性は使わない方がベターです。
 
丹东というのは北朝鮮のすぐ西に位置している中国の街です。
▼この赤い線で囲ってあるのが丹东市。大連とも近いですね。
 
いつも行列ができるほど人気らしいので、
予約してもらって入店しました。
 
▼初めて飲んだバナナの炭酸水。めっちゃバナナの香りする!悪くはなかったですヨ。
{A053E13D-5F8F-42B6-AAF6-D68BF947932B}
 
▼秘密菜と呼ばれるもの。これが絶品でした!
 
▼私たちの好きな串〜〜〜羊肉串の味〜♫
 
▼お肉美味しかったです!
 
 
ここらへんで既にお腹いっぱいになってます…
 
でもまだまだ出てくる!
 
 上のさっぱりした秘密菜をひたすらちびちび食べて、食べているフリをしていました。笑
 
 
 
▼これがとっても珍しくて、魚介類の串です!ナマコの串、初めて食べました。美味しい!
 
▼大きな蛤。
 
▼写真はこれしか撮ってないけれど、同じようなお料理があと2皿ございました…
そしてめっちゃ辛い。麻辣の辛さ。
 
これ、途中です▼
 
 
中国人の方は、おもてなしマインドがとても高いので、
とにかくたくさん注文します…!テーブルにのらないくらい…!!
 
(私たちが帰ろうとするほどお腹すいていない、という情報は完全に無視です。笑)
 
店員さんも、「お皿テーブルに乗りきらないから、あと少しのこのお皿の、たいらげて!」てな感じで、残ってるものを勝手に私のお皿に入れて、急かしてきます(笑)
 
く…苦しい…ゲロー
 
 
日本人だったら、無理に食べさせたら悪いかな、という方に気を使う人が多いかと思いますが
中国人はそれでもとにかく食べてもらおう!前もってその予定立ててたし!これがおもてなしだし!という思考なのです。
 
 
よく言う話ですが、
中国人の食べきれない量を出すおもてなし
全部食べられてしまったら準備量が足りなかった、おもてなし力が足りなかった=没有面子となる
    
     VS
 
日本人の出されたものを全部たいらげるマナー
全部食べ切る=出されたものが美味しかったというのを表す
 
 
永遠に決着のつかない戦いになります。
 
 
 
どちらがいい悪いではなく、それぞれ優しさの表し方が違うよ、というだけなのですね。
 
だから日本人は無理せずに、食べられるだけ ありがたくごちそうになり、おもてなしに感謝する。
それで良いのです。
 
考え方が違う、というのはとても疲れるけれど、
その違いにできるだけ触れて、びっくりしながらも吸収して慣れていく、というのは、
異国で生きていく上では必要なのかなと思います。
 
疲れるけれどね笑い泣き ←強調