食べられるお花 エディブルフラワーで食卓を華やかに演出♪ | 東京恵比寿bluebellブルーベルのブログ

東京恵比寿bluebellブルーベルのブログ

東京都恵比寿のbluebellブルーベル。フラワーセラピー、花育士、心理学などが学べるアカデミー。フラワーエッセンス、生花、プリザーブドフラワー、カウンセリング、癒しのプロを育成しています。

こんにちは、ブルーベルフラワーセラピーアカデミーですクローバー

 

『エディブルフラワー』ピンク薔薇

 

サラダや料理の付け合わせからデザートまで、最近よく見るのがエディブルフラワー。

 

Edible(食べられる)Flower(花)とは、文字通り食べられる花のこと。

 

古くから日本ではサクラの花を塩漬けにしたり、キクの花びらを茹でて使ったり、

花を食してきましが、近年は料理の素材というよりも、トッピングとして大活躍。

 

のせるだけで料理を引き立てて、食卓を明るくしてくれる、演出効果抜群の素材です。

 

 

ビオラ、パンジー、ナスタチウムなどから始まり、

最近はベゴニア、ペンタス、ランタナ、マリーゴールド、キバナコスモス、ダリアなどもあるので、

季節の花を食卓で楽しんでみては。

 

これからの季節、いろいろと集う機会も増えてくるでしょう。

パーティーの盛り付けにも是非♪

 

食用と観賞用は育て方が違うので、必ず食用を選んでくださいね。