●=●-●=●-●=●-●=●-●=●
ブルーベリー狩り農園「ブルーベリーファームみさき」
大阪府の最南端のまち岬町で、
ここでしか味わえないブルーベリー狩りの食べ比べ体験!!
2022年6月に美味しい完熟の実が出来るよう日々がんばっています。
https://blueberry-misaki.osaka
●=●-●=●-●=●-●=●-●=●
 
 
ファームのブルーベリーはポットで栽培しています。

そのポットの中に入れている土は、実は土ではありません。

吸水スポンジのような素材「アクアフォーム」を入れています。
 



生花でよく使われている「オアシス」と呼ばれているモノとほとんど同じ素材です。
 
 
土を使わずにアクアフォームを使う理由は、栽培しているブルーベリーの土壌の水はけをよくするためや、根腐れを防ぐためなどです。
 
ブルーベリーの根っこはとても細くて繊細なので、土ではなくこの素材を使って、やさしく、ていねいに育てています。
 
 
 
アクアフォームは、ブロック状でなく、粒状で、大きな袋に入ってトラックで納品されます。
 
 
 
新型コロナウイルスの影響なのでしょうか、注文してからかなりの納期がかかるのと、以前に比べて値段もアップしています。。。
 
苗木の植え付けや鉢上げを行う、この時期にまとめ買いしていますが、ガソリン同様、値上げはキビシイですね。
 
 
 
もなく新しい苗木が納品されます。
 
届いたアクアフォームをポットに詰め込んでいます。
 
 
根域制限のさまざまなメリットを享受するために一旦、このサイズのポットに植えています。
 
生育をよくするために、アクアフォームに隠し味的なものをいくつか混ぜ込んで、準備完了!
 
これで驚くべきスピードでブルーベリーが生育します。
 
苗木の植え付け作業も、さまざまな栽培技術を組み合わせて、毎年、少しずつバージョンアップしています。
 
 
 
クアフォームは、ブルーベリーだけでなく、他の栽培でも使ってます。
 
先月まできれいに咲いていたハイビスカス。
 
 
緑色のポットにアクアフォームを入れて、茶色のポットから鉢上げしました。
 
来年にはさらに大きな枝ぶりになることを期待して。