切り花のパンジー | 東京恵比寿bluebellブルーベルのブログ

東京恵比寿bluebellブルーベルのブログ

東京都恵比寿のbluebellブルーベル。フラワーセラピー、花育士、心理学などが学べるアカデミー。フラワーエッセンス、生花、プリザーブドフラワー、カウンセリング、癒しのプロを育成しています。

こんにちは、ブルーベルフラワーセラピーアカデミーです音譜 

 

『パンジー』

 

カフェの窓辺のテーブルに、フリルいっぱいのパンジーを見つけましたラブラブ

 

 

 

名前はフランス語の思い、思考という意味のpenséeに由来。

 

花の表情がもの思いにふける人を連想することから、

シェークスピアの『真夏の夜の夢』では、恋の媚薬(びやく)として登場しますね。

 

鉢植えは11月から出回り、追いかけるように切り花も。

 

かつての切り花は花首だけ。短い丈がしたが、今は花とつぼみ、葉がついて、草丈は30cmぐらい。

 

足元に咲く小さな花を、品種を吟味して切り花用に丈を長く育てているそうです。

 

つぼみや葉もついたフリルの花は1輪挿しても春の香り。

 

サブ花材としてあしらいに加わると、全体の色を複雑にしながら、調和させたり、奥行き感を出したり。

 

重宝する春の花ですラブラブ