●=●-●=●-●=●-●=●-●=●
ブルーベリー狩り農園「ブルーベリーファームみさき」
大阪府の最南端のまち岬町で、
ここでしか味わえないブルーベリー狩りの食べ比べ体験!!
2022年6月に美味しい完熟の実が出来るよう日々がんばっています。
https://blueberry-misaki.osaka
●=●-●=●-●=●-●=●-●=●
 
 
阪・関西万博が2025年に開催が予定されます。
 
会場は、大阪市此花区にある人工島「夢洲(ゆめしま)」になります。
 
その「夢洲」の隣の人工島「舞洲(まいしま)」に、いちご狩りハウス「風舞う海辺のいちご畑」が今月よりオープンしています。
 
 
 
今シーズンは、3品種食べ比べのいちご狩りが楽しめます。
 
先シーズンに新規オープンされたそうで、今月のオープンは2シーズン目。
 
とても清潔ないちごのハウスです。土足禁止のいちご狩りなんです。
 
ハウスの中に入ったらいちごの甘い香りが広がっていて食欲をそそります。

 

 
スーパーで売っているいちごは、完熟前をパック詰めして出荷しているのですが、いちご狩りだと完熟をそのままもぎ取って食べれるのがうれしいですね。

 

 

 

 

回は、いちご狩りをしに来たのではありません。。。

 

この新しいいちごハウスの隣で、ブルーベリー狩りもされたいということで、今年の夏に当ファームに見学に来られました。

 

 

早々に導入を決定されたので先月、現地の下見に行ってきました。

 

 

 

 

今月、作業のお手伝いをさせていただき、一気にブルーベリーの苗木を植え付けました。

 

 

 

当ファームと同様のポット式養液栽培で、2年生のブルーベリーの苗木の植え付けが出来ました。

 

 

 

 

2025年の大阪・関西万博には、甘くておいしいブルーベリーの実が食べれると思います。

 

 

 

新しい農園の作業は、いろんな発見や出会いがあるのが楽しいですね。

 

image
 
 
 
みやげに、2種類のいちごをスタッフの方に摘み取ってもらいました。
 
 
『紅ほっぺ』
名前の由来は「中まで赤く、ほっぺたが落ちるほど美味しい」から!
甘みも酸味も強めで、いちご本来の甘酸っぱさを堪能できる品種です。

 

 

『章姫(あきひめ)』

長めの円錐形が特徴。果実は少しやわらかめで口当たりが良く、酸味が少なくてとってもジューシーなんです。

 
 
「風舞う海辺のいちご畑」のいちご狩りは、こちらから予約できます。