●=●-●=●-●=●-●=●-●=●
大阪府の最南端のまち岬町で、ブルーベリー狩り農園「ブルーベリーファームみさき」の開園を目指しています。
2020年夏のオープンに向けて現在準備を進めています。
https://blueberry-misaki.osaka
●=●-●=●-●=●-●=●-●=●
 
ブルーベリーファームのエントランスに5本の栗の木があります。
 
ブルーベリーの一次剪定が完了したので、次はこちらの剪定です。
 
 
使用する剪定ばさみもブルーベリーのものとはサイズが違います。
 
 
これ以外に、脚立も必要です。
 
 
無数に伸びた背の高い枝を切っていきます。

 
栗の木もブルーベリーと同じく新梢が勢いよく上に伸びる頂部優勢が強いので、1年で1メートル以上伸びる枝もあります。
 
出来るだけたくさんの葉っぱに、たくさんの太陽の日の光が当たるように、パラボラアンテナ型になるように意識して切っていきます。
 
こんな感じにスッキリしました。
 
 
老朽化が進んでしまった直径10センチくらいの太い枝も更新のためバッサリ。
 
長らくお疲れ様でした~
 
今日は2本で2時間弱かかりました。
 
やっぱり小型の軽いチェーンソーが欲しいですね。
 
 
剪定した枝は車1台分以上のスペースが必要です。
 
 
 
ブルーベリーの剪定は、マッチ棒くらいの細い枝をバシバシ切っていきますが、
栗の木は小指くらい太さの枝をバシバシ切っていきます。
 
 
栗の木の剪定をした感覚のまま、ブルーベリーの剪定をすると、恐ろしいことになりそうです。。。
 
 
 
 
ところで、マッチ棒というのは死語でしょうか???