3種類のビバーナム♪ | 東京恵比寿bluebellブルーベルのブログ

東京恵比寿bluebellブルーベルのブログ

東京都恵比寿のbluebellブルーベル。フラワーセラピー、花育士、心理学などが学べるアカデミー。フラワーエッセンス、生花、プリザーブドフラワー、カウンセリング、癒しのプロを育成しています。

こんにちは、ブルーベルフラワーセラピーアカデミーですクローバー

 

『ビバーナム・ティナス』

 

ビバーナムと名前がつく花材が多いと感じていませんか?

 

ビバーナムとは、ガマズミ科の総称で、およそ150種類もあるそう。

 

そのうち花材としてよく出回るのは3種類。

 

スノーボールはアジサイを小ぶりにしたような、ライトグリーンの花。

 

 

 

ビバーナム・コンパクタはぷっくらとした実をつけ、若い緑の実から、熟した赤い実まで出回ります。

 

 

今、出回っているのは、ビバーナム・ティナス。

青黒い小さな実は光沢があって、別名は「青い真珠」。アレンジに高級感を与え、シックなムードを加えてくれる人気の実もの。

 

 

 

この種類は冬から春に、粒々とした赤い小さなつぼみがトキワガマズミの名前で出回ります。

ビバーナムティナスは、花あしらいに合わせると、どんなお花にも合わせやすく、お花を魅力的に引き立てながら、素敵に調和してくれます。