香り高いロウバイ♪ | 東京恵比寿bluebellブルーベルのブログ

東京恵比寿bluebellブルーベルのブログ

東京都恵比寿のbluebellブルーベル。フラワーセラピー、花育士、心理学などが学べるアカデミー。フラワーエッセンス、生花、プリザーブドフラワー、カウンセリング、癒しのプロを育成しています。

こんにちは、ブルーベルフラワーセラピーアカデミーです音譜

 

『ロウバイ』

 

冬の青い空の下、いち早く咲く花木。

 

冬の庭園や植物園で、澄んだ芳香を感じら、この花木かもしれません。

 

空気は冷たくても、次の季節に近づいたような、そんな気持ちになるでしょう。

 

 

原産地の中国では雪中の四花として、ウメ、スイセン、ツバキと、この花を尊ぶそう。

 

日本には江戸初期に渡来し、庭木として、またいけばなや茶花で親しまれてきました。

 

一般的に切り花として出回るのは、ソシンロウバイの園芸品種。

花全体が黄色い花色で、花合わせがしやすい色合い。特に強い香りがあります。

 

基本種のロウバイは花びらが細く、中心が暗紫色で、外側の花びらが黄色です。

いけるときは、切り口に割りを入れると、よく水があがります。

 

花やつぼみは落ちやすいので、注意します。