長崎県の離島「江島(えのしま)」で空家を

ゲストハウスに改装し、

羊の放牧とブルーベリーの農園を作りたい!

 

 

江の島は彼女のお父様の生まれ故郷

いまでは、さびれてこのままでは

無人島になりかねない状況。

 

 

そこを活気のある島に戻すのが

彼女の夢。

 

 

その手段は、羊の放牧と

ブルーベリー農園です。

 

 

私もささやかながら支援して

います。

 

 

どうぞ、少しの時間で構いませんので

以下のサイトをご覧ください。

https://readyfor.jp/projects/7876

 

このプロジェクト概要の冒頭部分のみ

転載します。

 

 

このプロジェクト

残り9日で目標達成する必要が

あります。

よかったら参画ください。

 

 

-------------------------------------

 

はじめまして、福田智美と申します。長崎県の最西端、五島列島と本土のちょうど中間点に江島(えのしま)という小さな離島があります。この島に私は幼少から中学生頃まで、毎夏に訪れていました。江島は私の父の故郷です。海が本当に美しく、空は青く、朝日も夕日も素晴らしいところです。島で採れる海の幸、山の幸は豊富で、人々は皆優しく笑顔で、都会に住んでいた私にとってまるで夢の島そのものでした。

 

しかし現在、江島の人口は100人足らずと過疎化が進み、残念ながら島はお年寄りばかりになってしまいました。幼いころ一緒に遊んだ島の子供たちもいません。近い将来、江島は無人島になってしまうかもしれません。

 

現在、江島は人の管理が行き届かなくなり、島中の農地が耕作放棄地になってしまっています。そして害獣であるイノシシなども出現してしまっています。島民は年を取って後継者もなく見捨てられてしまったような喪失感をもって、島とともに消えてしまおうとしています。江島は手つかずの自然が残され、海も山も美しく、そこで暮らす人々も温かく人情あふれた人たちです。私はこの島を無人島にはしたくないのです。

 

私はもう一度あの活気ある島を取り戻したい。江島の耕作放棄地を改善して、多くの方に江島に来ていただきたい。そのためには羊を購入して、荒れてしまった耕作放棄地の改善を行うことが必要です。皆さま、ご支援よろしくお願いします。

 

 

この続きは以下参照ください。