●=●-●=●-●=●-●=●-●=●
大阪府の最南端のまち岬町で、ブルーベリー狩り農園「ブルーベリーファームみさき」の開園を目指しています。
2020年夏のオープンに向けて現在準備を進めています。
https://blueberry-misaki.osaka
●=●-●=●-●=●-●=●-●=●
 
きれいな防草シートを維持するためにやっている作業があります。
 
防草シートが重なっている部分に専用のテープを貼る作業です。
 
10月に作業をしましたが、その後、雨天時に泥水が防草シートに流れ込んでくるという問題を解決するために、一時中断。
 
雨水の排水工事が完了したので、2ヵ月ぶりの作業です。
 
 
 
作業前の状態です。
落ち葉や泥が入り込んでいるので、きれいに掃除するところから。
 
隙間に入っているものをかき出したり、泥を洗い流したりするのは、結構、時間かかります。
 
 
防草シートを張ってからすぐにテープを貼るのが一番いいですね。
 
第二サイトの工事の時にはそうしようと思います。



ぞうきんで表面をきれいに拭いてから、テープを貼っていきます。
 
一人では出来ない作業なので、嫁様に手伝ってもらいます。
 
 
 
こんな感じで完成。(写真撮り忘れたので、前回作業分の写真です)
 
 
防草シートのテープを貼るメリットは、
 
歩いていて引っかからない
落ち葉やゴミが溜まらないので、掃除が楽
見た目がきれい
劣化を遅らせる
など。
 
テープの寿命はどれくらいかわかりませんが、きれいな防草シートを長く維持できればいいですね。
 
 
当ファームで採用している防草シートは、耐用年数が長いものですが、張ってから半年が経過し、やや劣化が始まっています。
 
通路や、雨水が流れ込んでくる部分は、こんな風になっています。
 
 
通路部分は、もう少し工事が残っているので、テープは貼っていません。
 
工事に影響しない範囲で、早めにテープを貼ったほうがよさそうですね。