【2018評価】オンズロー◆ラビットアイ系品種評価 | 「最強の農起業!」脱サラ農業・極上ブルーベリーの楽園日記 ~好きな仕事があなたの人生を変える~

「最強の農起業!」脱サラ農業・極上ブルーベリーの楽園日記 ~好きな仕事があなたの人生を変える~

大企業の管理職から転身した「ブルーベリーファームおかざき」のオーナーがブルーベリーの魅力を包み隠さず提供します。また脱サラから起業に至るまでの気づきや学びも随時お伝えします。農業に限らず起業したい人、ブルーベリー大好きな人はぜひ覗いてください。



{E1539148-9529-4331-901F-DD3BD26B1523}


{35A6FDED-92A5-48F7-A15B-9C5EFE77187D:01}

 

【2018年評価】


昨年評価したばかりですが、少し付け加え
たいと思います。


ラビットアイ系にしては、樹勢が弱いです。


次の主幹となるような新しい太い芽が
なかなか吹いてくれません。


まだ定植して5,6年なので、本来は
一番勢いがある時期なのですが
どうも弱々しいです。


もちろん枯れそうだということでは
ないのですが、頼りない感じです。


そもそもこの程度の品種なのでしょうか?


収穫量もそれほど多くないし、味も
そこそこの品種なので、あまり期待
しない方がいい品種でしょう。

 

 

 

以下2017年時の評価です。



◆収穫時期

7月中旬から8月中旬

前回レポートしたフクベリーと同じくらいの熟期
ラビットアイ系の中では、真ん中から少し遅いくらい


引きのばして盆まで、盆過ぎまでは厳しい。



◆特徴


すべて及第点、でも逆に特筆すべき長所もない。


うちの農園では導入が遅く、まだ試験的に10本入れて
みた程度。


特に問題点らしいところもなく合格点をつけられるの
ですが、本数が少ないせいか、あまり印象に残っている
ことがない。


導入した動機は、盆すぎると品種のバリエーションが減るので
それを補えたらと、思ったから。


しかしながら、オンズローも盆で終わってしまう。


いまのところ、本数を一気に増やすような動機は見当たらない。
バリエーションの一つとして入れておく程度か。


昨秋にディソット(ラビットアイ系晩成)トという品種を大関ナーセリー
から導入してみたが、どうだろうか。


ラビットアイ系で盆過ぎまで持ってくれる品種を探しているが
なかなか見つからないのが現状です。



◆食味


甘くて美味しい。

ラビットアイ系の標準的な甘さで美味しい。

ただ、ちょっとダラッとした甘さ、甘さにパンチがない。

果実は、少しく黒っぽい色。

サイズ中程度



◆栽培上の留意点


特に問題はなく、育てやすい。

ただ樹勢性はそれほど強くなく、ラビットアイ系の
中ではコンパクトな樹形。

従って、果実の収量もそれほど多くない、中程度。





----------------------------------------------------
 

 

 

 

 

★★成幸するブルーベリー農園講座開講★

・3月4日「農園開設・経営に必要なことすべて」編
  
→残席 最後の2名 (申込締め切り2/26)

   *すでに30名超えていますが、レイアウト見直して2名のみ受付

・4月22日「60日で1万人集客」編
  
→残席8名

今回が最後のセミナーになるかもしれませんので、

お見逃しなく、お早めに申込みください。

 詳細及び申込みは → セミナー情報へ

 

 

メルマガ会員募集しております。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

 

会員限定割引、イベント、農園最新情報をお届けします。

登録無料です